アイキャッチ画像

スマートロボットの市場規模、2026年に250億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「スマートロボットの世界市場 - 業界分析と予測:2020年~2026年」(KBV Research)の販売を6月17日より開始いたしました。

スマートロボットの市場規模は、2020年~2026年にCAGR27.2%で成長し、2026年には250億米ドルに達すると予測されています。スマートロボットは、人間のオペレーターとロボットの複合的な作業により、環境の最適な管理を行う人工知能システムと考えられています。スマートロボットは、環境や経験から学習する能力があり、その知識に基づいて能力を開発します。また、スマートロボットは、手動タスクと認識タスクの両方を実行することができ、食品・飲料、小売、自動車、ヘルスケア、製造などの多くの業界で、様々な用途に幅広く使用されています。

 

市場の成長を促す主な要因は、IoT(Internet of Things)の普及、AIアプリケーションやサービスロボットの大量需要です。しかし、初期導入コストの高さと精度の低さが、市場成長の主な抑制要因となっています。今後は、家電や製造業における自動化設備の導入により、市場の成長が期待されます。スマートロボットの導入は、効率性や正確性などの特徴から、主に自動車、製造、医療、小売などの最終用途産業で拡大しています。

 

人間の手を借りずに効率的に作業できるシステムにより、スマートロボット市場は急速に成長することが予想されます。スマートロボットは、優れた効率性、最適な電力消費、高い頻度でのデータや命令の送信など、複数の利点を備えています。同市場は最新技術の導入により、有利な成長機会を提供すると予想されています。

 

 

 

動作環境別見通し

 

市場は動作環境別に、地上と水中に分類されます。2019年に、地上ベースのロボットが、高い市場シェアを獲得しました。水中市場は、海洋や防衛用途の増加により、今後着実に成長することが予測されます。

 

コンポーネント別見通し

 

市場はコンポーネント別に、ハードウェアとソフトウェアに分類されます。ハードウェアは、センサー、アクチュエーター、制御システム、電源、その他に分けられます。市場は、ソフトウェアセグメントが高いCAGRで拡大すると予想されています。スマートロボットのソフトウェアにIoTや機械学習などの先端技術を取り入れる動きが活発化していることが、同セグメントの成長を後押ししています。また、これらの技術開発により、デバイス間接続や自律動作など、複雑な機能を管理することで、ソフトウェアセグメントの需要がさらに高まります。

 

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/kbv988562-global-smart-robots-market-by-component-by.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域