アイキャッチ画像

コロナ禍で居場所をなくした女性向けの「シェルター」受け入れ開始~虐待・DVリスクの10~20代女性対象、自立に向けての生活・就労を支援~

NPO法人ダイバーシティ工房(千葉県・市川市)は、2021年12月、10~20代の若年女性を対象に、中短期シェルター「Le Phare(ルファール)」を開設し、2021年1月より入居者の受け入れを開始しました。コロナ禍で悪化する生活環境や増加する虐待・DVリスクにより一時的に避難場所が必要な若年女性たちが暮らすことができる居場所を提供します。

【特徴】

(1)  身の安全を確保する居場所を提供

虐待やDVなどにより身の危険があり緊急に保護が必要な方や、生活困窮により暮らす場所がない方を受け入れの対象とします。安心できる場所で暮らしながら次の行動へ移す準備を行います。

 

(2)  滞在中の生活・就労を支援

必要に応じて生活保護の取得を目指すなど、滞在中に自立に向けての生活・就労支援を行っていきます。利用期間は原則3ヶ月間としますが、近隣の行政や関係機関と連携し、シェルター退所後の生活基盤を整えられるようサポートしていきます。

 

【シェルター概要】

・場所:千葉県市川市(住所非公開)

・対象:一時的に避難が必要な10代後半~20代前半の女性

・定員:3名~4名

・期間:3ヶ月を目安とします。

・費用:一定期間は無料。その後、収入に応じてご相談となります。

・利用のお問い合わせ:フォームにて申し込み後、面談を行います。https://bit.ly/36aGedZ

 

※本事業は2021年9月まで、公益財団法人ちばのWA地域づくり基金「休眠預金等活用 新型コロナウイルス対応緊急支援助成 より助成を受けて運営されます。

 

【法人概要】

商号               : 特定非営利活動法人ダイバーシティ工房 

代表者              : 代表理事 不破牧子

所在地              : 〒272-0034  千葉県市川市市川1-9-1 AKIOビル4階

設立               : 2012年3月

URL      : https://bit.ly/3pmq3Cc

事業内容         :

① 発達支援事業:発達障害を持つ小中高生を対象とした個別学習支援「スタジオplus+」を都内・千葉県内に計5拠点運営。合計約270名在籍。

② 保育事業:企業主導型保育園、小規模認可保育所を千葉県市川市にて運営。障害や持病のある子、自営業等認可園に入園しづらい家庭を優先的に受け入れている。

③アウトリーチ事業:コミュニティスペース「地域の学び舎プラット」を運営。生活困窮家庭向け食事付き無料学習教室、地域の家庭を対象としたおやこカフェ、レンタルスペースなど、多様なサービスを提供。

④児童自立生活援助事業:虐待などの理由から家にいられなくなった15~20歳女子を対象とする自立援助ホームを運営。共同生活を通じて入居児の経済的・精神的自立を支援。

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 NPO法人ダイバーシティ工房
代表者名 不破牧子
業種 教育

コラム

    NPO法人ダイバーシティ工房の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域