アイキャッチ画像

建設業におけるBIMの市場規模、2027年に75億3,600万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「建設業におけるBIM (ビルディングインフォメーションモデリング) 市場の成長機会・成長予測 (2020-2027年):作業段階・エンドユーザー・用途・展開区分・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月9日より開始いたしました。

建設業におけるBIMの市場規模は、2020年から2027年にかけて15.0%のCAGRで成長し、2019年の25億1,450万米ドルから、2027年には75億3,600万米ドルに達すると予測されています。BIM(Building Information Modeling)またはBuilding Information Management(BIM)は、プロジェクトの設計、計画、建設を効率的に行うために、建物や構造物の3Dモデルを生成するソフトウェアまたはプロセスと呼ばれることが多いです。BIMソフトウェアは、主に建築家、エンジニア、建設会社(AEC)のユーザーを対象としています。BIMを活用することで、建設技術、資材やリソースのスケジューリング、品質の維持、コストの見積もり、最大の生産性を得るための建設プロセスの順序付けなどを支援し、建設プロセスをよりよくコントロールすることができます。

 

建設コストの削減、建設プロジェクトにおける資源と時間の浪費の減少がBIMの需要を促進し、それが建設業におけるBIM市場の成長を後押ししています。建設プロジェクトには様々な活動が含まれていますが、それらが適切に管理されていないため、予算超過や完成遅延のリスクが生じています。BIMを使用することで、資源の量の管理と見積もりが可能になり、資源の無駄遣いにかかるコストを削減することができます。さらに、プレハブやモジュール式の建築にBIMを導入することも、建設業におけるBIM市場の成長を促進すると予想されています。

 

モジュラー建築(プレハブ建築)とは、建築物を現場から離れた場所で製造し、現場で組み立てるもので、手頃な価格の住宅への需要が高まっていることから、高い成長が見込まれています。モジュラー建築では、BIMを活用することで、適切な設計、施工、時間とコストの管理が可能になります。このことが、モジュール式建設業界におけるBIMの需要を促進し、市場の成長を後押ししています。

 

しかし、データのセキュリティは、建設分野でBIMを活用する際の大きな欠点です。インフラストラクチャーの建設では、データの収集やクラウドへの保存は比較的安全ではありません。そのため、サイバーセキュリティの懸念が市場の成長を妨げています。

 

さらに、COVID-19のパンデミックにより、米国、イタリア、英国などの世界の主要国でロックダウンが長期化し、進行中の建設プロジェクトが停止しています。政府が定めた安全基準を守るため、人々は自宅での作業を余儀なくされています。これにより、建設業におけるBIMの利用に新たな機会が生まれました。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1000286-bim-construction-market-by-phase-work-end-user.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域