これからの地域包括ケアを考える ~ケアマネジャー、介護事業者との連携の中で首都圏から広がる在宅医療ネットワーク「医療法人社団悠翔会」の挑戦~

大阪市とアジア太平洋トレードセンター株式会社が設置するATCエイジレスセンター(所在地:大阪市住之江区南港北2-1-10)では、介護・医療関係の方々に向けたセミナー「これからの地域包括ケアを考える~ケアマネジャー、介護事業者との連携の中で首都圏から広がる在宅医療ネットワーク『医療法人社団悠翔会』の挑戦~」を2020年3月10日に開催いたします。

大阪市とアジア太平洋トレードセンター株式会社が設置するATCエイジレスセンター(所在地:大阪市住之江区南港北2-1-10)では、介護・医療関係の方々に向けたセミナー「これからの地域包括ケアを考える~ケアマネジャー、介護事業者との連携の中で首都圏から広がる在宅医療ネットワーク『医療法人社団悠翔会』の挑戦~」を2020年3月10日に開催いたします。

 

タイトル:「これからの地域包括ケアを考える~ケアマネジャー、介護事業者との連携の中で首都圏から広がる在宅医療ネットワーク『医療法人社団悠翔会』の挑戦~」

日時:2020年3月10日(火)13:30~16:30

1)場所:ATCエイジレスセンター(大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟11階)

2)対象:介護・医療関係者

3)主催:ATCエイジレスセンター(大阪市 アジア太平洋トレードセンター株式会社)

4)共催:株式会社シルバー産業新聞社

5)スケジュール:

①基調講演(90分) 講師 佐々木淳先生(医療法人社団悠翔会理事長・診療部長)

ケアマネジャー、介護事業者との連携の中で首都圏から広がる在宅医療ネットワーク『医療法人社団悠翔会』の挑戦

<佐々木淳氏プロフィール>

1998年 筑波大学医学専門学群卒業、社会福祉法人三井記念病院に内科研修医として入職。その後、内科・消化器内科医員を経て、2003年 東京大学大学院医学系研究科博士課程に入学。2006年 大学院を退学し、東京都千代田区に在宅療養支援診療所MRCビルクリニックを開設。2008年に法人化(医療法人社団悠翔会)、理事長に就任。現在、首都圏一都三県に在宅療養支援診療所を12拠点開設。76名の医師とともに4500人の在宅患者さんに24時間体制の在宅総合診療を提供している。

②講演(45分) 講師 堀田護氏(株式会社シルバー産業新聞社 編集部 営業課長)

大阪府地域医療構想に見るこれからの医療・介護の在り方

③名刺交換会他

6)参加費:1000円

7)定員:100名

8)申し込み:ATCエイジレスセンターのホームページ(https://www.ageless.gr.jp/)からお申込みください。

9)お問い合わせ:tel 06-6615-5123 (月曜休館)

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ATCエイジレスセンター
代表者名 東信作
業種 医療・健康

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域