1930年代南洋華人作品に現れた焦燥とは【無料・予約不要】日本マレーシア学会(JAMS)関東地区研究会

日本マレーシア学会(JAMS)関東地区研究会/日時:2019年11月23日(土)15時~17時/場所:立教大学池袋キャンパス5号館1階5126教室/Prof. Dr. Li Jia (Nanyang Technological University, Singapore)/Anxiety Writing in 1930s Nanyang Prose: Focusing on the Supplements of the Nanyang Siang Pau【無料・予約不要】

日本マレーシア学会(JAMS)関東地区研究会 2019年度第1回研究会

 

会員以外の方も事前登録不要でご参加いただけます。お誘い合わせの上、ご参集ください。

 

〇スケジュール
・日時: 11月23日(日) 15:00~17:00
・会場: 立教大学池袋キャンパス 5号館1階 5126教室

〇報告者
・Prof. Dr. Li Jia (Nanyang Technological University, Singapore)

〇報告題目
・Anxiety Writing in 1930s Nanyang Prose: Focusing on the Supplements of the Nanyang Siang Pau(1930年代南洋華人作品に現れた焦燥ー南洋商報別刷に着目して)


〇報告要旨
During the 1930s in Nanyang, there were a large group of literati active within the print media industry who hoped to improve their lives or wished to enlighten their fellow citizens. Others hoped to ignite a wave of revolution. However, the above wishes and hopes all went unfulfilled, resulting in the seeds of anxiety to explicitly or implicitly appear in their writings. This commentary will use the proses published within the supplements of the Nangyang Siang Pau to analyse the reasons behind and characterisation for such anxiety writing. Through such analysis, we hope to verify the interactivity and continuity between Nanyang literature and China literature.

〇言語
・報告は英語(通訳なし)
・Q&Aは中国語(日中の通訳あり)



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 立教大学観光学部舛谷研究室
代表者名 舛谷鋭
業種 教育

コラム

    立教大学観光学部舛谷研究室の
    関連プレスリリース

    立教大学観光学部舛谷研究室の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域