アイキャッチ画像

タバコの市場規模、2026年に1兆666億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「タバコの世界市場:製品 (シガレット・シガー&シガリロ・次世代製品・水タバコ・無煙タバコ・その他)・地域別の業界分析と予測 (2020~2026年)」(KBV Research)の販売を6月15日より開始いたしました。

タバコの市場規模は、2020~2026年CAGR3.6%で成長し、2026年には1兆666億米ドルに達すると予測されています。タバコは経済的に重要な農作物であり、世界中で栽培されています。インドは、中国、ブラジルに次ぐ、タバコの一大生産国および輸出国です。一方で、タバコは健康上のリスクや合併症を引き起こします。多くの受動喫煙者が、タバコの消費によって大きな被害を受けています。ニコチンの持つ高い中毒性により、喫煙者がタバコを止めることは非常に困難です。タバコが健康に深刻な害を及ぼすという事実にもかかわらず、タバコ産業はその経済的重要性から活況を呈しています。タバコ栽培は、その気候的な適正から、主にインド南部の州で行われています。

 

近年、喫煙者の数は世界的に増加しています。メンソールシガレットやクローブシガレットなど、様々なフレーバーの新製品の発売は、タバコの消費傾向を後押しする大きな要因です。また、タバコの代替品が一般化したことで、ユニークな味わいのタバコ製品が世界中で発売されるようになりました。このような背景から、メーカーは、フルーキュアタバコや上質なホールリーフを使用したプレミアムタバコの発売を計画しています。

 

製品別見通し

 

市場は製品別に、シガレット、葉巻・シガリロ、次世代製品、水パイプ、無煙たばこ、その他の製品に分類されます。2019年は、シガレット部門が高いシェアを占めました。シガレットは、たばこなど抗精神物質を薄紙に巻いた円筒状の製品を指します。シガレットの消費量は、発展途上国では増加し、高所得国では減少しています。中国は、世界最大のシガレット市場と考えられています。さまざまなフレーバーのたばこが登場したことで、世界的にたばこの普及が進んでいます。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/kbv990379-global-tobacco-market-by-product-cigarettes-cigar.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域