気道確保デバイス市場、COVID-19の影響により需要増加、2020年にはCAGR53.35%で21億5000万米ドル規模に成長予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「気道確保装置の世界市場(2020年~2030年):Covid -19の影響と成長率」 (The Business Research Company ) の販売を9月17日より開始いたしました。

気道確保装置の市場は、装置と関連サービスの売上で構成されています。気道確保装置は、患者の肺と大気の間の適切な空気交換のために、気道閉塞を防止および緩和するために使用されます。

 

気道確保装置の市場規模は、2019年の14億米ドルから2020年には21億5000万米ドルに拡大し、CAGR53.35%で成長すると予測されています。成長の主な要因は、COVID-19のパンデミックにより、気道管理デバイスが必要とされたことです。2023年には市場は安定し、CAGR 7.33%で成長し26億5000万米ドルに達すると予想されています。

 

呼吸器疾患の有病率の増加は、市場の需要を促進すると予想されます。気道確保装置は、医療処置中の気道確保の困難なケースで使用されます。国際呼吸器学会のフォーラム「United for Lung Health in 2019」の発表によると、毎年平均3億8400万人が慢性閉塞性肺疾患(COPD)に苦しんでおり、死因の第3位となっています。全世界では、年間176万人が肺がんで死亡しており、最も死亡率の高いがんとなっています。さらに、毎年1000万人が結核を発症し、3億3400万人が喘息に苦しんでいます。この状況が気道確保装置の需要につながり、市場の成長を後押ししています。

 

気道確保装置に関連する合併症や故障は、市場の成長を抑制しています。BioMed Research International Journalによると、気道確保装置に関連する懸念事項または合併症には、血管構造の圧迫、逆流、胃内容物の誤嚥、外傷、神経損傷などがあります。合併症の発生率が高くなると、装置の使用自体に疑問が生じ、市場の成長に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

 

革新的な気道確保装置の発売は、市場の形成を促進しています。たとえば、2019年1月に、気道管理デバイスを専門とする医療機器メーカーであるVerathonは、気管支鏡検査、ビデオ喉頭鏡検査、およびマルチモーダル気道検査で利用できる最も柔軟で包括的な気道視覚化システムであるGlideScope Coreの発売を発表しました。GlideScope Coreは、医療従事者がより多くを見て、より多くを実践するために役立つ最初の気道可視化システムでした。同様に、2020年6月には、Docsinnovent Ltdが猫とウサギの声門上気道デバイスであるV-gelの進化版を発売しました。

 

市場はタイプ別に、声門下気道管理デバイス、声門上気道管理デバイス、蘇生器、喉頭鏡、その他のデバイスに分類され、最終用途別には、病院、在宅医療に分類され、アプリケーション別に、麻酔、救急医療、その他に分類されます。

 

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/tbrc951594-airway-management-devices-global-market-report-30.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域