アイキャッチ画像

そろタッチ 早起きの習慣が継続中!キャンペーン終了後も早起き学習の記録を更新中!

株式会社Digika(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:橋本恭伸)は、同社開発アプリ「そろタッチ」の学習開始時間によるランキング(以下はやおきランキング)のトレンドの変化から、学校休校後に早起きをしてそろタッチを学習する生徒の比率が大きく減少していたことを受け、そろタッチ学習者向けに早起きを促進し、生活リズムを整える「おはそろチャレンジキャンペーン」を6月に実施しました。その結果、早起き学習者比率が緊急事態宣言中の5月から大幅に増加し、更にキャンペーン終了後の7月も継続して高い水準の早起き学習者比率を保っており、早起き学習の習慣化を見ることができます。今後も楽しく早起きを習慣づけることで生活リズムを整え、そろタッチで楽しく計算力をアップし数字に自信を!

株式会社Digika(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:橋本恭伸)は、同社開発アプリ「そろタッチ」の学習開始時間によるランキング(以下はやおきランキング)のトレンドの変化から、学校休校後に早起きをしてそろタッチを学習する生徒の比率が大きく減少していたことを受け、そろタッチ学習者向けに早起きを促進し、生活リズムを整える「おはそろチャレンジキャンペーン」を6月に実施しました。

 

5月プレスリリース記事:https://www.value-press.com/pressrelease/243635

 

キャンペーンにより、早起き学習者比率が緊急事態宣言中の5月に比べ+16.3ポイントと大幅に増加、30.3%となり、休校以前よりも多くの生徒が朝のそろタッチ学習に取り組む結果となりました。

更にキャンペーン終了後の7月も継続して30%に迫る高い早起き学習者比率を保っており、早起き学習の習慣化を見ることができます。

 

また同社では楽しく目標をもって学習継続できるようなオンラインイベントの開催も予定しています。

https://www.sorotouch.jp/info/sorofes2020.php

 

生徒が今後も楽しく早起きを習慣づけることで生活リズムを整え、そろタッチで楽しく計算力をアップし数字に自信を!!

 

 

 

【そろタッチとは】

「そろタッチ」は、iPadを使ってそろばん式暗算を短期効率的に楽しく習得する新しい暗算学習法です。

5歳~8歳の子供が毎日「そろタッチ」を進めると、2年間で一生の財産となるそろばん式暗算上級レベルが身につきます。

四則計算を「見て解く・聞いて解く」とバランスよく学習することで、数字を読み解く力が向上し、算数はもちろんのこと、日常生活にも役立つ実用的な暗算力が身に付きます。伝統的なそろばん式暗算と最新のテクノロジーを組み合わせて開発された「そろタッチ」は日々進化しつづけており、2017年日本e-Learning大賞の頂点となる「最優秀賞」、2018年キッズデザイン賞受賞、2019年には日本企業初のSXSW EDU Launch Competitionのファイナリストに選出されました。

そろタッチで幼少期から能力が伸びる体験を通じて「自信」ひいては「Growth Mindset(経験や努力によって自分は成長できるという考え方)」を育み、全ての学びの土台を築きます!

 



 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社Digika
代表者名 橋本恭伸
業種 教育

コラム

    株式会社Digikaの
    関連プレスリリース

    株式会社Digikaの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域