アイキャッチ画像

メタマテリアルの市場規模、2026年に14億5700万米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「メタマテリアルの世界市場 (~2026年):技術 (電磁・テラヘルツ・フォトニック・チューナブル・FSSなど)・用途 (通信アンテナ・ウィンドスクリーン・ソーラーパネル・センサー・ディスプレイ・医療画像)・産業・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を4月20日より開始いたしました。

メタマテリアルの市場規模は、2021年の3億500万米ドルからCAGR36.7%で成長し、2026年には14億5700万米ドルに達すると予測されています。設計機能性の多様化、レーザー対策コーティングの適用、自律走行車用レーダーやLiDARの開発などを背景に、太陽光発電システムへのメタマテリアルの利用、ドローン用のメタマテリアルベースのレーダー、5Gの進歩などが、メタマテリアル市場の成長を促進する主な要因となっています。

 

牽引要因:デザイン機能性の多様性

 

メタマテリアルとは、物質の組成ではなく、そこに注入された構成物質の構造に由来する希少でユニークな特性を持つ人工物質である。構成材料は、任意の形状、サイズ、幾何学的形状、および方向性を持つことができます。これらの構成要素は任意のパターンで配置することができ、その結果、メタマテリアルの電磁放射に従来とは異なる方法で影響を与え、負の透磁率や誘電率など、従来の材料では得られなかったユニークな特性をメタマテリアルに与えることができます。このようなメタマテリアルのユニークな特性は、通信用アンテナ、ウインドスクリーン、ソーラーパネル、センサー、医療用画像処理装置など、様々な用途に利用することが可能です。そのため、国防総省(DOD)や国防高等研究計画局(DARPA)などの連邦機関は、航空宇宙・防衛分野へのメタマテリアル応用の研究開発に多額の投資を行っています。様々な機能を持ったデザインが、様々なアプリケーションにおけるメタマテリアルの需要を押し上げています。

 

抑制要因:メタマテリアルの合成コスト

 

メタマテリアルは、構成材料ではなく、その構造から特性を引き出す材料です。そのため、用途によってメタマテリアルの合成方法が異なります。用途に応じて必要な特性を得るために、適切な材料の組み合わせを合成することは非常に困難です。そのため、メタマテリアルの合成には時間と手間がかかります。また、合成にかかるコストは、製造方法の数に依存します。製造方法の数は、設計の組み合わせや希望するアプリケーションによって異なります。そのため、メタマテリアルの合成にかかるコストは高額になります。手頃な価格でメタマテリアルを合成する技術がないことが、メタマテリアル市場の最大の抑制要因となっています。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama998006-metamaterial-market-by-material-type.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域