アイキャッチ画像

製品情報管理(PIM)の市場規模、2026年に170億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「製品情報管理 (PIM) の世界市場 - 業界分析と予測:2020年~2026年」(KBV Research)の販売を6月16日より開始いたしました。

製品情報管理(PIM)の市場規模は、2020年~2026年にCAGR11.4%で成長し、2026年には170億米ドルに達すると予測されています。ソフトウェア製品に関する重要な技術情報やプロモーション情報を企業が保存するためのシステムは、製品情報管理(PIM)と呼ばれています。製品情報管理を利用することで、データは安全に保存・統合されます。

 

PIMを使用すると、ソフトウェア製品情報のグローバルな識別、調整、およびネットワーク化を容易に行うことができます。また、このシステムは、中央データベースシステムの構築と管理にも役立ちます。PIMシステムは、コンプライアンス要件やデータの品質に影響を与えることなく、あらゆる製品に関するデータを抽出することを可能にします。このシステムは、最近発売された製品の市場投入までの時間を短縮するのに役立ちます。また、PIMは、エンドユーザーの製品コンテンツを検証、生成、公開するプロセスを促進します。

 

一元化されたシステムへの需要の高まりが、製品情報管理市場を牽引しています。データストレージの一元化により、企業はすべての製品関連データをより優れた効果的な方法で管理・整理することができます。PIMシステムは、一元化されたデータベースに保存されたすべての情報に、安全でセキュアなアクセスを提供します。どのユーザーも、必要なセキュリティ基準の検証をすべて完了した後、あらゆる種類の情報にアクセスすることができます。企業における新しいビジネスゾーンの開発や、データ品質と業務効率に対する要求の高まりは、市場の成長を促進する要因の一つです。

 

組織規模別見通し

 

組織規模別に、大企業と中小企業に分けられます。市場は、大企業セグメントが高いシェアを占めると予想されています。大企業では、PIMソリューションやサービスの導入が進んでおり、この傾向は今後持続すると考えられます。これらのシステムは、業界全体の製品情報を管理するための一元化されたシステムを提供します。そのため、大企業は全体的な効率と生産性を高めるために、先進的な技術に積極的に投資しています。

 

 

エンドユーザー別見通し

市場はエンドユーザー別に、消費財・小売、BFSI、通信・IT、製造、運輸・物流、メディア・エンタテインメント、その他に分類されています。最も高い成長率を示すのは、メディア・エンタテインメントセグメントです。パンデミックの影響で、多くの人が家に閉じこもっているため、メディア・エンタテインメントの利用が飛躍的に拡大しています。さらに、PIMは高いスケーラビリティ、可視性、サービスの最適化を提供し、メディア・エンタテインメント業界での需要の増加により発生する課題の対処に役立ちます。

 

 

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/kbv990306-global-product-information-management-market-by.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域