アイキャッチ画像

医療機器洗浄の市場規模、2021年から2028年にCAGR10.2%で成長見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「医療機器洗浄の世界市場:デバイス別(セミクリティカル、クリティカル)、技術別(滅菌、消毒)、EPA分類別(高、中レベル)の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2021年~2028年)」 (Grand View Research, Inc.) の販売を4月16日より開始いたしました。

医療機器洗浄の市場規模は、2020年に162億4,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)10.2%で成長すると予測されています。予測期間中に市場全体が安定的に成長する主な要因として、院内感染の増加が見込まれています。肺炎、血流感染症、尿路感染症(UTI)、手術部位感染症、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)感染症などの疾患は、最も一般的な院内感染症(HAI)の一つです。その他の主なHAIには、カテーテル関連UTI、人工呼吸器関連肺炎、カテーテル関連血流感染症などがあります。

 

院内感染は、患者の回復に影響を与える主要な健康問題の一つと考えられており、世界的にも死亡率に大きな影響を与えています。WHOが発表したHAIの予防に関する実用ガイドによると、HAIに罹患した人の入院期間の増加は約8日であることが判明しました。このように、入院期間の長期化は、入院中に発生する費用全体の大きな要因となっており、臨床的にも感染予防対策の導入が急務となっています。また、病院や医療費支払者にとっても、感染症の治療のために資源が過剰に使用されるため、入院期間の長期化は経済的ではありません。

 

これらの追加費用は、主に薬剤の使用量の増加、追加の診断検査、検査機器の使用によるもので、資源配分に不均衡が生じています。手術室では、血液由来の病原体、薬剤耐性のある病原体、その他の感染症のリスクが高く、病院にとって大きな懸念事項の一つとなっています。例えば、尿道カテーテルを頻繁に使用すると、UTIのリスクが高くなり、カテーテル関連(CA)UTIになる可能性があります。NCBIに掲載された研究によると、UTIは細菌感染症全体の25%を占めています。National Nosocomial Infection Surveillance (NNIS) systemの報告書によると、院内UTIのほとんどはカテーテル挿入に関連しており、CA-bacteriuriaは世界的に最も発生頻度の高い感染症で、米国では毎年HAIの最大40%を占めています。

 

また、糖尿病患者は重篤なUTIを発症することが多く、効率的かつ一貫した治療が必要であることから、感染制御市場の今後の成長が期待されています。これらの要因により、手術部位の感染を防ぎ、手術用手袋などの個人防護具(PPE)を導入することが臨床上の緊急課題となっており、その結果、医療機器洗浄市場の成長が大幅に増加しています。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/grvi996533-medical-device-cleaning-market-size-share-trends.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域