アイキャッチ画像

動物ワクチンの市場規模、2019年の63億米ドルから2025年には81億米ドルに到達予測 食肉消費量の増加や家畜、コンパニオンアニマルの増加が牽引要因

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「動物用ワクチンの市場規模:動物タイプ、技術、疾患、投与経路、流通チャネル、地域別、競合、予測および機会(2025年)」 (TechSci Research ) の販売を10月6日より開始いたしました。

動物ワクチンの市場規模は、2019年の63億米ドルから2025年には81億米ドルに達すると予測されています。食肉消費量の増加が市場を牽引する主な要因となっています。市場を牽引するもう一つの要因は、コンパニオンアニマルや、牛・馬・羊・豚などの家畜の増加です。この増加に伴い、動物の疾病数も増えており、動物ワクチン市場の成長につながっています。さらに、ペット文化の普及により、予防接種が飼い主の責任となっています。また、ワクチン接種に対する政府の取り組みも牽引要因となっています。さらに、動物由来の食品の需要も、市場の成長に影響を与えるもう一つの重要な側面です。

 

世界の動物ワクチン市場は、動物の種類、技術、疾患、投与経路、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。動物の種類別には、家禽、豚、牛・馬・羊などの家畜、コンパニオンアニマル、その他に細分化されています。このうち、牛・馬・羊などの家畜は畜産の中でも最も成長が早いため、2019年度は同部門が市場を支配しました。疾患別では、口蹄疫、ニューカッスル病、鶏伝染性気管支炎ウイルス、伝染性ファブリキウス嚢病、鶏痘、狂犬病などに細分化されています。これらの中でも口蹄疫は2019年の動物ワクチン市場を支配しました。

 

動物ワクチン市場の主要企業には、Zoetis、Inc.、Boehringer Ingelheim International GmbH、Elanco Animal Health Incorporated、Merck&Co。、Inc.、Ceva Sante Animale SA、Bayer AG、Virbac SA、Neogen Corporation、ImmuCell Corporation、Covetrusなどがあります。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/tsci955716-global-animal-vaccine-market-by-animal-type-by.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域