建築金物卸売通販サイト「ビドーパル」がマイナーリニューアル

株式会社ビドー(大阪市東成区大今里西1-25-4、代表取締役 長野孝豊)はインテリア・建築金物総合専門通販サイト「ビドーパル」のPCサイト・スマホサイト、共にマイナーリニューアルを行いました。

 

弊社(株式会社ビドー 大阪市東成区大今里西1-25-4、代表取締役 長野孝豊)はインテリア・建築金物総合専門通販サイト「ビドーパル」 のPCサイト・スマホサイト、共にマイナーリニューアルを行いました。主な内容は以下の通り。

 

 

    ◆4大コンテンツの公開

    ◆商品カテゴリの再編

    ◆スマートフォンサイトの利便性向上

 

 

 

◆4大コンテンツの公開

建築金物通販「ビドーパル」は大手通販サイト内の各支店合わせて4つのグループサイトを保有していますが、それぞれのサイトで利用ユーザーの商品に対する要望傾向が異なります。そこで、ユーザーから人気の高いコンテンツを以下の4つに集約し、4大コンテンツとして商品カテゴリごとに順次情報公開していくこととなりました。

 

 

    コンテンツ① カテゴリ別セール情報

    コンテンツ② カテゴリ別新着情報

    コンテンツ③ カテゴリ別ランキング情報

    コンテンツ④ カテゴリ別スタッフのイチオシ情報

 

 

ビドーパル グランドTOPページ(2019年12月)

4大コンテンツをグランドTOPでは全商品の総合情報として、カテゴリTOPでは当該カテゴリごとの情報として分類し、利用者の利便性を向上。

 

 

 

◆商品カテゴリの再編

現在のカテゴリを大手検索サイト上の主要キーワードや過去の統計情報からの検索予測数と照合し、ユーザーがより探しやすくするために、カテゴリの新設と統合を行いました(8つの大カテゴリ毎に中カテゴリを階層構造で統合)。このカテゴリ再編によって、今まで理解しにくかった建築・家具金物の分類がより直感的に探しやすくなりました。

 

ビドーパル カテゴリー大分類 取っ手TOPページ (2019年12月)

今までの業界用語である「引手」や「取手」ではなく、検索サイトの主要キーワードである「取っ手」を大分類に起用し、大分類に含まれる類似カテゴリを中分類として再編。

 

 

ビドーパル カテゴリー大分類 ドア金物・扉金物TOPページ (2019年12月)

金物業界で使われる商品カテゴリ名でも一般的に馴染みの少ないものは統合して再編。

 

 

◆スマートフォンサイトの利便性向上

近年、スマートフォン利用者が増加傾向にあることから、カテゴリ別4大コンテンツの公開とともに、スマホサイトのページレイアウトの大型リニューアルを行いました。スマートフォンの画面でも4大コンテンツをより分かり易く表示する為、大型サイズの写真に変更して商品の視認性向上を行いました。また、ランキングや検索結果画面など閲覧性が重視されるコンテンツはリスト化し、商品情報を多く表示できるよう変更しました。

ビドーパル スマートフォン専用ページ (2019年12月)

TOPページから8つの大カテゴリにアクセス可能。視認性が向上した新着商品のレイアウト。

 

 

ビドーパル スマートフォン専用ページ (2019年12月)

閲覧性の必要なコンテンツの場合はリスト画面表示で情報量を調整。

 

 

 

◆モノづくり(※1)を次世代に受け継ぐWeb通販システム

私たちは「物の価値」を「価格」に置き換えて商品を購入します。しかし、Web通販の登場によって中間業者(卸制度)の終焉が叫ばれるようになり、情報の拡散と同時に価値の崩壊が起き始めています。この現象に、ものづくり企業(※2)はどのように対応して行けばいいのでしょうか?

 

【Web通販の弱点】

Web通販は、ものづくり企業からすると実は弱点があります。それは顧客ごとに価格を表示できないこと。⽇本のメーカーの多くは「代理店(中間業者)」を通じて商品を流通させていますが、代理店の販売網や購⼊量などによって商品価格が異なります。これを制度化したものが代理店(卸)制度ですが、Web通販で卸制度をシステム的に実現している企業(または「価格」を顧客ごとに適正に制御できるWeb通販プログラム)はありません(※3) 。

 

【商品価値と値崩れ問題】

製品メーカーがWeb通販を導入する際、必ず直面するのが値崩れや表示価格問題です。Web通販システムの常識では、上得意顧客でも一般顧客でも販売時には同じ価格表示となってしまうからです。メーカーの立場の私たちは、この常識を疑い、問題に向き合うべくWeb通販システムの自社開発を始めました。ログイン後の顧客ランク価格表示は最初のアイディアですが、それだけではサイトの運営はできません。適正価格の算出ロジックや利益バランス管理プログラムの開発、商品管理データ・表示データの入出力方法に至るまで、メーカーと商社、双方の運営経験をシステム開発に組み込みました。トライ&エラーの末、顧客ごとの適正な価格差を表示可能となり、日本で初めて卸通販をWebシステムだけで実現することができました(リフォーム産業新聞 平成 28 年 1 月号より)。

 

 

「Web通販の登場によって中間業者(卸商社)はなくなる」とも言われている中、ビドーパルの卸通販システムは平成21年11月の公開以降、全て自社で開発を行っています。私たちは世の中のネット化の波に晒され、破壊されるのではなく、作り手の誇りと価値を守り、持続可能性を追求することで次世代に、モノづくり精神を残す必要があると考えています。近年では金物メーカー・流通商社様、通販・IT企業様等との業務提携や連携を深めています。今後もよりよいサービス・システムを作り、卸通販サイトとして、ものづくり企業様・ご利用ユーザー様の利便性を高めていきたいと思います。

 

株式会社ビドー 代表取締役 長野孝豊

 

 

※1.“もの(製品)”に「付加価値」を吹き込む活動を行っている組織のこと。生産するだけでなく、その製品をどう販売するか、どう使ってもらうかまで考え、作り手の想いを利用者に伝える役割も担います。

 

※2. “もの(製品)”を作る製造企業(メーカー)や作り手のこと。

 

※3. 卸通販システムがまだ世の中にない理由は諸説あります。もともと「Web通販の登場によって中間業者(卸商社)はなくなる」とも言われてきましたし、実際には⼤⼿Web通販企業(商社)が欧⽶式価格表⽰システムを確⽴し、大成功を収めています。現実的に見て、従来から⽇本にあった卸制度をWebシステムでわざわざ実現する必要も需要もなかったというのが有力な見解です。また、人為的に作成した見積書を提出するような旧来の様式で運営しているWEB企業は多く存在します。

 

 

 

◆ビドーパル 取り扱い品目 (2019年12月9日現在)

・引手類                                                               ・レバーハンドル・錠類

・吊戸金物類                                                        ・取手類

・手すり類                                                           ・つまみ・下がり類

・レール類                                                         ・戸車類

・戸当・クローザ・キャッチ・ストッパー類  ・ガラリ・空気孔・明かり窓類

・丁番・ヒンジ類                                                 ・棚受・フック類

・釘・ネジ・ナット・座金類                                ・スベリ・資材・工具類

・和家具金物類                                                     ・神社・仏閣用装飾金物類

 

 

 

◆備 考

※製品仕様および価格は、予告なく変更することがあります。

※お使いのモニタによって、実際の製品と多少色が異なることがあります。

※特に明記していない限り、寸法の単位は全てミリメートル(mm)です。

※寸法の表記は、あくまでも参考標準寸法です。製品によって多少の誤差が発生致します。実際の寸法は原物の採寸をお願いします。

※上記内容は2019年12月現在のものです。

※2016年1月のリニューアルに伴い、ビドーパル会員規約が変更になっています。

※ビドーパルと各通販サイト様のビドーパル支店では商品価格が異なる場合があります。

 

 

 

◆ビドーパルの沿革

・平成21年11月

 インテリア・建築金物総合通販サイト「ビドーパル」公開。カテゴリごとに複数条件を同時に検索結果に反映させる検索システムを実現。(建築金物分野のデータベースサイトとしては日本初。住宅資材新聞 平成21年12月5日 土曜日 第1886号より)。

・平成22年11月

 ビドーパル会員に対するビドーパルポイント還元制度とお気に入りリスト機能の導入。携帯電話専用モバイルサイトを公開。

・平成23年05月

 ビドーパル会員に対するポイントアップ&プライスダウンセール開始。

・平成24年11月

 スマートフォン専用サイト公開。

・平成28年01月

 複数の会員ランクと連動した価格やポイントの自動生成システム(パルテーブルランクシステム)と、購入数量による単価比較システムの連動を業界で初めて実現(リフォーム産業新聞 平成 28 年 1 月号より)。

・平成28年10月

 ショッピングターミナル機能の導入開始(Yahoo!ショッピング)。

・平成29年01月

 WAFとIPSを導入しセキュリティを強化。

・平成29年05月

 マイナーリニューアル(複数のショッピングターミナルと絞込みサイトナビ)同商品連携データ作成システムを開発。月極支払希望ユーザー向けのサービス「ビドー口座振替」を開始。

・平成29年07月

 外部通販サイト上掲載商品の人気ランキングを公開開始。顧客ランク別セール開始。

・平成29年09月

 建築金物メーカー企業向けの長期掲載型 建築金物卸通販サービスとして掲載企業の募集を開始。業界初の試み(住研タイムス 416号 平成29年9号より)

・平成30年04月     制作部発足。ページ制作の合理化に着手。

・平成30年10月     メーカー直送商品の取り扱い開始

・平成30年11月     商品群ごとに送料区分の適用を開始

・平成31年02月     スマートフォン専用サイトのリニューアル

・令和01年10月     メーカー送料規定のユーザー承認ステップを導入

・令和01年12月

  マイナーリニューアル(カテゴリの再編)とカテゴリ別4大コンテンツ公開

 スマートフォン専用サイトのリニューアル。

 

 

 

 

◆プレスリリースのお問い合わせ

株式会社ビドー(インテリア・建築金物総合通販サイト ビドーパル 運営元)
〒537-0014 大阪市東成区大今里西1-25-4
TEL:06-6972-3824(代)
FAX:06-6974-3865(代)
広報担当:長野孝豊

 

ビドーパル https://www.bidoorpal.com/
BIDOOR(ビドー) WEBサイト http://www.bidoor.co.jp/
お問い合わせメールアドレス info@bidoor.co.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社 ビドー
代表者名 長野孝豊
業種 その他製造業

コラム

    株式会社 ビドーの
    関連プレスリリース

    株式会社 ビドーの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域