アイキャッチ画像

スマレジのアプリケーションプラットフォーム 『スマレジ・アプリマーケット』を公開

株式会社スマレジは、スマレジのアプリケーションプラットフォーム「スマレジ・アプリマーケット(スマレジ4)」を2020年7月20日(月)に公開することをお知らせいたします。

多様なニーズや課題を抱える店舗と
最適なソリューションを提供する事業者・開発者をつなぐプラットフォームへ


スマレジのユーザーは、小売店、飲食店から各種サービス、病院などの医療機関、イベント事業者など多岐に渡ります。そして、個々のユーザーが求める機能は、業種や業態によって大きく異なります。
「スマレジ・アプリマーケット」は、多種多様な業種・業態の店舗を運営するスマレジのユーザーと、スマレジと連携して利用できるソリューションを開発する事業者・開発者をつなぐプラットフォームです。
スマレジユーザーは、管理画面のアプリマーケット上で店舗に必要な機能(アプリ)を検索し、スマレジと連携して利用することができます。また、ソリューション事業者・開発者は、開発者向けサイト「スマレジ Developers」上でAPIを活用してアプリケーションを開発し、アプリマーケットで販売することができます。


第一弾として8月に飲食店向けのアプリを順次公開予定


1.引換券モニターアプリ
スマレジの「引換券印刷」機能を利用している店舗でのご利用を想定したアプリです。
「引換券印刷」機能を利用している店舗で、商品の引渡し準備ができた際に、カスタマーモニターに「引換券番号」を表示するアプリケーションです。お客さまはモニターの表示を確認して商品をピックアップします。

2.Uber Eats 連携アプリ
スマレジとUber Eatsを導入している飲食店でのご利用を想定したアプリです。
Uber Eatsの注文データがスマレジに「売上データ」として連携されます。レジの二度打ちが不要になり、店舗の売上をスマレジで一元管理できます。

3.キッチンモニターアプリ
スマレジ・Waiter(キッチンプリンター)を導入している飲食店でのご利用を想定したアプリです。
スマレジ・Waiterのハンディで受けた注文を、キッチンに設置したモニターに表示する機能です。キッチンプリンターから出力される「キッチン伝票」の代わりに、キッチン内のiPadやAndroid端末に注文を表示します。


2万店のアクティブユーザーに向けてアプリを提供する事業者・開発者を募集中! 

 

スマレジ・アプリマーケットでは、約2万店のスマレジ・アクティブユーザーに対して店舗向けアプリを訴求できます。現在、法人・個人合わせて100以上のパートナーが、開発者向けサイト「スマレジ Developers」にアカウントを開設しており、アプリの公開に向けて準備を進めています。

開発にご利用いただけるAPIも順次拡充してまいりますので、店舗向けソリューション事業者・開発者の皆さまは是非、下記よりアカウントの作成をお願いいたします!

スマレジ Developers:https://developers.smaregi.jp/


今後のAPI公開スケジュール(予定)

アプリマーケット上でアプリケーションの提供を行う開発パートナーの事業者・開発者の皆さまに向けてスマレジのAPIを順次拡充していきます。
10月にPOS・Waiter関連の拡充、12月に在庫関連の拡充を予定しています。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社スマレジ
代表者名 山本 博士
業種 ネットサービス

コラム

    株式会社スマレジの
    関連プレスリリース

    株式会社スマレジの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域