アイキャッチ画像

グランピングの市場規模、2021年から2028年にCAGR14.1%で拡大見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「グランピングの市場動向・市場シェア・市場規模の予測 (2021-2028年):宿泊施設 (キャビン&ポッド・テント・パオ・ツリーハウス)・年齢層 (18-32歳・33-50歳)・地域別」 (Grand View Research, Inc.) の販売を4月19日より開始いたしました。

グランピングの市場規模は、2020年に18億8,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)14.1%で拡大すると予測されています。ステイケーションでは、人々はあまり遠くへ外出することはできませんが、オフの間に幅広い目的地を選ぶことができます。自然の中で贅沢に過ごすことを好む消費者は、グランピング・リゾートで様々な楽しいアクティビティを楽しむことができるため、このことが市場の成長にプラスの影響を与えると考えられます。Kampgrounds of America, Inc.が発表したレポートによると、2019年には、消費者の67%がグランピングがユニークなアウトドア体験を提供することに同意し、63%がグランピング体験にキャンプでは利用できないサービスやアメニティが付いていることを望み、56%がユニークな宿泊施設に滞在したいと答えています。これらの要因は、市場の主要なドライバーとして機能しています。

 

グランピングは、屋外で過ごしたいが、伝統的な方法でキャンプをしたくない旅行者にとって、特に魅力的なものです。キャンプをしない旅行者は、グランピングによって、快適にアウトドアを体験でき(83%)、従来のキャンプにはないサービスや設備を利用でき(63%)、従来のキャンプにつきものの「仕事」を軽減できる(27%)と答えています。また、グランピングは、アウトドアで過ごすことによるストレス解消と、ホテルやリゾートのような快適さを求める非キャンパーのニーズにも応えているようで、すでにグランピングを体験した人の81%が、再度体験する可能性に前向きです。さらに、北米の全レジャー旅行者のうち、2019年にグランピングを行った人は30%。これらの要因が、予測期間中の市場成長を支えると考えられます。

 

2021年、すなわちCovid-19の回復後には、消費者の間でグランピングへの関心が高まっています。2020年5月と2020年9月にグランピング体験に興味を持ったキャンパーは38%。しかし、2020年5月と2020年9月にグランピング体験に興味を持ったキャンパー予備軍は28%でした。X世代(45%)とミレニアル世代(42%)のキャンパーは、グランピング体験に最も興味を持っています。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/grvi999551-glamping-market-size-share-trends-analysis-report.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域