米国の外傷デバイスの市場規模、2025年に45億米ドルを超える見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「米国の外傷デバイス市場・COVID-19の影響 (2019-2025年):プレート&ネジ・生体吸収性固定デバイス・髄内釘・カニューレネジ・髄内股関節ネジ・従来型股関節ネジ・ステープル固定・骨ピンなど」(iData Research Inc.)の販売を5月14日より開始いたしました。

米国の外傷デバイスの市場規模は、2018年の36億米ドルからCAGR 3.5%で成長し、2025年には45億米ドルを超える見込みです。市場成長の原動力としては、新しい技術の採用が挙げられます。例えば、最大セグメントであるプレートとスクリューでは、チタンなどの新しい素材や、ハイブリッドシステム、アナトミカルプレートの導入が市場の成長を支えています。さらに、プレートやスクリューの治療に髄内釘を使用することも一般的になってきています。これらの新しいシステムは、適応症の増加に伴い、従来のシステムに取って代わって市場を牽引しています。米国の整形外科用外傷デバイス市場では、チタン製品の人気が高まっています。チタンは過去数年間、北米以外の地域で外科医が選択してきた素材ですが、北米ではまだ完全には採用されていません。米国でチタンのコストが低下していることが、外傷用デバイス市場におけるチタン製品の使用を促進すると期待されています。

 

米国における外傷処置の傾向

 

2018年、米国では、病院、外来手術センター、その他の場所でを含め、190万件以上の外傷固定手術が行われました。最も多く行われた部位は股関節でしたが、手首・手・指、足首、前腕の総骨折数に対する割合も増えています。股関節、足首、上肢の骨折がこのように高い割合を占めているのは、転倒との関連性が最も高い部位であるためです。転倒は骨折の最も一般的な原因であり、特に高齢者に多く見られます。

 

 

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/ida1000908-us-trauma-devices-market-analysis-covid19-medsuite.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。


【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域