アイキャッチ画像

ベビー用紙おむつの市場規模、2021年から2027年にCAGR 5.0%で成長、2027年に683億米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「幼児用おむつの世界市場:製品タイプ、サイズ、年齢層別、流通チャネル別の市場機会分析および業界予測(2021年~2027年)」 (Allied Market Research) の販売を5月19日より開始いたしました。

ベビー用紙おむつの市場規模は、2019年には526億米ドルとなり、2021年から2027年にかけて5.0%のCAGRを記録し、2027年には683億米ドルに達すると予測されています。ベビー用紙おむつは、お客様の健康意識の高まりにより、ベビー用品の中でも最も新興の市場の一つとなっています。さらに、働く女性の人口が増加していることは、各国が労働人口を増加させ、さらなる経済成長を遂げる機会となります。また、働く母親の数が増えれば増えるほど、ベビー用紙おむつの市場は拡大します。さらに、紙おむつは、便利で安全で時間を節約できる素材であり、使い捨てであるため、再利用のためにおむつを洗う必要がなく、働く女性にとっては好都合なものです。そのため、家庭での紙おむつの需要は、裕福ではない消費者の間でも増加しています。

 

使い捨ておむつの革新は、スマートなおむつの開発です。おむつの前には、4つの色のついた小さな正方形からなる小さなパッチが固定されており、これが特定のタンパク質、細菌、水分に触れると異なる反応を示します。このスマート・おむつの利点は、おむつ交換の頻度が非常に少なくて済むことで、親の緊張感を和らげることができます。さらに、メーカーは、赤ちゃんがおむつを濡らしたときに親に警告するアプリケーションも作っています。赤ちゃんのおむつの中にセンサーを入れて湿度を感知し、スマートフォンのアプリで親に通知します。さらに、先進的なベビー用紙おむつのデザインが増えたことで、環境への影響が改善されました。大手メーカーは、より薄いおむつを導入し、包装を減らし、製品の開発と販売のすべての段階で効率化を図っています。このように、先進的なベビー用紙おむつのデザインとともに、スマートなおむつの開発が増加していることが、ベビー用紙おむつ市場の成長をさらに促進しています。 しかし、ほとんどの親は、ベビー用紙おむつが赤ちゃんの健康に及ぼす悪影響について認識していません。おむつかぶれ、カンジダ感染症、肌荒れ、食物過敏症などは、おむつアレルギーと思われる症状です。 また、ベビー用紙おむつは、多くの湿気、雑菌、温かさのために、赤ちゃんの深刻な尿路感染症の原因となります。さらに、おむつの製造にポリプロピレンやポリアクリル酸ナトリウムなどの化学物質が使用されていると、赤ちゃんの肌にダメージを与え、アレルギーの原因となります。さらに、赤ちゃんのアレルギーに関連する問題のために、ほとんどの医師はベビー用紙おむつの使用を勧めていません。このように、赤ちゃんのアレルギーの増加は、ベビー用紙おむつ市場の成長を妨げています。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/amr992186-baby-diapers-market-by-product-type-size-by-age.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域