忘却からの奇跡的な復活と忘却の可視化

~忘却をテーマにしたセミナーの開催~ 【京都大学学際融合教育研究推進センター芸術と科学のリエゾンライトユニット】

京都大学学際融合教育研究推進センター芸術と科学のリエゾンライトユニット(略称LSA)は、「忘却における体験と表現」と題したセミナーを、2019年11月22日(金)にKYOTO ART HOSTEL kumagusukuにて行います。忘却をテーマに作品を制作するアーティストZhdanova Alinaの個展「忘れた点と記憶の線」の関連イベントとなります。

Zhdanova Alinaの個展「忘れた点と記憶の線」 © Zhdanove Alina. All rights Reserved.

 

▼○セミナーwebページ○

https://sites.google.com/view/kyotoscienceart/top

申し込みサイト

http://bit.ly/2oNGhtz

 

▼○Facebookのイベントページ○

https://www.facebook.com/LSAKyoto/

 

▼○ Zhdanova Alinaの個展忘れた点と記憶の線のwebページ○

https://www.zhdalina.com/news-1

 

スノーボードの事故時に原島氏が使用していたヘルメット

 

■セミナー概要

日時:2019年11月22日(金)18:00より

場所:KYOTO ART HOSTEL kumagusuku

(〒604-8805 京都府京都市中京区壬生馬場町37-3)

対象者:誰でも可(20名限定)

参加費:学生500円、一般1,500円(交流会費、資料代など)

参加登録:http://bit.ly/2oNGhtz

 

© Zhdanove Alina. All rights Reserved.

■セミナー内容

忘却、は誰もが経験することだが、全て忘れることがどんなことか、想像したことがあるだろうか。今回の講演者である原島和仁は、スノーボードの事故(https://mainichi.jp/articles/20180121/ddl/k10/040/136000c

で脳に激しい損傷を受け、約1 ヶ月意識不明、寝たきりの状態となった。意識が戻った後、脳が混乱状態になり、多くのことを忘れてしまった。気息奄々の状態で数度の重篤状態となり、家族も絶望したが、壮絶なリハビリによって奇跡的に回復し、ところどころ忘却があるものの記憶も取り戻し、現在は通常の生活を送っている。この驚異的な体験から得た「つながり」について講演。忘却をテーマに作品を制作するアーティストZhdanova Alina の講演、原島と交流のある湊丈俊(京都大学)を含めたトークなどから忘却について考える。

 

忘却時に原島氏が書いたメモ

■スケジュール

18:00~18:30

“つながり“(依頼講演)

原島和仁

 

18:30~19:00

“忘却の可視化と表現” (依頼講演)

Zhdanove Alina

 

19:00~19:20

原島和仁、Zhdanove Alina、湊丈俊によるトーク

 

19:30~21:00

交流会(Zhdanova Alina による作品ツアーを予定。軽食あり。)

 

© Zhdanove Alina. All rights Reserved.

 

忘却からの奇跡的な復活後、近しい人達と撮影した写真(右上が原島氏)

■講師・トーク参加者紹介


原島 和仁(はらしま かずひと)

43 歳。2 人の娘の父親。会社勤務の傍ら、卓越した身体能力で様々なスポーツ、地域活動などで活躍していたが、2018年1 月にスノーボードのトリック中の事故(https://mainichi.jp/articles/20180121/ddl/k10/040/136000c)で意識不明の重体となる。意識が戻った後も、記憶を失う忘却状態となる。生死の境をさまよい、主治医からの一生介護生活の宣告などを経たが、過酷なリハビリを乗り越え、奇跡的に通常の生活に戻り、復職している。

 


Zhdanova Alina(ジダーノワ アリーナ)

モノクロデザイン ディレクター/デザイナー。京都市立芸術大学大学院美術研究科所属。ロシア生まれ日本育ち。想起における忘却のイメージを研究し、アーティストの立場から表現している。自身の経験や体験から得たものをモチーフとして記録し、様々な素材や技術を使って、アニメーション作品などを発表。第2回CAF賞最優秀賞。個展「忘れる点と記憶の線」では様々なイベントを企画。

https://www.zhdalina.com/

 

 


湊 丈俊(みなと たけとし)

京都大学特定准教授。自らの専門である表面界面科学を多面的に生かして、様々な分野に展開している。日本物理学会若手奨励賞、ドコモ・モバイル・サイエンス賞などを受賞。これまでの研究活動を通じて、原島氏との交流を続けてきた。

https://kyouindb.iimc.kyoto-u.ac.jp/j/uM3xC

 

■団体概要

団体名         : 京都大学学際融合教育研究推進センター芸術と科学のリエゾンライトユニット

所在地         : 〒615-8530 京都府京都市西京区京都大学

設立          : 2019年7月

URL     : https://sites.google.com/view/kyotoscienceart/top

Facebook        :  https://www.facebook.com/LSAKyoto/

twitter             :  https://twitter.com/KU_LSA_Official

Instagram       :  https://www.instagram.com/ku_lsa_official/

 

■本件に関するお問い合わせ先

団体名:京都大学学際融合教育研究推進センター芸術と科学のリエゾンライトユニット

Email:minato.taketoshi.5x @ kyoto-u.ac.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 学際融合教育研究推進センター芸術と科学のリエゾンライトユニット
代表者名 湊丈俊
業種 教育

コラム

    学際融合教育研究推進センター芸術と科学のリエゾンライトユニットの
    関連プレスリリース

    学際融合教育研究推進センター芸術と科学のリエゾンライトユニットの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域