プレスリリース配信サービス

詳細検索

NPO法人ダイバーシティ工房のプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

https://www.diversitykobo.org/
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

年長~小学生の児童向け、オンライン個別指導の「ひらがな読み書き教室」好評を受け2022年春期の開校が決定、申込受付開始

発達障害や不登校など学校生活に不安を抱える児童への学習支援を行っているNPO法人ダイバーシティ工房は、ひらがなの読み書きが不安な児童を対象とした「ひらがな読み書き教室」の2022年春期(4月開校)の申込受付を開始しました。 コロナ過でも、またこのような教室が近隣に無い環境でも支援を必要とする児童がひらがなの読み書きの力を伸ばせるよう、オンライン授業を...

  • !2022年1月24日 10時
  • a教育
  • a告知・募集

コロナ禍の若者の「死にたい」にLINE相談で向き合い続けたNPO法人ダイバーシティ工房が、現代の生きづらさを探る「#生きづらさってなんだろう」キャンペーンを開始

NPO法人ダイバーシティ工房(本部:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)は、10月8日~11月8日の1ヶ月間、「#生きづらさってなんだろう」キャンペーンを実施します。ダイバーシティ工房が昨年立ち上げたLINE相談「むすびめ」には、窓口開設以来、親からの暴力や困窮、対人関係のストレスなど様々な「生きづらさ」を含んだメッセージが届いていま...

  • !2021年10月19日 16時
  • a教育
  • aキャンペーン

無償で2か月間食料をお届け~LINE相談「むすびめ」依然続くコロナ禍で困窮世帯を支援~

NPO法人ダイバーシティ工房(本部:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)が運営する無料LINE相談「むすびめ」では、生活の中での困りごとや悩みごとの相談を全国より受け付けています。2021年8月よりコロナ禍で職を失うなどして日々の食事に困っている方々を対象に、食料支援を開始しました。配布数は延べ約200名分を予定しています。LINE相...

  • !2021年9月22日 11時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

読み書きが心配な年長~小学生向け、個別指導の「ひらがな読み書き教室」が8月にオンライン開講

発達障害や不登校など学校生活に不安を抱えるお子さんへの学習指導を行っているNPO法人ダイバーシティ工房(本部:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)は、ひらがなの読み書きが不安なお子さまを対象とした「ひらがな読み書き教室」を2021年8月よりオンラインで開講します。読み書き検査の結果を基に、1人ひとりの発達段階に合った学習プログラムを提...

  • !2021年7月20日 10時
  • a教育
  • a告知・募集

無料LINE相談「むすびめ」利用時間を延長 ~コロナ禍での相談増加のニーズに対応・食料支援も全国に開始~

NPO法人ダイバーシティ工房(本社:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)が運営する無料LINE相談「むすびめ」は、7月より利用時間を1時間延長し、平日9時~21時での利用が可能となりました。コロナ禍で増える自殺願望や生活困窮に関する相談に、LINEを使用して対応していきます。また、緊急で食事に困っている方に対して1~2ヶ月間食料支援を...

  • !2021年7月5日 11時
  • a教育
  • aサービス

無料LINE相談「むすびめ」開始から半年で累計1,000件の相談に対応、新学期の自殺予防へ

NPO法人ダイバーシティ工房(千葉県・市川市)が運営する、全国の子ども・家庭を対象とした無料LINE相談「むすびめ」は、2020年8月にサービスを開始し、8ヶ月が経過しました。登録者数は600人、累積相談件数は1,000件以上にのぼります。春休みが始まり、新学期や新年度の不安や悩みを持つ子どもたちが増えていきます。この度システムの不具合によりサービスが...

  • !2021年3月30日 10時
  • a教育
  • aサービス

10~25歳の困窮解消へ、無料LINE相談と食料支援をセットで提供  ~市川市・船橋市限定「むすびめユース」サービス開始~

NPO法人ダイバーシティ工房(千葉県・市川市)は、市川市・船橋市の子ども・若者を対象に、無料LINE相談「むすびめユース」を開始しました。社会福祉士、相談支援専門員、教員免許など専門性を持った相談員が、学業や家庭、友人関係などコロナ禍において増えている子ども・若者の悩み相談にのります。また経済的に困難な状況に置かれている子ども・若者に対しては、1~...

  • !2021年2月26日 11時
  • a教育
  • a企業の動向

コロナ禍で居場所をなくした女性向けの「シェルター」受け入れ開始~虐待・DVリスクの10~20代女性対象、自立に向けての生活・就労を支援~

NPO法人ダイバーシティ工房(千葉県・市川市)は、2021年12月、10~20代の若年女性を対象に、中短期シェルター「Le Phare(ルファール)」を開設し、2021年1月より入居者の受け入れを開始しました。コロナ禍で悪化する生活環境や増加する虐待・DVリスクにより一時的に避難場所が必要な若年女性たちが暮らすことができる居場所を提供します。

  • !2021年1月28日 10時
  • a教育
  • a企業の動向

ひらがな読み書きの不安・悩みを軽減「ひらがな読み書き教室」10月スタート

NPO法人ダイバーシティ工房(本部:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)では、ひらがなの読み書きが不安なお子さまを対象とした「ひらがな読み書き教室」を10月よりスタートします。 学校生活の多くの場面で読み書きが求められていますが、読み書きが十分にできていないことを見過ごされ、学習を進めていく上で大きな負担となっている子どもたちがいま...

  • !2020年10月6日 10時
  • a教育
  • a告知・募集

悩み抱える親子を支援「無料LINE相談」8月スタート~コロナ環境下でのストレス・鬱リスク軽減へ~

NPO法人ダイバーシティ工房(本社:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)は、2020年8月3日より子どもと家族を対象に、生活上のあらゆる困りごとについて対応する無料のLINE相談窓口「むすびめ」を開設しました。コロナ環境下における子どものストレス増加、乳幼児を抱える家庭における親の鬱リスク等を軽減するため、年齢や対象を制限せず気軽に相...

  • !2020年8月14日 10時
  • a教育
  • aサービス

【1週間で50万円達成!】千葉県市川市にて、家を離れた10代女子が安心して生活&学業に打ち込める自立援助ホームを開設します。(クラウドファンディング残り25日)

NPO法人ダイバーシティ工房(本社:千葉県市川市、代表理事:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)は、2020年4月、虐待などの理由で家を離れた15歳〜20歳の子どもが共同生活を送る自立援助ホーム「Le Port(ル・ポール)」を千葉県市川市に設立します。立ち上げに伴う設備充足と基金設立のため、クラウドファンディングを実施し(3月17日火曜日〜4月16日木...

  • !2020年3月24日 9時
  • a教育
  • a告知・募集

新着プレスリリース

年長~小学生の児童向け、オンライン個別指導の「ひらがな読み書き教室」好評を受け2022年春期の開校が決定、申込受付開始

発達障害や不登校など学校生活に不安を抱える児童への学習支援を行っているNPO法人ダイバーシティ工房は、ひらがなの読み書きが不安な児童を対象とした「ひらがな読み書き教室」の2022年春期(4月開校)の申込受付を開始しました。 コロナ過でも、またこのような教室が近隣に無い環境でも支援を必要とする児童がひらがなの読み書きの力を伸ばせるよう、オンライン授業を...

  • !2022年1月24日 10時
  • a教育
  • a告知・募集

コロナ禍の若者の「死にたい」にLINE相談で向き合い続けたNPO法人ダイバーシティ工房が、現代の生きづらさを探る「#生きづらさってなんだろう」キャンペーンを開始

NPO法人ダイバーシティ工房(本部:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)は、10月8日~11月8日の1ヶ月間、「#生きづらさってなんだろう」キャンペーンを実施します。ダイバーシティ工房が昨年立ち上げたLINE相談「むすびめ」には、窓口開設以来、親からの暴力や困窮、対人関係のストレスなど様々な「生きづらさ」を含んだメッセージが届いていま...

  • !2021年10月19日 16時
  • a教育
  • aキャンペーン

無償で2か月間食料をお届け~LINE相談「むすびめ」依然続くコロナ禍で困窮世帯を支援~

NPO法人ダイバーシティ工房(本部:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)が運営する無料LINE相談「むすびめ」では、生活の中での困りごとや悩みごとの相談を全国より受け付けています。2021年8月よりコロナ禍で職を失うなどして日々の食事に困っている方々を対象に、食料支援を開始しました。配布数は延べ約200名分を予定しています。LINE相...

  • !2021年9月22日 11時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

読み書きが心配な年長~小学生向け、個別指導の「ひらがな読み書き教室」が8月にオンライン開講

発達障害や不登校など学校生活に不安を抱えるお子さんへの学習指導を行っているNPO法人ダイバーシティ工房(本部:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)は、ひらがなの読み書きが不安なお子さまを対象とした「ひらがな読み書き教室」を2021年8月よりオンラインで開講します。読み書き検査の結果を基に、1人ひとりの発達段階に合った学習プログラムを提...

  • !2021年7月20日 10時
  • a教育
  • a告知・募集

無料LINE相談「むすびめ」利用時間を延長 ~コロナ禍での相談増加のニーズに対応・食料支援も全国に開始~

NPO法人ダイバーシティ工房(本社:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)が運営する無料LINE相談「むすびめ」は、7月より利用時間を1時間延長し、平日9時~21時での利用が可能となりました。コロナ禍で増える自殺願望や生活困窮に関する相談に、LINEを使用して対応していきます。また、緊急で食事に困っている方に対して1~2ヶ月間食料支援を...

  • !2021年7月5日 11時
  • a教育
  • aサービス

無料LINE相談「むすびめ」開始から半年で累計1,000件の相談に対応、新学期の自殺予防へ

NPO法人ダイバーシティ工房(千葉県・市川市)が運営する、全国の子ども・家庭を対象とした無料LINE相談「むすびめ」は、2020年8月にサービスを開始し、8ヶ月が経過しました。登録者数は600人、累積相談件数は1,000件以上にのぼります。春休みが始まり、新学期や新年度の不安や悩みを持つ子どもたちが増えていきます。この度システムの不具合によりサービスが...

  • !2021年3月30日 10時
  • a教育
  • aサービス

10~25歳の困窮解消へ、無料LINE相談と食料支援をセットで提供  ~市川市・船橋市限定「むすびめユース」サービス開始~

NPO法人ダイバーシティ工房(千葉県・市川市)は、市川市・船橋市の子ども・若者を対象に、無料LINE相談「むすびめユース」を開始しました。社会福祉士、相談支援専門員、教員免許など専門性を持った相談員が、学業や家庭、友人関係などコロナ禍において増えている子ども・若者の悩み相談にのります。また経済的に困難な状況に置かれている子ども・若者に対しては、1~...

  • !2021年2月26日 11時
  • a教育
  • a企業の動向

コロナ禍で居場所をなくした女性向けの「シェルター」受け入れ開始~虐待・DVリスクの10~20代女性対象、自立に向けての生活・就労を支援~

NPO法人ダイバーシティ工房(千葉県・市川市)は、2021年12月、10~20代の若年女性を対象に、中短期シェルター「Le Phare(ルファール)」を開設し、2021年1月より入居者の受け入れを開始しました。コロナ禍で悪化する生活環境や増加する虐待・DVリスクにより一時的に避難場所が必要な若年女性たちが暮らすことができる居場所を提供します。

  • !2021年1月28日 10時
  • a教育
  • a企業の動向

ひらがな読み書きの不安・悩みを軽減「ひらがな読み書き教室」10月スタート

NPO法人ダイバーシティ工房(本部:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)では、ひらがなの読み書きが不安なお子さまを対象とした「ひらがな読み書き教室」を10月よりスタートします。 学校生活の多くの場面で読み書きが求められていますが、読み書きが十分にできていないことを見過ごされ、学習を進めていく上で大きな負担となっている子どもたちがいま...

  • !2020年10月6日 10時
  • a教育
  • a告知・募集

悩み抱える親子を支援「無料LINE相談」8月スタート~コロナ環境下でのストレス・鬱リスク軽減へ~

NPO法人ダイバーシティ工房(本社:千葉県市川市、代表:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)は、2020年8月3日より子どもと家族を対象に、生活上のあらゆる困りごとについて対応する無料のLINE相談窓口「むすびめ」を開設しました。コロナ環境下における子どものストレス増加、乳幼児を抱える家庭における親の鬱リスク等を軽減するため、年齢や対象を制限せず気軽に相...

  • !2020年8月14日 10時
  • a教育
  • aサービス

【1週間で50万円達成!】千葉県市川市にて、家を離れた10代女子が安心して生活&学業に打ち込める自立援助ホームを開設します。(クラウドファンディング残り25日)

NPO法人ダイバーシティ工房(本社:千葉県市川市、代表理事:不破牧子、以下ダイバーシティ工房)は、2020年4月、虐待などの理由で家を離れた15歳〜20歳の子どもが共同生活を送る自立援助ホーム「Le Port(ル・ポール)」を千葉県市川市に設立します。立ち上げに伴う設備充足と基金設立のため、クラウドファンディングを実施し(3月17日火曜日〜4月16日木...

  • !2020年3月24日 9時
  • a教育
  • a告知・募集

企業情報

NPO法人ダイバーシティ工房のロゴ

企業名

NPO法人ダイバーシティ工房

所在地

千葉県市川市市川1-9-1 AKIOビル4階

代表者名

不破牧子

URL

https://www.diversitykobo.org/

業種

教育

事業内容

放課後等デイサービス事業、学習支援、コミュニティスペース運営、企業主導型保育事業

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

カテゴリ

業界(ジャンル)

地域

ページトップに戻る