アイキャッチ画像

テイクアウトアプリ「クリックディッシュ」の親会社が5月26日、官民連携事業研究所と連携。地方自治体へのアプローチを加速、行政の負担減らし飲食店を支援

新型コロナウイルスの感染拡大で変化した生活スタイルに対応するための取り組みです。行政への連携を得意とする会社と提携し、日本のテイクアウト文化の定着を目指します。

カナダ発のテイクアウトアプリ「ClickDishes(クリックディッシュ)」を提供するClickDishes Japan株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:塚本信仁)の親会社シークリーホールディングス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高見真也)は5月26日(火)、株式会社官民連携事業研究所(本社:大阪府四條畷市、代表取締役社長:鷲見英利)と連携する契約を締結しました。地方自治体へのアプローチを加速することが目的です。連携によって行政機関の負担を減らし、飲食店の助けになる提案が可能になります。

 

▼テイクアウトアプリ「ClickDishes(クリックディッシュ)」:

https://www.clickdishes.jp

 

■行政機関の負担を減らし、飲食店の支援となる提案が可能に

テイクアウトアプリ「ClickDishes(クリックディッシュ)」は販売機能、端末から店舗への通知、決済とテイクアウトの一連の流れを全てカバー。現在、地方都市を中心に加盟店を拡大しており、年内に2000店舗以上の導入を実現し、多くの方の地元で一番使われるテイクアウトアプリになることを目指しています。

 

新型コロナウイルスの感染拡大によって巣ごもり需要が増え、生活スタイルも変化しました。行政機関でも、新しい生活様式に合わせ「テイクアウトマップ」を作るなどで対応していますが、オペレーションは電話での受注、現地での現金決済など効率的な運営とは程遠いものがあります。

 

そこで行政との連携を得意分野とする株式会社官民連携事業研究所と連携して行政機関の負担を減らし、実際に飲食店の支援となる提案を可能にしました。

 

<株式会社官民連携事業研究所の得意分野>

・社会問題解決や地域の発展に資する官民連携施策の創出と実行。

・リテラシー向上や具体的事例から官民連携を実現できる企業や自治体を増やすこと。

・企業や自治体との官民連携事例を多く誕生させ、連携数を拡大すること。

・自治体が参考にできるデータベースの充実により、官民連携の実現を容易にすること。

 

▼株式会社官民連携事業研究所|公式サイト:https://p4rl.com

 

■各自治体との連携協定等の取り組みを加速化

株式会社ClickDishes Japanの親会社であるシークリーホールディングス株式会社は、幅広く飲食店連携事業やITサービスを営んでいます。行政との連携を得意分野とする株式会社官民連携事業研究所との連携により、日本各地の自治体と連携協定等の取り組みを加速させることが可能となりました。

 

新型コロナウイルス感染症拡大による経済の悪化への対策、飲食店のサポートだけでなく、テイクアウト文化とも言うべき概念を定着させ、インバウンド観光との連動をベースにした観光業の振興、それによる地域振興、自治体とともにまちづくりの協働事業の創設などを進め、中食文化振興をコアにした官民連携モデルを日本各地の自治体の複合的課題解決へと発展させて参ります。

 

1.産業振興・農業振興

  地元飲食店の収益力強化、地元生産者・地元飲食店連携プロデュースで地産地消・地産全消

2.インバウンド政策

  ご当地グルメ企画、ムスリム・ベジ対応、キャッシュレス化、外国人材活用、多言語対応等で地

域の美味しさを観光のコアへ

3.グルーバルMICE強化

  和食のグルーバルGAP対応、食を通じた世界中のコミュニティとのつながり

4.障害者福祉

  中食産業振興をとおした障害者自立化支援

 

さらに教育機関等の公共組織や、社会問題解決型の商品やサービスを提供する企業との連携も視野に入っています。具体的には以下のような町おこしのための支援が可能です。

 

〈主な支援内容〉

・助成金申請のフォロー

・テイクアウトメニューの企画開発

・商品の盛り付け方の提案

・売れ筋商品の情報提供

・容器の提案と調達

・食材の提案と調達

・チラシやポスターなど販促物の企画と作成

・デジタルマーケティング支援(Googleマイビジネス運用フォローなど)

・テイクアウトアプリ導入に伴うオペレーションの運用フォロー

・グループのネットワークを使った販路拡大支援(yuizen、catering selection)

 

▼シークリーホールディングス株式会社|公式サイト:https://cqree-holdings.jp  

シークリーホールディングス株式会社組織図  

テイクアウトアプリ「ClickDishes(クリックディッシュ)」は、今後もテイクアウトを通じて日本の食文化を支えていきます。同時に飲食店やその顧客と歩調を合わせて成長し、皆様に愛されるアプリになるようにサービスを推進する考えです。

 

【株式会社官民連携事業研究所について】

本社:〒575-0002 大阪府四條畷市岡山1-3-12 上邨ビル2階

代表者:代表取締役社長 鷲見英利

設立:2018年11月

URL:https://p4rl.com

事業内容:自治体との連携事業形成のプロフェッショナルとして地方自治体を強固に結び付け、他の自治体も倣う事業の実現をサポート

 

【シークリーホールディングス株式会社について】

本社:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-11-1第五花田ビル4F

代表者:代表取締役社長 高見真也

設立:2017年8月

URL:https://cqree-holdings.jp

事業内容:飲食店連携、飲食店フォローアップ、法人団体向け有名店の料理の配膳、海外でのテイクアウトアプリ「ClickDishes」など広く飲食店連携事業他を展開

 

【株式会社ClickDishes Japanについて】

本社:〒141-0031 東京都品川区東京都品川区西五反田7-11-1第五花田ビル4F

代表者:代表取締役 塚本信仁

設立:2019年10月

電話番号:03-6431-9998

URL:https://www.clickdishes.jp

事業内容:テイクアウトアプリ「ClickDishes」の運営



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ClickDishes Japan株式会社
代表者名 塚本信仁
業種 外食・フードサービス

コラム

    ClickDishes Japan株式会社の
    関連プレスリリース

    ClickDishes Japan株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域