2刷出来! 『ミュージアム/文化財/史跡担当者のための ICT活用事業 企画の手引』増刷のお知らせ

弊社関連会社である株式会社ミュージアムメディア研究所(東京都新宿区、代表取締役:内田剛史)では、『ミュージアム/文化財/史跡担当者のための ICT活用事業 企画の手引』を増刷いたしましたので、お知らせいたします。

本書は、ミュージアムや文化財の担当者がデジタルアーカイブへの取り組みを開始する際、あるいはICTを活用した情報発信を検討する際の手引書として制作した、独自編集のレポートブックです。2018年6月の刊行後、おかげさまで大きな反響をいただいておりますが、1年以上が経過した現在も多数のお問い合わせが続き、残部僅少となって参りました。そこで、ご好評にお応えし、配布期間の延長に伴う「2刷」をご用意した次第です。


本書 ご好評のポイント

デジタルデータではなく実物・現物を扱うミュージアムは、その成り立ちや業務内容から、デジタルツールとは相性が良いとは言えません。しかしながら、情報の受発信スタイルが社会の仕組みごと変化している現代では、デジタルデータの取扱を前提とした環境整備が当然であり、それを避けて通ることはできません。

そこで、本書では、これからデジタルアーカイブ事業やICT活用事業に着手する、あるいは強化を推進する館のために、「予算を上手に押さえる方法」「失敗を事前に回避する方法」「持続可能な事業を企画立案する方法」などについて、さまざまな切り口から検証を試みました。

執筆及び編集にあたっては、特に以下の3点に留意し、ミュージアムの現場で応用しやすい内容を目指しました。実際に、「資料の作成などで役立った」「掲載記事を直接活用した」といった声も多数届くなど、大きな反響が寄せられておりますので、きっとご活用いただけるものと自負いたしております。


●統計データなどを駆使しながら、各事項の背景事情までしっかりと解説。
●事業を組み立てる流れだけでなく、「予算申請の材料」という観点も重視。
●成功のポイントだけでなく、失敗を招きやすい要素にも焦点を。

本書は、博物館及び関連施設・機関の皆様に限り、無料にてお届けいたします。まだご入手でない方は、ぜひ弊社までご請求くださいますよう、ご案内申し上げます。

 

冊子概要

【タイトル】 ミュージアム/文化財/史跡担当者のための ICT活用事業 企画の手引

【判 型】 A4

【ページ数】 120ページ

【内 容】
第1部 ミュージアムとデジタルアーカイブ
第2部 事業企画と予算折衝
第3部 成功する事業プラン
第4部 ICT活用事例



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 早稲田システム開発株式会社
代表者名 内田剛史
業種 ネットサービス

コラム

    早稲田システム開発株式会社の
    関連プレスリリース

    早稲田システム開発株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域