アイキャッチ画像

2020.1/18(SAT)[dig your own TECHNO~自身のテクノをディグれ~]第3弾デジタルロックパーティ開催!

新旧世代が交錯する夜になるデジタルロックパーティ開催!20代には目新しくテクノのルーツを知ってもらい、アラフォーオーバーには懐かしさも味わってもらう。  「テクノの再燃」を求めてレーベルやメディアと協力し、東京のクラブで周年パーティーを計画。[dig your own TECHNO~自身のテクノをディグれ~]と題して開催し、同店の常連さんである某国立大に通う現役大学生TeresaがDJでリリースなども実施し、世界デビューする。そして、5周年に向けて様々なイベントを打っていく。主催のTechno Bar dfloorは2020年5月5日、5周年の節目の年を迎える。

 

5周年に向けたイベントロゴで協力してくれるレーベルとメディア名そして、5周年と五感をかけたイラストを添えている。

 

「テクノの再燃」を求めてレーベルやメディアと協力する企画[dig your own TECHNO~自身のテクノをディグれ~]

テクノのニュームーヴメント2020を掲げた企画チーム「dig your own TECHNO」(以下、DYOT)が、去年の夏からイベントを実施してきた。

新年のイベントは、通算第三弾目となる以下のデジタルロックパーティーだ。

若い人が、夜な夜な集う大阪の繁華街アメリカ村。そのエリアに位置するart dining DOWNが会場だ。ここに集う若者に90年代テクノのルーツ知ってもらいたい。そして、当時を懐かしむであろうアラフォー世代のテクノリスナーとの交流も図ってもらいたい。

 

 当時の肌感覚を持ったDJ陣と現代の感覚を持ったdj Teresa率いるチームDYOTとの融合により、次のリスナーになる若い人にテクノを好きになってもらう企画だ。今回は、フリーパーティーということで学生さんも集まりやすいと考えている。

 クラブ・ダンス界隈でイージーリスナー・ヘビーリスナーもポップに楽しませてくれる重鎮であるファンスタスティックプラスチックマシーンこと田中知之氏がメインゲストとし、大阪の音楽界隈でも名を馳せているdj Kenji Maruiを迎える。そして、今回の企画に賛同してくれた大阪のロックシーンを牽引するロックBAR ROCK ROCKの元店長で、現ダイアモンドロックスBARのオーナーバーテンダーであるdj NOVも参戦する。更にart dining DOWNからは、ロックDJとして多数活躍するdj SCASSIUSも参戦する。まさにロックとテクノの融合によるデジタルロックパーティーだ。

その錚々たるメンバーがdj Teresaを筆頭にDYOTチームが大阪の夜とこれからのテクノシーンを更に盛り上げていく。

2020年5月の東京でのパーティー開催までのイベントは後一回用意されており、それも楽しみにしておいて欲しい。

   テクノが好きな店主がどの世代にもテクノを聴いて欲しいと願い続けている。

現在、アパレルメーカーとのコラボも決定している。引き続き様々な協力者を求む。

 

問合せは、technobardfloor@gmail.com テクノBAR店主 YaMaO

 

 

◾︎5周年企画:ティザーパーティー

 2019年8月31日深夜、大阪梅田の某所で、国内唯一のテクノBARドフロアー(以下、ドフロアー)主催のパーティーが開催された。同店5周年企画「dig your own TECHNO~自身のテクノをディグれ~」の幕開けとなるティザーパーティーで、招待された音楽関係者が100名近く集った。

 2015年5月5日5:55pmにオープンした同店のオーナーYaMaO(ヤマオ:以下YaMaO)は、90年代に国内で起こったテクノの一大ムーヴメントが忘れられず、「テクノの再燃」を願い同店をオープンし多岐に渡るイベントも手掛けてきた。20年近くクラブ系テクノミュージックのブームは起きていないが、来年の5周年企画で仕掛ける「テクノの再燃」に向けた決起集会だった。周年までに全4回のイベントを開催予定。

〈dfloorとは〉

 店名の「dfloor(ドフロアー)」は、YaMaOが高校2年の夏に初めて聴いたテクノである「Hardfloor」というドイツのユニットからで、電気グルーヴのオールナイトニッポンラジオで、石野卓球氏が彼らのことを「ドフロアー将軍」とあだ名をつけたことに由来している。同店には、ハードフロアー本人たちも来店している。

 

◾︎5周年企画:Teresaが東京とテクノを通じてコラボをする

 dfloorをオープンしてからクラブイベントを何度も開催してきたが、クラブ界隈が盛り上がっていないと実感した事が今回の企画のキッカケだ。2011年の風営法によりクラブ界隈全体がシュリンクしている、そういった現状を嘆いたYaMaOが舵を取る。石野卓球氏とも交流が深く毎年フジロックに出演しているSUGIURUMN(スギウラム)氏率いるBass Works Recordingsクルーとタッグを組み、大阪〜東京間を結ぶ周年イベントを計画。全国の20代に人気のEDM(エレクトロニックダンスミュージック)リスナーにも、そのルーツである'テクノをディグる'と喚起していく意気込みだ。

 この5周年企画の一環で、現役女子大生TeresaのDJデビューが決定。YaMaOの「テクノの再燃」を願う想いと、同店に通うTeresaさんの「テクノは、カッコイイ音楽だから若い子に聴いて欲しい!」という想いが合致し、YaMaOは”願う”だけでなく”仕掛ける”へ意識をシフトし、今回のデビュー計画に至った。

  Teresaが東京でDJをする際の共演者は、ドフロアーと同じく5周年を迎える東京の和製テクノレーベルSPECTRA、音楽メディア配信会社であるスピンコースターの三者が、同じ5周年同士で盛大にテクノのムーヴメントを打ち出す計画だ。その他、TeresaさんのSHOWROOMによるDJ生配信等も計画しており、他にもテクノのルーツを使ったデジタルロック(テクノ×ロック)をモチーフとしたイベントも開催する予定だ。

  上述のティザーパーティーでも発表されたが、資金調達計画やファンの支援については、クラウドファンディングのキャンプファイヤーと契約済で、イベントTシャツ付きチケットや打上げ参加券などのリターンも検討中。オンラインサロンも近日開設する。来年5月までに交流会も開きファンを増やしていく予定だ。大阪からバスツアーの慣行も検討している。参加予定のDJは、Teresa,NAO NOMURA(BassWorksRecordings),OSAKAMAN(BassWorksRecordings),Hmen,Yuumi。東京での開催は、Hardfloor,SUGIURUMN(BassWorksRecordings)が参戦する予定。

 

 テクノ黎明期に国内ではYMOが大活躍し、次に電気グルーヴが出てきた後、現代では、Nina Kraviz、Amelie Lens、Charlotte de Witteなどの女性DJが来日し盛り上がっている。Teresaさんが、次のヒロインであり国内のテクノの立役者になる日も近い?!

今後は、PV制作やSUGIURUMN氏の楽曲提供が予定されている。

テクノの再ムーヴメントが興るだろう!レコードのリリースや全国ツアーも検討中だ。

〈Teresa プロフィール〉

 関西の国立大学に通う現役女子大生。母親が日本人・父親が南米ペルー人の両親の元に産まれ、サルサ好きの家庭で育った。6歳でミュージカル劇団に入り様々な音楽にふれて育ち、中学時代は合唱部でアルトからソプラノまで歌い、コンクールでアヴェ・マリアをソロで歌った。

現代のサルサとも言うべき音楽、EDM。それが好きだったことをきっかけに、大学の先輩からクラブに誘われテクノにハマった。ラテンジャズボーカルや演劇とアクティブに活動し、イマドキ女子とは一味違う存在だ。

〈Spincoaster プロフィール〉

『心が震える音楽との出逢いを』をコンセプトに独自に厳選した国内外の新鋭ミュージックを紹介する音楽情報メディア。音楽ニュースやミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも発信している。南新宿でハイレゾ音源とアナログレコードが楽しめるMusic Barの運営も行っている。

〈SPECTRA プロフィール〉

HIROYUKI ARAKAWAが2015年に設立。エモーショナルで繊細な曲調を特徴とし、デザイン面や楽曲面で独特なポリシーを持つ。これまでに、レコードとCD、デジタルを含む、5タイトルの作品をリリースしており、Richie Hawtin, Paco Osuna, Frank Muller, Joseph Capriati、Secret Cinema等がサポート。

Hiroyuki arakawa "LENS"はCDとデジタルでリリースし、DISKUNIONセールスチャート2位、AMAZONセールスチャート50位を獲得。Secret CinemaやKen Ishiiがプレイし、石野卓球、砂原良徳、ヒロシワタナベといった著名国内アーティストの支持も受け話題となった。2006年のイビザTOPトラックとして輝いた、Beroshima - HorizonがHiroyuki Arakawaとの共同Re-Edit盤も収録。

レーベルのツアーやマンスリーイベントは国内外で開催するなど、グローバルな視点で活動している。

関連サイト:-----------------------------------------------------------------------------

テクノBARドフロアーHP:https://techno-bar-dfloor.osaka.jp/ 「テクノバー」で検索

★今回企画のイベントHP:https://technomovement.club/

フェイスブックページ:https://www.facebook.com/digyourowntechno/

インスタ:https://www.instagram.com/teresa_dyot/

ツイッター:https://twitter.com/DyotTeresa

SHOWROOM:https://www.showroom-live.com/956883514660

BassWorksRecordings:https://bass-works-recordings.com/

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

草々

メディア関係者様各位

ご拝読、誠にありがとうございました。是非とも記事としての引用をいただけますようお願いします。採用いただけますと幸いです。

テクノBARドフロアー 店主 YaMaO



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 Techno Bar dfloor 大阪梅田店
代表者名 YaMaO
業種 外食・フードサービス

コラム

    Techno Bar dfloor 大阪梅田店の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域