アイキャッチ画像

jwp、IoTセンサーを活用した室内換気ソリューションの提供を開始

株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック(代表取締役:木村 清勝、本社:青森県平川市、以下 jwp)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染防止対策に取り組む事業者向けに、会議室や、教室など部屋数の多い施設での部屋ごとの温度や湿度、CO2濃度を計測できるIoTセンサーを活用し、室内の換気状況などを可視化できる「室内換気ソリューション」の提供を2021年1月より開始します。

 

昨今、新型コロナウイルスの感染リスク要因の一つとされる「換気の悪い密閉空間」の改善が求められており、厚生労働省からも室内のCO2濃度を「1,000ppm以下」に保つことが推奨されております。

 

また、新型コロナウイルスは、低温環境下で感染力の維持期間が長くなると言われており、室内温度を20~25℃程度に保つと良いと言われています。さらに、湿度が40%以下になると遠くまでウイルス飛沫が飛びやすく、また空気中に漂う時間も長くなるともいわれており、CO2濃度だけでなく温度・湿度についても注意が必要です。

 

jwpでは、これまでスマート農業分野や、建設分野(i-Construction)を中心に、IoTセンサー等を活用した様々なソリューションを展開してまいりましたが、これらの事業で培ってきたIoT技術を応用し、オフィス・会議室・飲食店・教室など、換気対策が求められる様々な現場でお役立ていただける室内換気ソリューションをご提供いたします。

 

 

本ソリューションでは、室内に設置したIoTセンサーによって温度・湿度・CO2濃度を計測することで、室内の換気状態を数値化・可視化するとともに、段階的でわかりやすい画面色表示や、メールによるアラート通知でお知らせします。

 

本ソリューションのIoTセンサーはLPWA(Low Power Wide Area:省電力広域ネットワーク)無線技術である「LoRaWAN」に対応しており、1台のLoRaWAN基地局を通じて複数センサーの接続が可能で、外出先など離れた場所からもクラウドを通じて「いつでも・どこでも」各室内の換気状態を確認できます。お使いのスマートフォンやパソコンでの確認はもちろん、タブレットなどを表示器としたサイネージとしてもご活用いただけます。

 

jwpは、2014年からスマート農業の現場で、光合成に関わるデータとしてCO2(二酸化炭素濃度)センサーを数多く手がけてきました。

これまでの電子機器組立で培った「ものづくり技術」を駆使し、今後も皆様の生活文化に貢献できる価値を創造してまいります。 

 

【LoRaWANセンサデバイス仕様スペック】

センサデバイス LoRaWAN(TM)対応(ClassA/C) CO2,温度,湿度センサ
LoRaアンテナ 外部OMNIアンテナ 824-960 MHz 2dBi SMAコネクタ
LoRaモジュール感度 -132 dBm @ 980bps)
CO2測定範囲 0~10000tppm
温度測定範囲 0~50℃
湿度測定範囲 0~85%)、結露なきこと
電源電圧 DC 8-24VまたはマイクロUSB 5V対応
技適(国内電波法認証)済 R201-170057
認証周波数 920.6~928.0MHz、38チャンネル、0.02W
センシング技術 CO2:NDIR方式(自動ベースライン補正),受動拡散
温度/湿度:CMOSセンサー
反応時間 CO2: < 10 sec. @ 30 cc/min フローレート < 3 分、拡散時間
温度:最小3秒、最大30秒
湿度:<8秒
検出精度(25℃時) CO2:±30ppm + (±3%)
温度:±0.3℃
湿度:±3 %RH
繰り返し精度 CO2:±20ppm + (±1%)
温度:±0.1℃
湿度:±0.1 %RH
ゼロドリフト CO2:自動ベースライン補正で < ± 10ppm/年
温度:< 0.04 ℃/年
湿度:< 0.5 %RH/年

 

【LoRaWAN基地局 仕様スペック】

操作周波数 (LoRa, 3G/4G) LoRa Frequency : 862~932MHz (920~928MHz 日本) LTE FDD: B1/B3/B8/B18/B19/B26 LTE TDD: B41 WCDMA: B1/B6/B8/B19
インターフェース RJ45 x1, Micro USB x1 (power) Standard USB 2.0 x1 (external storage)
電源電圧 DC 5V/2A(AC/DCアダプタ)
寸法 151 x 107 x 33mm
動作温度 0~55°C
保存温度 -20~70°C
付属品 USB charging cable * 1
LoRa Antenna * 1
認証 TELEC and VCCI

 

 

【株式会社ジョイ・ワールド・パシフィックについて】

会社名 株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック
所在地 青森県平川市館山前田85番地2
代表者 代表取締役社長 木村 清勝
事業内容

光学レンズの接合・墨塗りおよびユニット組立・製造

半導体検査機器(プローブカード)の製造

福祉・健康機器の開発・製造

コンピューターのソフトウェア開発・販売

M2M・農業ICT活用製品の開発・販売

Web制作・インテグレーション事業

設立 昭和56年5月
ウェブサイト https://www.j-world.co.jp/
3密対策製品サイト https://www.j-world.co.jp/business/agri_it/product/lpwa_3mitutaisaku.html

 

*CO2、温湿度センサーはスタンドアロンとしても利用可能です。単独の部屋(事務所、飲食店フロアなど)はセンサ端末があれば利用できますので、是非ご検討ください。

 

【本件に関するお問い合わせ】

株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック

ITビジネス課

 担当者名:ITビジネス課 佐藤雄太、佐々木憲昭

 TEL:0172-44-8133

 E-Mail:info@j-world.co.jp

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社ジョイ・ワールド・パシフィック
代表者名 木村清勝
業種 精密機器

コラム

    株式会社ジョイ・ワールド・パシフィックの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域