アイキャッチ画像

粘着ラベルの市場規模、2020年の465億米ドルから2025年には592億米ドルに達し、CAGR4.9%で成長予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「粘着ラベルの世界市場 (~2025年):フェイスストック・接着剤・リリースライナー」 (MarketsandMarkets) の販売を8月14日より開始いたしました。

粘着ラベルの市場規模は、2020年の465億米ドルから2025年には592億米ドルに達し、2020年から2025年までのCAGRは4.9%で成長すると予測されています。同市場の需要は、発展途上国の人々の可処分所得の増加と、コスト効率が高く効果的なラベル付けに対するメーカーの嗜好の変化に起因しており、その結果として人々は近代的なラベル付け技術に頼るようになりました。一方、様々なタイプのラベリング技術に関する知識の欠如が、ラベル需要を減少させる要因となっています。ラベル印刷に関しては、地域によって異なる環境規制があり、原材料コストの上昇も、製造業者が直面している重要な課題です。

 

リリースライナーラベルが粘着ラベル市場を牽引

 

種類別では、剥離ライナーが自己粘着ラベル市場で最大のシェアを占めました。リリースライナーラベルは、付属のライナーが付いた通常の自己粘着ラベルで、型抜きした際にラベルを保持するために剥離ライナーが付いているため、簡単にカットすることができ、様々な形状やサイズのラベルを用意することができます。一方、ライナーレスラベルの整形は正方形や長方形に限定されます。しかし、ライナーレスラベルの市場は、リリースライナーラベルの市場と同様に安定した成長が見込まれています。これは、ライナーレスラベルは生産時の無駄が少なく紙の消費量も少ないため、環境配慮の観点から好まれているからです。

 

フレキソグラフィは粘着ラベル市場を主導

 

フレキソグラフィが自己粘着ラベル市場をリードしました。これは、シンプルなデザインや色が適用されるため、紙やプラスチック容器(ワックスペーパーのもの)、段ボール箱、テープ、封筒、金属箔などさまざまな包装材料に利用可能で、最も速く、最も汎用性が高く、経済的で、効率的な印刷技術の1つです。

 

パーマネントラベルが粘着ラベル市場を支配

 

その特性により、パーマネントラベルは自己粘着ラベル市場で最大のシェアを占めました。同ラベルは最も一般的で費用対効果の高いラベルであり、その組成が非剥離性になるように作られているため、溶媒を使用してのみ除去できます。自己粘着ラベルへの永久接着剤の塗布は、通常、基材と表面材料だけでなく、UV(超紫外線)露出、湿気、温度範囲、および化学物質との接触などの環境条件に依存します。恒久的なラベルを除去すると、ラベルが破損されます。したがって、これらのラベルは、非極性表面、フィルム、段ボールに適していますが、高度に湾曲した表面のラベリングには推奨されません。

 

食品および飲料は、粘着ラベル市場で最大部門

 

用途別に見ると、食品・飲料部門は、自己粘着ラベル市場で最大のシェアを占めています。食品業界では、生鮮食品、肉、魚、魚介類、生鮮食品、鶏肉、惣菜などに多数の自己粘着ラベルが使用されています。利便性と品質の高い食品の需要の増加は、自己粘着ラベルの市場をリードしてきました。

 

APAC地域は、粘着ラベル市場で最大のシェアを占める

 

2020年から2025年まで、APAC(アジア太平洋)地域が粘着ラベル市場をリードすると予測されています。この地域での自己粘着ラベルの使用は、費用対効果、原材料の入手のしやすさ、インドや中国などの人口の多い国からの製品ラベルの需要により増加しています。この地域の食品・飲料、ヘルスケア、パーソナルケア産業における粘着ラベルの用途が拡大していることから、APACの粘着ラベル市場を牽引するものと期待されています。これらの国では人口が増加しているため、FMCG(日用消費財)製品や食品・飲料の巨大な顧客基盤となっています。 工業化、中間層人口の増加、可処分所得の増加、ライフスタイルの変化、パック製品の消費量の増加が粘着ラベルの需要を牽引すると予想されます。

 

【 当レポートの詳細目次 】

https://www.gii.co.jp/report/mama945518-self-adhesive-labels-market-by-composition.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

 

【本件に関するお問合せは下記まで】

販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション

Tel:044-952-0102

e-mail:jp-info@gii.co.jp

URL:https://www.gii.co.jp/

〒215-0004

神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域