手のひら上ですべてが完結。超ミニマルウォレット 「TANAGOKORO」

「TANAGOKORO -たなごころ-」は、オールレザー(牛革)で作った超ミニマルウォレット。レザーメーカー「wayward leathers」の最新モデル。とにかくコンパクトで、薄く、かさばらない。もちろん、小さいながらも完璧な収納力を誇ります。 「TANAGOKORO -たなごころ-」は、漢字で書くと「掌」。“手のひら”の意味を持つ古語を商品名として採用しました。

今必要なものがすべて収まる。なのに「超コンパクト」。

数枚のカード、少々の小銭、お札。キャッシュレス時代に必要最低限の持ち物が、これ一つにすべて収納可能。ウォレット自体のサイズは幅85x高97x厚10mmで、手のひらにすっぽりと収まります。

 

「使いやすくてかさばらない」計5つのカードスロット。

カードスロットは全部で5つ。毎日の生活に絶対的に必要な①銀行カード、②クレジットカード、③交通系カード、④免許証、⑤保険証を収納できます。

 

コインケースにもかさばらない工夫を徹底的に!

コインケースは“仕掛け絵本”のように開いて使用します。

パタンと折り畳んでポケットに入れて持ち運べば、小銭が落ちることはありません。

コインスペースには、厚みが出ないような工夫をさらにプラス。小銭はどこか一方に寄って、財布に厚みを作ってしまうのが難点。そこで、平たく収納できるように段差をつけ、小銭が下の方に寄ってしまうのを防止しました。

コインケースの手前部分は、レシートなどの小さな紙ものを収納できるスペース。

一般的な大きさの名刺ならギリギリ収納できるサイズです。

 

「TANAGOKORO」仕様

【素材】牛革(植物タンニンなめし)

【サイズ】幅85mm x 高97mm x 厚10mm

【製品重量】約87g

【生産国】日本

【収納】紙幣、小銭、レシート、カード7枚(推奨)

【カラー】ブラック、カーキグリーン

 

現在クラウドファンディングCAMPFIREにて12月15日まで支援募集中です。

https://camp-fire.jp/projects/view/209453

 

「wayward leathers」について

活動を始めたのは18年前の2001年。中目黒の小さな工房からスタートしました。

人間に一番近い素材である「革」に強烈に惹かれたのがきっかけです。

使えば使うほど自分になじんでくる、自分だけのものになっていくことに魅力を感じ続けています。

 

弊社のプロダクト製作は、企画・デザイン・パターン・縫製・染色まで、そのほとんどが僕たち職人の手作業で行われます。弊社のアイテムが「ぬくもり」を帯びているのは、血の通った手によって作られているからだと信じています。

食肉で余った「皮」をなめすことで、素材である「革」に変わります。

つまり、革をつかうことは、食物連鎖のひとつでもあるのです。

 

「命をいただいている」という事実を感じながら

ヒトの生活に本当に役に立つものを

これからも作り続けたいと思っています。

 

wayward leathers     https://waywardleathers.com/

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 wayward leathers
代表者名 高橋 真也
業種 その他製造業

コラム

    wayward leathersの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域