地域医療機関・介護事業者向け専用融資商品 「城北レセプト・ファイナンス」の取り扱いを開始

 城北信用金庫(本店:東京都荒川区 理事長:大前孝太郎)は、電子記録債権ソリューション事業を展開するTranzax株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:大塚博之)と業務提携し、地域医療機関(病院・診療所等)や介護事業者に向けた融資商品「城北レセプト・ファイナンス」の取り扱いを開始しました。

 診療報酬債権・介護報酬債権を担保とする「城北レセプト・ファイナンス」は、一般的な医療機関・介護事業者向けのファクタリング(各種報酬債権の買い取り)サービスよりも低コストな資金調達手段として、短期の運転資金だけでなく、医療機械等の設備資金にもご利用頂ける新しい商品です。

 当金庫では引き続き、地域社会を支える医療機関や介護事業者に対する資金サポートに取り組んでまいります。

 

【商 品 概 要】

   商     品    名 :城北レセプト・ファイナンス

 取 扱 開 始 日:令和2年7月17日

 資  金  使  途 :運転資金・設備資金

 ご融資限度額 :運転資金(手形貸付)、月額診療報酬・介護報酬請求額の8割まで

           設備資金(証書貸付)、設備必要金額内

   担保・保証人 :社保・国保への診療報酬債権・介護報酬債権を担保とする。

                         保証人は原則不要

 

<城北レセプト・ファイナンスの仕組み>

■Tranzax株式会社 概要

設     立:平成21年7月

所   在   地:東京都港区虎ノ門1-12-9

事 業 内 容:電子記録債権を活用した新たな金融サービスの提供

子   会   社:Tranzax電子債権株式会社(電子債権記録機関、金融庁・

                  法務省指定)

資   本   金:2,025百万円

U   R   L:https://www.tranzax.co.jp/

 

Tranzax株式会社に関する過去のニュースリリース

URL:https://www.shinkin.co.jp/johoku/information/pdf/news_20190322.pdf

 

以上

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 城北信用金庫
代表者名 大前 孝太郎
業種 金融・保険

コラム

    城北信用金庫の
    関連プレスリリース

    城北信用金庫の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域