アイキャッチ画像

インビトロ毒性試験の市場規模、2020年の91億米ドルから2025年までに149億米ドルに到達予測、動物実験への反対が主要な促進要因に

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「インビトロ毒性試験の世界市場 (~2025年): ウエスタンブロットアッセイ・組織培養アッセイ - COVID-19の影響」 (MarketsandMarkets) の販売を11月17日より開始いたしました。

インビトロ毒性試験の市場規模は、2020年の91億米ドルから2025年までに149億米ドルに達し、CAGR10.3%で成長すると予測されています。市場の成長は、動物実験への反対、技術の進歩、医薬品開発の初期段階で毒性を検出するための研究開発費の増加が主な要因となっています。

 

COVID-19 のインビトロ毒性試験市場への影響

 

インビトロ毒性試験市場は今後2年間で、約9.0%から11.0%のCAGRで成長すると予想されています。

 

より迅速な検査と研究に対する需要に伴い、インビトロ毒性試験技術、特に診断用アッセイとPCRに対する需要が増加しています。FDAは、COVID-19のテストおよび診断で使用するためのインビトロ診断アッセイ、PCR検査パネルや薬剤などのさまざまなインビトロ診断キットを承認しています。

 

COVID-19の流行は、米国で指数関数的なレベルで増加しています。これにより、病院や診療所への定期的な患者の受診が減少しているほか、通常の状況下で行われているプロファイリング試験の実施数も減少しています。このことが、市場の成長をある程度抑制するものと予想されます。

 

COVID-19の急速な流行により、一部地域で、製造拠点の一時的な閉鎖や、渡航制限による出荷の影響が出ており、医薬品や医療機器が供給不足のリスクにさらされています。

 

COVID-19は、渡航制限による輸送遅延や一部のドライバー不足の問題を除けば、インビトロ毒性試験技術の原料供給に大きな影響を与えていません。

 

世界経済の正常化により、保留されていた診断や他のパイプライン医薬品が徐々に増加し、2021年第1四半期以降の市場成長につながると考えられます。

 

促進要因:動物実験への反対

 

動物実験は非常に時間のかかるプロセスであり、関係する動物には高額な費用と計り知れない安全上のリスクが伴います。また、げっ歯類やウサギのモデルを使用することで、人獣共通感染症のリスクも高まります。2004年、欧州連合は、完成した化粧品の動物実験を禁止する法律を可決しました。その後、2009年には欧州連合内で化粧品成分の動物実験を禁止する法律が制定されました。これは、動物実験を行った化粧品の販売を禁止することによって、さらに改正されました。一方で、毒性、生殖毒性、トキシコキネティクスなどの複雑な毒性学的エンドポイントは、この禁止の対象から除外されました。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama956667-vitro-toxicity-testing-market-by-product-assay.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域