コバルトとニッケル、今後リサイクル産業を牽引

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「カソード・前駆体材料:将来展望 (2030年まで、第1版)」 (Roskill Information Services) の販売を5月12日より開始いたしました。

カソードの特許動向

1990年代初頭に開発されて以来、リチウムイオン電池は、スマートフォンやラップトップの電力供給から交通機関の電化まで、私たちの日常生活に欠かせないものとなっています。カソード化学の進化は、現代のリチウムイオン技術を実現した重要な要因の一つです。他の技術と同様に、特許は、リチウムイオン電池のカソード製造の技術開発を促す重要な役割を果たしています。

 

市場の成長に合わせたカソードの継続的な研究開発は、リチウムイオン電池の性能、安全性、コストの大幅な向上に大きく貢献しており、カソードの特許動向からもそのことが伺えます。

 

前駆体-カソード-電池のサプライチェーンと業界統合

カソードは、他の多くの電池部品と比較して、最終製品が適切な量と品質で提供されることを確実にするために、より複雑で長いサプライチェーンを持っています。これには、原料の採掘と精錬、前駆体の製造、アクティブなカソードの最終生産が含まれます。前駆体とカソードの準備と製造は密接に関連しており、前駆体とカソードの製造段階は業界でますます統合されてきています。さらに、競争の激化に伴い、リチウムイオン電池メーカーは、カソードの製造段階、さらには前駆体材料や原材料の供給段階まで戦略的にバックワードインテグレーションに参加している場合もあります。

 

コスト、価値、マージン

2020年には、金属硫酸塩(ニッケル、コバルト、マンガンなど)を用いて「共沈法」により前駆体材料を合成します。その後、前駆体材料とリチウム塩を混合して焼結し、最終的な三元系カソードを製造します。

 

リサイクル

電気自動車の普及による世界的なモバイル電化の拡大に伴い、二次材料をサプライチェーンに戻して再利用するための効率的で持続可能なリサイクル産業が不可欠となっています。リチウムイオン電池のリサイクルは、業界の経済性だけでなく、環境や地政学的な観点からも非常に重要な意味を持っています。カソードのコバルトとニッケルは、近い将来、リサイクル産業を牽引する重要な金属です。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/ros985631-cathode-precursor-materials-outlook-1st-edition.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域