対日理解促進交流プログラム JENESYS2019 ASEAN 派遣 第3陣 テーマ:日本文化交流 派遣国:ミャンマー連邦共和国

外務省が推進する「対日理解促進交流プログラム JENESYS2019」の一環として,11月26日から12月4日まで、日本の大学生15名がミャンマー連邦共和国を訪問します。一行は,ミャンマー訪問中,日本の ODA サイトや日系企業,地元企業等を訪問・視察すると共に、日本と派遣国との関係、及び日本の国際貢献に関する知見を深め、学校交流,伝統文化体験等を通じて,ミャンマーの文化・社会に対する理解を深めるとともに,現地ミャンマーの人々との交流を通じた日本の魅力の発信等に取り組む予定です。今回の交流事業を通じて,日本とミャンマーの友好関係がより一層強化されるとともに,一行が日本の魅力等を積極的に発信することが期待されます。

外務省が推進する「対日理解促進交流プログラム JENESYS2019」の一環として,11月26日から12月4日まで、日本の大学生15名がミャンマー連邦共和国を訪問します。一行は,ミャンマー訪問中,[情報通信課1] 日本の ODA サイトや日系企業,地元企業等を訪問・視察すると共に、日本と派遣国との関係、及び日本の国際貢献に関する知見を深め、学校交流,[情報通信課2] 伝統文化体験等を通じて,ミャンマーの文化・社会に対する理解を深めるとともに,現地ミャンマーの人々との交流を通じた日本の魅力の発信等に取り組む予定です。今回の交流事業を通じて,日本とミャンマーの友好関係がより一層強化されるとともに,一行が日本の魅力等を積極的に発信することが期待されます。

 

[参考]対日理解促進交流プログラム「JENESYS2019」

日本とアジア大洋州の各国・地域との間で,対外発信力を有し将来を担う人材を招へい・派遣し,政治、経済、社会、文化、歴史、外交政策等に関する対日理解の促進を図るとともに,親日派・知日派を発掘し,日本の外交姿勢や魅力等について被招へい者・被派遣者自ら積極的に発信してもらうことで対外発信を強化し,我が国の外交基盤を拡充することを目指している。

 

【参加者所属先・人数】県立広島大学5名, 島根大学5名, 北陸大学5名

 

日程

 

11月26日(火)

【訪緬】

 

11月27日(水)

【オリエンテーション】

【表敬】在ミャンマー日本国大使館

【視察】Training School for Girl

 

11月28日(木)

【日系企業視察】J-SAT

【講義】JICA(日本のミャンマーへの貢献)

【ODAサイト視察】ヤンゴン都市圏浄水整備事業、バゴー橋建設事業

 

 

11月29日(金)

【学校交流】Metro IT Japanese Language Center

【学校交流】タンリン工科大学

【視察】ティラワ工業団地

 

11月30日(土)

【ホームビジット】Kyaikthale Village

 

12月1日(日)

【視察】Japan House 和-wa-、シュエダゴンパゴダ(清掃ボランティア含む)

【伝統文化体験】ミャンマー舞踊

 

12日2日(月)

【地元企業視察】MSR

[情報通信課3] 【ワークショップ】成果報告会準備

 

12月3日(火)

【報告会】

【日系企業視察】F&P Group

【離緬】

 

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社JTB
代表者名 見世 順治
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    株式会社JTBの
    関連プレスリリース

    株式会社JTBの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域