アイキャッチ画像

無農薬の“食べられるバラ”の生産・加工・販売を手がけるROSE LABOが、「第9回渋沢栄一ビジネス大賞」で奨励賞を受賞!

新しい事業展開や技術開発で飛躍をめざす埼玉県内の中小企業を表彰する制度に応募し、2月5日(水)に行われた表彰式で奨励賞を受賞。埼玉県深谷市に本店を置く企業として、同じ深谷市出身で日本近代経済の基盤づくりに貢献した渋沢栄一の精神を受け継ぐ取り組みが高く評価されました。

「“食べられるバラ”を通して、世界中の人々を美しく、健康に、幸せにする」をコンセプトに、多彩な商品の開発・販売などを手がけているROSE LABO(ローズラボ)株式会社(本社:埼玉県深谷市、代表取締役:田中綾華)は2月5日(水)、さいたま市の大宮ソニックシティで行われた「第9回渋沢栄一ビジネス大賞」で奨励賞を受賞しました。埼玉県深谷市に本店を置く企業として、同じ深谷市出身の渋沢栄一の精神を受け継ぎ、新しい事業展開や技術開発で飛躍をめざす姿勢が高く評価されました。

▼ 1月17日付県政ニュース「『第9回渋沢栄一ビジネス大賞』4企業が受賞―株式会社SAMURAI TRADINGが大賞を受賞―」(埼玉県公式ウェブサイト):http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0117-04.html

▼ ROSE LABO(ローズラボ)公式ウェブサイト(トップページ):https://www.roselabo.jp/


■埼玉県深谷市出身で、日本の近代経済の基礎づくりに貢献した渋沢栄一の精神を受け継ぐ企業としてROSE LABO(ローズラボ)が奨励賞を受賞!

2011年度から埼玉県が実施している「渋沢栄一ビジネス大賞」は、「新規性・独創性などにあふれる新たな事業展開や、革新的で将来性のある優れた技術・製品開発に取り組む企業」を募り、審査委員会での審査を経て、埼玉県が「大賞」、「奨励賞」、「特別賞」などを決定するものです。

▼ 「渋沢栄一ビジネス大賞」紹介ページ(埼玉県公式ウェブサイト):http://www.pref.saitama.lg.jp/a0803/taisyo.html

“日本近代経済社会の父”といわれる渋沢栄一(1840~1931)は、埼玉県深谷市出身で孔子の教えである「論語」を生涯の行動規範とし、日本の近代化に必要な産業・企業の創立・育成に尽力して約500社の企業設立に関わりました。

ROSE LABO(ローズラボ)は、同じ深谷市に本店を置く企業として、渋沢栄一の精神と偉業に深く共感してこの表彰制度に応募。2月5日(水)、さいたま市の大宮ソニックシティで行われた表彰式では「奨励賞」とともに次のような講評をいただきました。

「理念や社会性はもちろんだが、平均年齢が67歳という農業界において若い世代の女性たちが一丸となり、しっかり事業として会社を成長させている点を高く評価しました」

ROSE LABOは2015年9月の設立以来、土や農薬を使わずに“食べられるバラ”を自社栽培して飲食店などに提供しているほか、冷凍保存したものをローズジャムやローズティーなどの加工食品として販売。さらにオリジナル化粧品シリーズ「24(トゥエンティフォー) ROSE」を開発し、全国約90店舗で販売するなど“農業”を基本に、“6次産業”としてのビジネスモデル確立と事業展開に取り組んできました。

2020年秋には4アイテムの新商品発売を予定しているほか、農業の現場に触れ合う機会を増やすとともに、小学校、中学校、高校への出張授業や講演活動を通して、次の時代を担う世代が職業として「農業」、「農家」を選ぶのがあたりまえになるような社会の実現をめざす活動にも取り組んでいきます。


■“食べられるバラ”から化粧品用のオリジナル品種「24(トゥエンティフォー)」を開発しオリジナル化粧品を全国展開

ROSE LABO(ローズラボ)は自社栽培している“食べられるバラ”から化粧品用のオリジナル品種「24(トゥエンティフォー)」を開発。2018年6月2日(土)の“ローズの日”に初めての自社ブランド化粧品を発売しました。

ROSE LABOが独自開発したオリジナル品種の「24」は、ほかの品種よりビタミンAが10倍以上、ビタミンCが2倍以上多く含まれています。この品種の特徴とメリットを生かして、ローズ水やローズエキスを抽出し、独自配合したオリジナル化粧品シリーズ「24(トゥエンティフォー) ROSE」を全国約90店舗で販売しています。

▼ ROSE LABO(ローズラボ)独自開発・販売オリジナル化粧品シリーズ「24(トゥエンティフォー) ROSE」紹介ページ:「24ROSE スペシャルセット」https://www.roselabo.jp/fs/roselabo/beauty/gd63
「化粧品開発へのこだわり」https://www.roselabo.jp/about/products/


【ROSE LABO(ローズラボ)株式会社について】
本社・栽培地:〒366-0814 埼玉県深谷市
東京事業所:〒107-0062 東京都港区南青山3-3-6 クアルソ南青山1階
代表者:代表取締役 田中綾華
設立:2015年9月
電話番号:03-6277-8755(東京事業所代表)
URL:https://www.roselabo.jp/ 
事業内容:農薬不使用の「食べられるバラ」の栽培、「食べられるバラ」を使った加工食品およびオリジナル化粧品シリーズ「「24(トゥエンティフォー) ROSE」の企画・開発・販売ほか


【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:ROSE LABO株式会社
Email: info@roselabo.com

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ROSE LABO株式会社
代表者名 田中 綾華
業種 農林水産

コラム

    ROSE LABO株式会社の
    関連プレスリリース

    ROSE LABO株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域