ホルターモニター:心血管疾患の有病率の上昇により、強化されたモニタリング機器への需要が急増

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ホルターモニター (ホルター心電計) - 市場考察、競合情勢、市場予測:2030年」 (DelveInsight Business Research LLP) の販売を12月17日より開始いたしました。

ホルターモニターの概要

 

心血管疾患の世界的な有病率に上昇に伴い、新しく革新的な機器が開発されており、強化されたモニタリング機器への需要が急増しています。ホルターモニター(HM)は、心拍数など心臓の活動を測定する小型の電池内蔵装置です。この装置は、心臓に高いリスクを抱えた人々の心臓の動きを継続的にモニタリングするのに有用です。心拍数を計測することで、胸痛や不規則な心拍、不整脈などを感知することができます。ホルターモニターは、携帯型心電図とも呼ばれています。装置には通常の心電図と同じように電極と電気リードを備えていますが、数分間のみ記録する心電図とは異なり、装着中は心臓の活動を記録し続けることができます。

 

心臓の動悸や不整脈は永続的なものではないため、異常を発見するためには継続的なモニタリングが必要です。ホルターモニターで得た記録から、患者の心臓に適切な量の酸素が供給されているかどうか、心臓の電気インパルスが早いか遅いかを知ることができます。

 

ホルターモニター 市場は、コンポーネント別(ホルターモニター装置、ホルター解析システム・ソフトウェア)、エンドユーザー別(病院・クリニック、外来外科センター、自宅)に分類されています。

 

市場の推進要因

 

高齢者の増加、心血管疾患の有病率の増加、そして心臓病のリスクを回避するための予防措置への意識の高まりは、ホルターモニター市場の需要を増加させる主な要因となっています。

 

市場の抑制要因

 

ホルターモニターによるレポートを高精度に分析できる熟練した専門家の不足は、市場の成長を制限する可能性があります。

 

業界動向

 

ホルターモニター市場では、様々な技術開発や新製品の発表が行われています。ウェアラブルモニターは、患者の体験だけでなく、臨床医がデータを収集し、ECG(心電図)ベースの心臓の活動を分析する有効性を向上させてきました。より新しい技術により、微妙な心臓の反応も検出できるようになりました。2019年、Schillerは先進的なホルターモニター装置「medilogAR」を発売しました。この装置は最大14日間の記録容量を持ち、心房細動・心房粗動をスキャンし、睡眠中の潜在的な呼吸エピソードをスクリーニングする機能を備えています。

 

ホルターモニター市場は、地域別に、米国、EU主要五か国(ドイツ、スペイン、イタリア、フランス、イギリス)、日本に分類されます。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/del971247-holter-monitor-hm-market-insights-competitive.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域