アイキャッチ画像

ヘアシザーの市場規模、2027年に1億660万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「髪用はさみ市場の成長機会・成長予測 (2021-2027年):製品タイプ・エンドユーザー・販売経路・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月18日より開始いたしました。

ヘアシザーの市場規模は、2019年には9,300万米ドルとなり、2021年から2027年にかけて5.4%のCAGRを記録し、2027年には1億660万米ドルに達すると予測されています。

 

ヘアシザーは、さまざまなヘアスタイルを整えるために使用される切断器具です。市場に出回っている様々なタイプのヘアシザーには、髪の毛をカットするシザー、髪の毛を薄くするシザー、髪の毛の質感を高めるシザーなどがあります。ヘアシザーの市場分析は、地域、主要プレイヤー、セグメントに基づいて行われます。ヘアシザー市場の成長は、サロンチェーン数の増加、ヘアスタイリング需要の増加、ライフスタイルの変化、都市人口の急増などが要因となっています。

 

世界のヘアシザー市場は、製品タイプ、エンドユーザー、販売チャネル、地域に分けられます。製品タイプ別では、ヘアカットシザー、ヘアシンニングシザー、ヘアテクスチャーシザーに分類されます。エンドユーザーによっては、商業用と住宅用に分けられています。販売チャネルに基づいて、オフラインチャネルとオンラインチャネルに分類されます。地域別では、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、ロシア、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、インド、日本、オーストラリア・ニュージーランド、ASEAN、韓国、その他のアジア太平洋)、LAMEA(ブラジル、サウジアラビア、南アフリカ、トルコ、その他のLAMEA)に分類されています。

 

製品タイプ別では、2019年にヘアカットシザーのセグメントが最も高い市場シェアを占めました。これは、世界各地でヘアサロンの数が増加し、それがヘアカットシザーの需要を促進しているためと考えられます。しかし、予測期間中は、ヘアテクスチャリングシザーセグメントが販売額で大きな成長を遂げると予想されています。

 

エンドユーザー別では、2019年は商業部門が最も高い市場シェアを獲得しました。これは、世界中でサロンサービスが普及していることに加え、プロ用整髪料、特にヘアシザーの需要が増加していること、特に男性消費者のグルーミングパターンが変化していることに起因しています。しかし、家庭用分野は、ヘアシザー市場の予測期間中に大きな成長が見込まれています。

 

販売チャネル別に見ると、2019年はオフラインチャネルセグメントがシェアで市場をリードしていました。これは、ヘアシザーを含む幅広いヘアドレッシング製品を一つの屋根の下で入手できることや、オフライン店舗の便利な営業時間に起因しています。 しかし、予測期間中はオンラインチャネルセグメントが大きな成長を遂げると考えられます。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1009302-hair-scissors-market-by-product-type-end-user.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域