アイキャッチ画像

Rio TintoはVuzixスマートグラスを使用して、労働者の安全性を向上させ、オユトルゴイ鉱山での現地業務を支援しています

モンゴルのオユトルゴイ鉱山は世界屈指の銅と金の鉱床があり、Vuzixスマートグラスを使用して、世界中の技術専門家がプロジェクトサイトの現地チームと協力できるようにしました。

アメリカを本拠地に、企業やコンシューマー向けのスマートグラスおよびAR(拡張現実)技術を提供するVuzix Corporation (ビュージックス・コーポレーション)(東京支店所在地:東京都港区、東京支店長:藤井 慶一郎)は、 国際的な金属および鉱業の大手企業であるRio Tintoが、世界屈指の銅と金の鉱床があるモンゴルのオユトルゴイ鉱山にVuzixスマートグラスを配備したことを発表いたします。

 

Rio Tintoの2020年年次報告書で議論されているように、 Rio Tintoはより安全でスマートな作業に重点を置いており、その取り組みの一環として、ドローンと鉱山ピットカメラの使用を増やし、移動制限および物理的距離の要件を遵守しながら、尾鉱施設および設備の目視検査を実施するためにスマートグラスを含むビデオヘッドセット導入しました。

オユトルゴイ地下プロジェクトでは、Rio TintoはVuzixスマートグラスを使用して、世界中の技術専門家がプロジェクトサイトのローカルチームと協力できるようにしました。

 

下記は弊社社長兼最高経営責任者であるPaul Traversによるコメントになります。

 

“Vuzixスマートグラスの使用は、多くの業界で拡大し続けています。

この分野のグローバルリーダーであるリオティントのような企業は、実社会での製品の価値と有効性の検証を提供し続けています。

 

年次報告書

https://www.riotinto.com/-/media/Content/Documents/Invest/Reports/Annual-reports/RT-Annual-report-2020.pdf?rev=6df52113b92840648d05a4ac9e4cc1d8

 

---

Vuzix Corporationについて

 

VUZIXはコンシューマー、コマーシャルおよびエンターテインメント市場における、ビデオアイウェアとスマートグラス製品の大手サプライヤーです。

同社の製品はポータブルで高品質な視覚体験をユーザーに提供するパーソナルディスプレイ機器や仮想現実や拡張現実用のソリューションを提供ウェアラブルコンピューティング機器があります。

VUZIXは、ビデオアイウェアの分野で184件の特許ならびに特許申請中と多くの知的財産を所持しています。

同社は、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーの「Innovation Award」を2005年から2020年までさまざまなワイヤレステクノロジ関連のアワードを受賞しています。

1997年創立のVUZIXは、米国NASDAQ市場に上場する企業(Nasdaq: VUZI)であり、ロチェスター(ニューヨーク州)、オックスフォード(英国)および東京(日本)に拠点を置いています。

 

 

製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 Vuzix Corporation
代表者名 藤井 慶一郎
業種 その他製造業

コラム

    Vuzix Corporationの
    関連プレスリリース

    Vuzix Corporationの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域