アイキャッチ画像

中堅・中小企業のマーケティングなどに役立つブログ機能などを実装! ウェブラボが独自開発・提供の「サイト職人CMS」最新バージョンを1月16日にリリース

本的なPCスキルがあれば管理画面から簡単にウェブサイトの更新・管理が可能なツール「サイト職人CMS」がさらに便利に使いやすくなりました。複数のブログ作成・管理やお知らせの設置、一覧画面からの編集など中堅・中小・ベンチャー企業にとって活用しやすい機能とインターフェースを実現しています。

法人向けウェブサイトの企画・制作・運営などを手がけているウェブラボ株式会社(東京本社:東京都新宿区、代表取締役:山浦 仁)は1月16日(木)、自社開発のホームページ制作サービス「サイト職人CMS」に複数のブログやお知らせを設置・管理できるなどの新機能を実装した最新バージョンをリリースします。専門的な知識やスキルがなくても管理画面から手軽にウェブサイトの更新・管理ができ、中堅・中小・ベンチャー企業に最適なツールがさらに便利に使いやすくなります。

 

▼ 「サイト職人CMS」紹介ページ(ウェブラボ公式ウェブサイト):https://www.site-shokunin.com/

 

 

■基本的なPCスキルだけでウェブサイトの更新・管理が可能な「サイト職人CMS」の最新バージョンをリリース

 

ウェブラボが2006年10月にリリースした「サイト職人CMS」は、次のような魅力やメリットのある独自開発のウェブサイト作成・管理ツールです。

 

1.基本的なPCスキルだけで管理画面からウェブサイトの更新・管理が可能

 

2.SEO(検索エンジン最適化)対策を意識した多彩な機能を実現

World Wide Web Consortium(W3C)※が定めるウェブ標準規格に準拠したHTMLの生成、Google用のサイトマップXMLやパンくずリストの自動生成、metaタグ設定機能などSEO(検索エンジン最適化)対策に役立つ機能を実現しています。

※World Wide Web Consortium(W3C) World Wide Web(WWW)で使用される各種技術の標準化推進を目的に設立された非営利団体

 

3.直感的で操作しやすいインターフェースを実現

フォームへの入力や管理画面でのドラッグ&ドロップなど、基本的なPCスキルがあれば簡単に操作できるインターフェースを実現しています。中堅・中小・ベンチャー企業にとって、専門部署や専門スタッフを設けなくてもリーズナブルなコストで、自社のウェブサイトをオウンドメディア施策として活用できるツールです。

 

1月16日(木)リリースの最新バージョンでは、新たにブログ機能を追加。テーマに応じた複数のブログ作成・管理やお知らせの設置、一覧画面からの編集などユーザーニーズを満たす使いやすく便利な機能を実現しています。

 

 

■1月16日(木)リリース! ウェブラボ独自開発・提供ツール「サイト職人CMS」最新バージョンのおもな新機能

 

1月16日(木)に最新バージョンをリリースする「サイト職人CMS」で実現しているおもな新機能は次のとおりです。

 

1.管理画面で複数のブログ設置と管理ができる機能を実現

これまで外部ツールを活用していたブログを管理画面から複数、設置・管理できるようになりました。

 

2.複数の「お知らせ」を設置・管理可能に

これまで1つのみの設定だった「お知らせ」の設置・管理が複数できるようになったほか、カテゴリー登録機能を実現して閲覧ユーザーへの情報提供と誘導に役立ちます。

 

3.「ページ一覧画面」で新規作成や追加などの管理が可能に

「ページ一覧画面」でドラッグ&ドロップによる階層の移動やページの追加などの管理ができるようになりました。

 

4.「入力フォーム」の設置・管理がさらに使いやすく

入力フォームの入力項目をドラッグ&ドロップによる操作で簡単に設定ができるようになりました。さらに、「初期表示文字」や注釈も管理画面で設定できます。

 

5.「アクセスログ解析ツール」を埋め込める個所が1か所から計4か所へ

これまで「</head>タグ」の前にしか埋め込めなかった「アクセスログ解析ツール」を、「<head>タグ直後」、「<body>タグ直後」、「</body>タグ直前」にも埋め込めるようになり、計4か所への設置が可能になりました。

 

ほかにも、次のような新機能を実現しています。

1.常時SSL化に対応して、よりセキュアなコンテンツ編集とテストが可能に

2.「更新記録」の対象種類が増えて、さらにきめ細かな更新と管理が可能に

3.「ファビコン画像の登録」が可能になり、ウェブサイトの視覚アピール度のアップが可能に

4.「OGPタグ設定機能」で、SNS共有時の訴求力がアップ

5.「ページ基本設定」を改善して、さらに直感的な編集・管理が可能に

6.ブロック内に「入力のヒント」を表示して、担当者の疑問を解消

7.利用ユーザーの名前と画像設定機能で、確認が容易に

8.「設定」と「メンテナンス」機能が1つの画面になって管理が容易に

 

公式ウェブサイトでは「サイト職人CMS」の具体的な導入・活用メリットのほか、導入企業・事業者の制作事例、問い合わせ先、問い合わせフォーム、出張デモ、資料請求・見積依頼のリンク先を掲載しています。

 

▼「サイト職人CMS」紹介ページ(ウェブラボ公式ウェブサイト):

https://www.site-shokunin.com/

 

 

【ウェブラボ株式会社について】

東京本社:〒160-0004 東京都新宿区四谷2-12-5 四谷ISYビル9F

代表者:代表取締役 山浦 仁

設立:2004年10月

電話番号:03-5366-3277(代表)

URL:https://www.weblab.co.jp/

事業内容:ウェブサイトの企画・制作・運営・コンサルティング、ウェブマーケティングソリューションの開発・提供、オンライン広告代理事業ほか



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 ウェブラボ株式会社
代表者名 山浦 仁
業種 ネットサービス

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域