LTE及び5G NR RANインフラへの投資額、2024年に40億ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「共有およびアンライセンス周波数帯のLTE / 5Gネットワークエコシステム(2021年~2030年):機会、課題、戦略、予測」 (SNS Telecom & IT) の販売を5月17日より開始いたしました。

5G時代の到来に伴い、携帯電話通信業界は、技術革新、自由な規制政策、破壊的なビジネスモデルによって、革命的なパラダイムシフトを迎えています。この変革の重要な側面の一つは、共有周波数や免許不要の周波数(単一の携帯電話事業者に独占的にライセンスされていない周波数)の採用が拡大していることです。

 

世界各国の電気通信規制当局は、ライセンスされた周波数を協調して共有するための革新的なフレームワークを立ち上げています。特に、米国の3.5GHz帯の周波数をダイナミックに共有するための3層構造のCBRSスキーム、ドイツの3.7-3. 例えば、米国の3.5GHz帯をダイナミックに共有する3層CBRS方式、ドイツのプライベート5Gネットワーク用3.7-3.8GHz帯ライセンス、英国の共有およびローカルアクセスライセンスモデル、フランスの産業用LTE/5Gネットワーク用2.6GHz帯ライセンス、オランダのローカルミッドバンド周波数許可、日本のローカル5Gネットワークライセンス、香港の地理的共有ライセンス、オーストラリアの26/28GHz帯エリアワイド機器ライセンスなどが挙げられます。これらの画期的な取り組みにより、企業や業種別のプライベートセルラーネットワークから、モバイルネットワークの高密度化、FWA(Fixed Wireless Access)、ニュートラルホストインフラまで、さまざまなユースケースに対応したLTEおよび5G NRの共有周波数帯ネットワークの展開が促進されています。

 

さらに、3GPPのセルラー無線エコシステムでは、世界的および地域的に調和のとれた広大な免許不要の周波数帯への進出が加速しています。既存の商業活動は、主にLTEベースのLAA(Licensed Assisted Access)技術を中心に行われていますが、3GPPのリリース16仕様に5G NR-Uが導入されたことで、免許不要の周波数を使用して、免許付きアシストモードとスタンドアロンモードの両方で、免許不要の周波数帯に5G NRを展開する道が開かれました。

 

COVID-19パンデミックに起因する経済減速などの課題が継続しているにもかかわらず、SNSテレコム&ITは、共有および免許不要の周波数帯で運用されるLTEおよび5G NR RAN(無線アクセスネットワーク)インフラへの世界的な投資額は、2021年末までに13億ドル以上になると推定しています。この市場は、2021年以降も上昇傾向が続き、2021年から2024年にかけて年率約44%で成長し、2024年には年間支出額が約40億ドルに達すると予想されます。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/sns980890-shared-unlicensed-spectrum-lte-5g-network.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域