KRAS阻害薬市場、数兆ドル規模に拡大見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「KRAS阻害薬の世界市場 - 機会・臨床試験の見通し」 (KuicK Research) の販売を5月14日より開始いたしました。

世界的ながん患者数の増加に伴い、KRAS阻害薬というユニークなアプリケーションベースの治療薬市場が登場しました。ここ数年、この治療法は、がん細胞が増殖・分裂を続けるための最終的な標的である細胞周期に関わる良好な反応を示すことができました。KRASタンパク質を標的とした革新的な薬剤群が研究者によって開発され、現在、KRASタンパク質を標的とした新規製品候補が多数、臨床試験に投入されています。KRAS阻害薬は、がん治療薬市場の中でもトップレベルの新興分野であると言えますが、これは同市場に関連する優れた研究開発パイプラインがあるためです。KRAS阻害薬に関連する市場全体は、非常に短い期間でがんの状況全体を変えることができたため、患者と投資家に適切な機会を与え、がん治療の標準的なケアをもたらすことができました。

 

この市場で開発された薬剤は、KRASタンパク質を阻害し、さらに重要なシグナル伝達経路を阻害することで、最終的に細胞周期を停止させ、がん細胞を死滅させます。研究者によって開発された数百種類のKRAS阻害薬を用いて細胞周期をオン・オフすることで、効率的なターゲティング、最小限の副作用の発生、様々なタイプの腫瘍抗原に対する有効性と効率の向上など、全体的なパラダイムの改善が期待されます。また、KRAS阻害薬の研究に基づく処方への支出が全体的に増加することで、数兆ドル規模の市場が形成され、がん細胞の効率的なターゲティングに関して、がん治療薬市場に反映されている負担が減少すると推定されます。

 

化学療法や放射線療法などの既存のがん治療法では多くの課題がありましたが、新規のKRAS阻害薬市場は、世界レベルでのがん治療法の全体的なパラダイムに影響を与えています。KRAS阻害薬市場に関連する製薬研究部門は、100%の有効性を持つ薬剤候補を開発するという複雑な課題を乗り切ってきました。

今日、世界レベルでのKRAS阻害薬市場は、がん市場と研究ベースの部門全体の改革に明らかにつながっている新しい技術やテクノロジーに隣接しています。間違いなく、この市場全体が、がん細胞の複雑なメカニズムを解明し、細胞周期を司るタンパク質を制御することで、がん細胞をどのように制御するかを明らかにする、新たなフロンティアの開拓につながっています。さらに、ここ数年の市場の急激な成長をもたらしている要因としては、医薬品候補に関連する医療上のメリットや、化学療法などの従来のがん治療法の副作用に対する認識の高まりなどが挙げられます。

 

報告書の調査結果によると、この市場は、医療上のメリットや、さまざまなタイプの腫瘍抗原に対応した多様な破壊的技術や薬剤候補の利用が増加していることにより、完全に活性化されていると推定されます。新規がん治療薬市場では、KRAS阻害薬が一部を牽引し、KRAS阻害薬治療の登場以前には困難であったすべての課題を克服していると考えられます。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/kui979967-global-kras-inhibitors-market-opportunity-clinical.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域