プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

ソフトサイン、ベトナムでオンラインゲーム配信事業に参入

株式会社ソフトサイン

! 2008年3月21日 18時

~日本企業として初めて現地企業と合弁会社を設立し、 日本発の高品位のゲームコンテンツを順次提供 ~

株式会社ソフトサイン(東京都渋谷区、代表取締役社長:計和友紀、以下ソフトサイン)は、ベトナムの有力IT 企業であるNCS Corporation(以下NCS)と合弁で日本のオンラインゲームをベトナム市場で展開するNCS Mediaを設立し、2008 年6 月をめどに現地で本格的なサービスを開始することを発表しました。

ソフトサインは、ユミルリンク株式会社の創業者で現会長の計和友紀が、新しいチャレンジとして2007年10月に設立したコンテンツサービス&システム開発のベンチャー企業です。日本で開発された良質なゲーム、音楽、アニメを中心としたコンテンツをアジア市場で展開することを目指しています。 NCSはベトナムに本拠を置く民間のシステムサービス企業です。 2001年の設立以来、国内および日本向けのシステム開発とコンサルティングの事業を行っています。
次のような点が、NCSをジョイントベンチャーのパートナーとして選ぶ決め手となりました。
・ 現在NCSがベトナム国営放送局、郵便貯金サービス公社(VPSC)と共にポータルサイトの構築を進めており、プロモーション面でTV局、決済面でVPSCの協力体制が期待できること
・ その放送局の子会社が500万人以上のオンラインゲームユーザ(有料課金)を擁していること
・ 創業社長が10年近い日本留学経験もある日本通であること

ベトナム経済は近年急速な発展を遂げており、昨年に続き2008年も8%以上と他の東南アジア諸国に比べても非常に高い成長が予測されています(*1)。現時点では主に低コストの労働資本の調達先として注目されていますが、8,500万人の人口のうち、30歳以下の若年層が4,000万人という人口構成から今後大きな消費マーケットが生まれると言われています。しかも、既存のエンタティンメントの種類が少ない社会であり、インターネット、携帯電話の普及に伴いオンラインゲームが急速に浸透しつつあることから、極めて大きい市場になることが期待されます。
ソフトサインは、今後急速な成長が見込まれるこの市場に注目し、日本のコンテンツホルダーやゲーム開発会社が持つ競争力の高いソフトを提供していきます。さらに、そのマーケットをアジア諸国に拡大し、日本のコンテンツ産業をアジアのビジネスに育てていく考えです。
現在、6月のゲームポータル・サービスインと3種類のゲーム配信に向けローカライズを行っています。

このエンタティンメントビジネスへの参入にあたりソフトサインでは、現在日本オンラインゲーム協会で事務局長も務める川口洋司氏を取締役に迎えました。また、4月にはNCS側からの出資も受けて相互の資本・業務面での協力関係を強化することが決まっています。

また、今回の参入発表を契機に日本国内でも事業提携先となる国産のオンラインゲーム開発会社を募り、順次提供コンテンツを増強していく計画です。

ソフトサインでは、ベトナムでのオンラインポータル事業で初年度に5 本のタイトルの供給と、100 万人の会員獲得を見込んでいます。

■ ソフトサイン経営メンバーの紹介 ■

【代表取締役: 計和友紀】
1975年生まれ。上智大学経済学部に在学中よりインターネット関連の企業から仕事を請け負いながら、大学生コミュニティサイト「Campusnet」初代編集長としてコミュニティ構築に携わる。99 年に有限会社ユミルリンクを設立後、2000年に株式会社化、2002年には(株)サイバーエージェントと資本提携を行う。広告・マーケティング製品の開発を手掛け、日本最高速の純国産メール送受信エンジンを開発。2005 年には日本のビジネスアプリケーション大手サイボウズ株式会社と資本・業務提携を行い、07 年10 月より会長職。
・ ユミルリンク株式会社 取締役会長
・ 株式会社グラスキューブ 取締役
・ 株式会社エンタ 監査役

【取締役: 川口洋司】
1954年生まれ。青山学院大学卒業。ソフトバンク株式会社にて1987年日本初のゲーム誌『Beep』編集長をはじめ、『BEEP!メガドライブ』『The スーパーファミコン』『セガサターンマガジン』などを企画、編集長および、出版事業部エンタティンメント部門の統括編集長を務める。同社とマイクロソフトの合弁会社、株式会社ゲームバンクの設立プロジェクトリーダーとしてプランニング、企業コーディネートを行う。また、プレイステーション用ソフト「Mist」のディレクターを担当。
その後、株式会社コラボを設立し日本国内・韓国・中国・台湾各国にてオンラインゲーム関連ビジネスコンサルティングを行なう。日本初のオンラインゲーム総合ポータルサイト「gooGAME」を、NTT東日本、NTT‐Xなどと立ち上げる。現在、@ネットホーム、イサオ、AII などにゲーム関連情報コンテンツ提供。デジタルコンテンツ市場調査委員会委員長、『デジタルコンテンツ白書』編集委員(財団法人デジタルコンテンツ協会/経済産業省)などを務める。
・ 株式会社コラボ代表取締役
・ 有限責任中間法人日本オンラインゲーム協会事務局長

*1) JETROによる











■ ソフトサインについて ■
社名 株式会社ソフトサイン
設立 2007年10月25日
住所 〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-3-12 je1ビル6階
代表取締役 計 和友紀
事業内容
【コンテンツ事業】
コンテンツ配信、ポータル事業、CGMサイト運営(アフィリエイト)
【システム事業】
言語解析エンジンの開発と提供、ネットワーク技術者の派遣
Tel  03-5724-4241 Fax  03-3760-4377
URL: http://www.softsign.jp/


<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>
キューフォー株式会社
ソフトサイン メディアリレーション担当 磯島/坂本
e-mail:sspress@softsign.jp
Tel: 03-3556-5597
* キューフォー(株)は、(株)ソフトサインの広報戦略を支援しています。
* 本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社ソフトサイン

代表者名

計 和友紀

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

ネットサービス

カテゴリ

未選択

この企業の関連プレスリリース

ソフトサイン、ベトナム初の本格的なアバターシステムを搭載した MOBA SNSを展開
! 2010年10月18日 10時
ソフトサイン、ベトナムにおいてモバイルSNS事業参入。現地有力IT企業Runsystem Corporationと合弁企業設立へ。
! 2010年6月11日 15時
ソフトサイン、ベトナム向け携帯電話コンテンツを拡充
! 2009年9月2日 12時
ソフトサイン、株式会社ジャレコのモバイルゲームをベトナムで配信
! 2009年8月7日 13時
ソフトサイン、株式会社ニンジャスタジオと提携
! 2009年7月28日 11時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る