アイキャッチ画像

カテーテルの市場規模、2021年から2028年にCAGR6.4%で拡大見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「カテーテルの世界市場:製品タイプ(心臓血管、泌尿器、静脈内、神経血管、特殊)別、流通チャネル別(病院、小売店)、地域別の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2021年~2028年)」 (Grand View Research, Inc.) の販売を4月15日より開始いたしました。

カテーテルの市場規模は、2020年に452億6,000万米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)6.4%で拡大すると予測されています。入院につながる慢性疾患の罹患率の高さが、市場の成長を促進しています。また、中規模のカテーテルメーカーが市場シェアを拡大しようとする傾向が強まっていることや、さまざまな政府機関による研究開発活動への資金提供が増加していることも、予測期間中の市場成長を促進すると考えられます。心血管疾患、神経疾患、泌尿器疾患などの慢性疾患は、過去30年間、世界的に死亡率や罹患率の最も高い原因となっています。

 

座りっぱなしのライフスタイルでは、糖尿病、心血管障害、泌尿器系障害、末期腎不全などの慢性疾患など、多くの障害に罹患しやすくなります。高血圧と糖尿病は、腎不全などの慢性疾患の増加の2つの主要な要因となっています。これらの疾患は、入院率が高く、いくつかの処置にカテーテルを頻繁に使用するため、多額の費用がかかります。このように、慢性疾患の増加に伴う手術件数の増加は、カテーテルの導入率を高め、予測期間中の市場を牽引するものと考えられます。

 

一般的な投薬治療を受ける患者は、カテーテルを必要とします。カテーテルを繰り返し使用すると、カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)や中心静脈ライン関連血流感染症(CLABSI)の原因となります。慢性疾患を患っている患者さんは、通常、免疫力が低下しており、医療機関に頻繁に入院する必要があります。このような患者さんは、血管にアクセスするためにカテーテルを頻繁に使用するため、感染のリスクが高くなります。そのため、企業はカテーテル関連の感染症や血栓症の増加を抑えるために抗菌カテーテルを導入しました。メドトロニック社の銀イオンとパリンドロームHSI-ヘパリンコーティング抗菌カテーテルは、注目すべき抗菌カテーテルです。また、このタイプのカテーテルは、血栓の形成やカテーテル表面の微生物のコロニー化の可能性を減少させるのに役立ちます。さらに、カテーテルの出口部分に銀イオンや抗生物質をコーティングしたり、先端部分を抗菌液でロックしたりしています。このように、抗菌ライニングでコーティングされたカテーテルは、市場の成長を後押しすると考えられます。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/grvi996524-catheters-market-size-share-trends-analysis-report.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域