アイキャッチ画像

株式会社エム・データ、2020年TV-CM会社ランキングを発表。コロナ禍の2020年では、総合ランキングと上昇ランキング(前年比)で「興和」がトップ!

テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供する株式会社エム・データ(本社:東京都港区、代表取締役:関根俊哉)は、「2020年TV-CM会社ランキング」を発表しました。コロナ禍の2020年では、総合ランキングと上昇ランキング(前年比)で「興和」がトップとなりました。尚、ランキングは、2020年1月1日(水)から2020年12月31日(木)に、東京地区地上波キー局で放送されたTV-CMを対象とし、一部ランキングは、TV-CMの出稿状況を可視化したクラウド型TVデータ分析サービス「TV Rank」にて集計・可視化したものです。

テレビの放送内容をテキスト化した「TVメタデータ」を提供する株式会社エム・データ(本社:東京都港区、代表取締役:関根俊哉)は、「2020年TV-CM会社ランキング」を発表しました。コロナ禍の2020年では、総合ランキングと上昇ランキング(前年比)で「興和」がトップとなりました。尚、ランキングは、2020年1月1日(水)から2020年12月31日(木)に、東京地区地上波キー局で放送されたTV-CMを対象とし、一部ランキングは、TV-CMの出稿状況を可視化したクラウド型TVデータ分析サービス「TV Rank」にて集計・可視化したものです。

 

 

コロナ禍の2020年、総合ランキングと上昇ランキング(前年比)は「興和」がトップ!

新規急上昇ではトップの「楽天モバイル」を筆頭に、デジタル業界がランキングを圧倒!

業界ランキングでは「デジタル」がSOVを伸ばす!

 

 

 

■2020年TV-CM放送回数ランキング(総合)

2020年トップは「興和」!「NTTドコモ」「ソフトバンク」の

スマホ・携帯キャリアも目立つランキングに!

 

 

1位 興和 46817回 (3.3%)

(キューピーコーワ、バンテリンコーワ、ザ・ガードコーワ、キャベジン)

 

2位 P&G 23437回 (1.7%)

(レノア、ファブリーズ、アリエール、ウィスパー、ジョイ、ボールド)

 

3位 小林製薬 22816回 (1.6%)

(ブルーレット、消臭元、ケシミン、命の母、生葉、オードムーゲ)

 

4位 花王 22230回 (1.6%)

(ビオレ、キュキュット、クイックル、アタック、ハイター、ロリエ)

 

5位 日本コカコーラ 18645回 (1.3%)

(ジョージア、綾鷹、コカコーラ、ファンタ、アクエリアス、いろはす)

 

6位 NTTドコモ 16819回 (1.2%)

(企業、dカード、d払い、ギガホ、ドコモオンラインショップ、iPhone)

 

7位 永谷園 15550回 (1.1%)

(お茶づけ海苔、松茸の味、あさげ、広東風かに玉、麻婆春雨)

 

8位 日本マクドナルド 15124回 (1.1%)

(ハッピーセット、ちょいマック、企業、チキンマックナゲット)

 

9位 キリンビール 14646回 (1.0%)

(一番搾り、本麒麟、氷結、キリンザ・ストロング、グリーンズフリー、淡麗)

 

10位 ソフトバンク 12691回 (0.9%)

(メリハリプラン、SoftBank 5G、SoftBank学割、ソフトバンクエアー)

 

 

 

※順位、会社名、TV-CM放送回数(SOV)

(主なブランド)

 

 

 

 

■2020年TV-CM上昇ランキング(前年比)

 

2019年のTV-CM放送回数と比較し、2020年での上昇数によるランキング。

巣ごもり需要の増大により 
「ウーバーテクノロジーズ」「出前館」の宅配業界がランクイン!

 

 

1位 興和 12535回 (4.3%)

(キューピーコーワ、バンテリンコーワ、ザ・ガードコーワ、キャベジン)

 

2位 キリンビール 5842回 (2.0%)

(一番搾り、本麒麟、氷結、キリンザ・ストロング、グリーンズフリー、淡麗)

 

3位 フールー 5109回 (1.8%)

(フールー)

 

4位 楽天モバイル 4354回 (1.5%)

(楽天モバイル、Rakuten Hand、楽天でんき)

 

5位 ACジャパン 3832回 (1.3%)

(ACジャパン、日本動物愛護協会、セーブザ・チルドレン、日本盲導犬協会)

 

6位 ウーバーテクノロジーズ 3623回 (1.2%)

(Uber Eats)

 

7位 永谷園 3383回 (1.2%)

(お茶づけ海苔、松茸の味、あさげ、広東風かに玉、麻婆春雨)

 

8位 出前館 3330回 (1.1%)

(出前館)

 

9位 TVer 3324回 (1.1%)

(TVer、ドガッチ)

 

10位 ユニリーバジャパン 3202回 (1.1%)

(ダヴ、クリア、ラックス、ドメスト、リプトン、AXE)

 

 

 

※順位、会社名、TV-CM放送回数(SOV)

(主なブランド)

 

 

 

 

■2020年TV-CM新規急上昇ランキング

 

2019年にTV-CM放送がなかった出稿企業による、

2020年での放送回数によるランキング。

アプリのTV-CMを打つ会社が過半数を占める結果に!

 

 

1位 楽天モバイル 4354回 (5.8%)(楽天モバイル、Rakuten Hand)

2位 CTW 1891回 (2.5%)(ビビッドアーミー)

3位 TIS 1712回 (2.3%)(TIS)

4位 Yostar 1266回 (1.7%)(アークナイツ、アズールレーン)

5位 サイボウズ 1062回 (1.4%)(サイボウズ、kintone)

6位 TELASA 992回 (1.3%)(TELASA)

7位 アクティビジョン 861回 (1.1%)(コールオブデューティ)

8位 ウェザーニュース 807回 (1.1%)(ウェザーニュース)

9位 直悠会 767回 (1.0%)(にしたんクリニック)

10位 ミクシィ/XFLAG 713回 (0.9%)(スタースマッシュ、XFLAG PARK)

 

 

 

※順位、会社名、TV-CM放送回数(SOV)

(主なブランド)

 

 

 

 

 

■2019年・2020年TV-CM業界ランキング

 

2019年と2020年のTV-CM放送回数を業界別にランキング。

2020年は「外用薬」が新規ランクイン、「内服薬」も上昇!

 

 

■2019年

 

1位 デジタル 10.2%

(アマゾンジャパン、インディード、スマートニュース)

 

2位 サービス 6.0%

(BOAT RACE振興会、湘南美容外科クリニック、ディップ、東京ガス)

 

3位 内服薬 4.7%

(興和、武田薬品工業、エスエス製薬、小林製薬、第一三共ヘルスケア)

 

4位 国産乗用車 3.9%

(トヨタ自動車、スズキ、日産自動車、ダイハツ工業、ホンダ、SUBARU)

 

5位 女性化粧品 3.7%

(資生堂、コーセー、メイベリンニューヨーク、花王、再春館製薬所、DHC)

 

6位 通信 3.1%

(NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル、NTT東日本、グッドラック)

 

7位 保険 3.1%

(アフラック生命保険、ソニー損保、チューリッヒ保険、こくみん共済 coop)

 

8位 流通 2.6%

(ユニクロ、BuySell Technologies、ABCマート、洋服の青山)

 

9位 外食産業 2.6%

(日本マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、スシロー、丸亀製麺)

 

10位 各種団体 1.9%

(ネクスコ中日本、中小機構、公文式、トライグループ、ネクスコ東日本)

 

 

■2020年

 

1位 デジタル 12.4%

(アマゾンジャパン、インディード、リクルートマーケティングパートナーズ)

 

2位 内服薬 5.5%

(興和、武田薬品工業、エスエス製薬、小林製薬、龍角散)

 

3位 サービス 4.5%

(BOAT RACE振興会、湘南美容外科クリニック、日本中央競馬会、RIZAP)

 

4位 国産乗用車 3.5%

(トヨタ自動車、ダイハツ工業、スズキ、日産自動車、ホンダ、SUBARU)

 

5位 通信 3.1%

(NTTドコモ、ソフトバンク、au、ワイモバイル、楽天モバイル、日本郵便)

 

6位 外食産業 3.1%

(日本マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、丸亀製麺、ドミノピザ)

 

7位 女性化粧品 2.9%

(資生堂、コーセー、シロク、花王、再春館製薬所、新日本製薬、小林製薬)

 

8位 保険 2.8%

(ソニー損保、アフラック生命保険、チューリッヒ保険、JA共済)

 

9位 外用薬 2.2%

(興和、小林製薬、久光製薬、池田模範堂、グラクソ・スミスクライン)

 

10位 流通 2.2%

(ユニクロ、BuySell Technologies、洋服の青山、キタムラ)

 

 

※順位、業界名、SOV (主な企業)

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------

■2020年TV-CM企業ランキング

 

調査期間

:2020/1/1(水)0:00:00~2020/12/31(木)23:59:59

 

調査対象

:日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ(東京地区地上波キー局)

 で放送されたTV-CM

 

調査方法

:放送回数ランキングのみ、TV-CMの出稿状況を可視化した

 クラウド型TVデータ分析サービス「TV Rank」にて集計・可視化

 

 

・放送回数ランキング:上記対象TV-CMの放送回数をランキング

 

・上昇ランキング(前年比):2019年のTV-CM放送回数に対して、2020年の上昇放送回数によるランキング

 

・新規急上昇ランキング:2019年にTV-CM放送がなかった会社の中で、2020年の放送回数をランキング

 

・業界ランキング:2019年と2020年のTV-CM放送回数を業界別にランキング

 

※ 会社名はエム・データ独自の基準で収集・登録しており、TV-CMの契約期間に関係なく、調査期間内で放送されたTV-CMを集計しています。

 

※ 上昇ランキング・新規急上昇ランキング・業界ランキングの2019年調査期間は、2019/1/1(火)~2019/12/31(火)を対象としています。

 

※「業界ランキング」における業界は、エム・データ独自の基準にて分類しています。また記載の業界名は、本リリース用にその表記名称を弊社オリジナルデータから一部変更しています。

 

※「SOV」は、調査期間・調査対象での全TV-CMに対して、当該企業・当該業界のTV-CM放送回数割合を表しています。

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------

TV Rankについて

TV Rankは、エム・データが24時間365日記録し続ける「TVメタデータ」を活用し、TV-CMの出稿状況を様々な切り口で可視化したクラウド型のTVデータ分析サービスで、■ マーケティング活動に伴う、競合のTVメディア戦略や業界動向を把握。■ コミュニケーション設計のため、ブランドごとのTV-CM投下量やパターン、クリエイティブを把握。■ TV-CMの投資プラン設計のため、トレンドやポジション、競合のTV-CM出稿戦略を把握。を目的として様々なシーンにて活用いただいています。また、TV-CM以外でも、TV番組の放送内容を可視化した「番組編」や、タレントパワーをマルチデータでスコア化しTV番組やプロモーションへのキャスティング活用やネクストブレーカー発掘をサポートするツール「Talent Rank」といったサービスもございます。 https://mdata.tv/tvrank/

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社エム・データ
代表者名 関根俊哉
業種 その他サービス

コラム

    株式会社エム・データの
    関連プレスリリース

    株式会社エム・データの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域