アイキャッチ画像

NINJA SKILL BALLERZの「バスケ×三味線×和太鼓」パフォーマンス動画が、公開後20日間で200万回再生を突破!

日本由来の忍者をモチーフにしたフリースタイルバスケットボールチーム NINJA SKILL BALLERZの「バスケ×三味線×和太鼓」パフォーマンス動画が、公開後20日間という異例の速さで200万回再生を突破、海外を中心に1万7000件以上シェアされたことをお知らせ致します。

フリースタイルバスケットボールチーム NINJA SKILL BALLERZが2020年1月28日(火)にFacebookに投稿したパフォーマンス動画が、2月17日(月)に200万回再生という大台を突破、話題の動画として再生回数を伸ばし続けています。動画は海外を中心に1万7000件以上シェアされ、世界各国から500件以上のコメントも寄せられています。

 

■NINJA SKILL BALLERZパフォーマンス動画「忍者式籠球部隊」  

Facebook動画URL:

https://www.facebook.com/watch/?v=197522218039020

YouTube動画URL:

本作はバスケットボールを使った凄技という側面だけではなく、津軽三味線や太鼓を取り入れた「和」をイメージしたパフォーマンスに加え、彼らのルーツに迫る内容となっています。和太鼓と津軽三味線の織り成す迫力ある演奏に合わせた、「FLOW NINJA」ことZiNEZ、「SPIN NINJA」ことISSEI、「MULTI-BALL NINJA」ことTaMaの3人の卓越した技術にご注目ください。


◼︎NINJA SKILL BALLERZ とは  

 

フリースタイルバスケで日本一を何度も勝ち取ったメンバーのみで結成。5人が獲得した日本タイトルは合わせて15個以上。世界大会の優勝、国際大会の審査員も経験する、レジェンド達が集まった世界最高水準のチームが結成された。2018年7月に公開されたプロモーションムービーは、世界中で拡散され、Facebook上で公開後わずか10日間で100万回再生超えを記録。その1ヶ月後には、日本テレビ「スッキリ」にて「世界で活躍するパフォーマー」としてパフォーマンスを地上波生放送で初披露した。まだ競技人口・認知ともに十分ではないこの文化を牽引する存在として、日本独自の"忍者"をモチーフにし、国内で洗練されたフリースタイルバスケットボールの魅力を世界に再発信していく。

 

◯HP

https://www.ninjaskillballerz.com/

 

◯INSTAGRAM

https://www.instagram.com/ninjaskillballerz/

 

◯Twitter

https://twitter.com/nsb_jp?lang=en

 

◯Facebook

https://www.facebook.com/Ninjaskillballerz-220689865365053/

 

◯Youtube

https://www.youtube.com/watch?v=jqK8mmd5d5s

 

◼︎NINJA SKILL BALLERZ メンバー  

 

◯ZiNEZ : FLOW NINJA

2008年、2009年と日本で行われたフリースタイルバスケットボール日本一決定戦において、史上最年少優勝と初の連覇を成し遂げ、その後も様々な大会のタイトルを量産。2009年には、アリゾナ州で行われた国際大会にて優勝を納め、日本人初の世界チャンピオンに。自身にとって初の日本一タイトル獲得から10年という節目となった2018年、bac to pec 2018 FAINAL においても、フリースタイル部門での日本一2連覇を達成し、名実ともにフリースタイルバスケットボールシーンを牽引する存在として活躍中。

 

◯Whitea:DRIBBLE NINJA

B.LEAGUE 1部のレバンガ北海道専属フリースタイルバスケットボーラーとして契約。超スピードかつ繊細な、シルエットの美しいドリブルのスペシャリスト。2016年度末に行われた世界大会KHOTでは、見事3位を勝ち取る。国内最大級の大会btpでは、2018年大会も他を寄せ付けず、ドリブル部門にて前人未到の5連覇を達成。

 

◯BUG!?:BIG-MOVE NINJA

Break Danceなど様々なカルチャーの動きを取り入れたビッグムーブのスペシャリスト。FSBB日本一決定戦では三度日本一の座に輝く。ヨーロッパ、LA、アジア各国でもパフォーマンスツアーを行い、世界を股にかけ活動中。競技バスケットボールの世界選手権のプロモーションチームとして抜擢され、国際試合でのハーフタイムショーを実現。2018年、ももいろクローバーZのワンマンライブ「ももクロマニア」にてゲスト出演、65000人の前でアーティスト×フリースタイルバスケのパフォーマンスを披露。

 

◯ISSEI:SPIN NINJA

指先でボールを回す、ボールスピンのスペシャリスト。 2016・2017・2018年に渡り、国内最大級の大会「bac to pec」にて、世界中からトッププレイヤーが参戦するスピン部門で3連覇を果たす。2018年に行われた中国最大規模のFSBPには招待選手として参戦し、見事優勝を勝ち取る。

 

◯TaMa:MULTI-BALL NINJA

複数個のボールを同時に取り扱う、マルチボールスタイルのスペシャリスト。2010年にはFSBB日本一決定戦でも優勝を果たし、マルチボール部門の大会においても2度の優勝を飾る。Bリーグでのパフォーマンスも多数経験。

 

◼︎NINJA SKILL BALLERZメンバー出演情報  

 

Ninja Skill BallerzからメンバーのZiNEZ・ISSEIが、3/21(土)に開催されるフリースタイルバスケットボールの日本一を決める全国大会「JFBC2020/フリースタイルバスケットボールバトル日本一決定戦」に出場致します。

 

◯JFBC2020 開催概要


開催日:2020年3月21日(土)
主 催:日本フリースタイルバスケットボール協会
会 場:Star Rise Tower Studio Earth
住 所:〒105-0011 東京都港区芝公園4-4-7
時 間:15:00 ~ 20:00 予定 ※時間は変更になる場合がございます。

大会情報:https://freestylebasketball.themedia.jp/

観戦チケット:https://jfbc2020.peatix.com/ (前売は2020年3月20日まで)

 

各地で開催されている提携大会で成績を残したプレーヤーと、過去日本一決定戦で好成績をおさめた協会推薦選手を招待。これらの招待選手に、当日予選の狭き門をくぐり抜けた選手数名が加わり、フリースタイルバスケ日本一の座をかけて争う大会がこのJFBC(Japan Freestyle Basketball Championship)です。現在プロとして活躍するプレーヤーや世界王者達も、この日本一決定戦から多数輩出されています。2020年の本大会は3月21日(土) 、東京都、Star Rise Tower内最大会場のStudio Earthにて開催致します。



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社 SIL
代表者名 瀬川恭平
業種 エンタテインメント・音楽関連

コラム

    株式会社 SILの
    関連プレスリリース

    株式会社 SILの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域