世界初 日本棋院公認 プロ棋士向け囲碁AI搭載・検討用パソコン『GALLERIA 碁MASTER』受注開始

2019年8月23日(金)より、日本棋院公認のプロ棋士、上位愛好者向け囲碁AI搭載・検討用パソコン『GALLERIA 碁MASTER』を受注開始いたします。注文は専用窓口よりお電話にて受け付けます。

 株式会社サードウェーブ(代表取締役社長 : 尾崎健介、本社 : 東京都千代田区 以下サードウェーブ)は、2019年8月23日(金)より、日本棋院公認のプロ棋士、上位愛好者向け囲碁AI搭載・検討用パソコン『GALLERIA 碁MASTER』を受注開始いたします。注文は専用窓口よりお電話にて受け付けます。


 サードウェーブはこれまで「全国高校eスポーツ選手権」を通じ、eスポーツの普及・発展に取り組んできました。マインドスポーツの一種である“囲碁”の普及にも貢献して参ります。『GALLERIA 碁MASTER』の普及を通じ、日本国内の囲碁プロ棋士をはじめ、上位アマチュア囲碁愛好家の方々など幅広く勝率向上を支援いたします。製品詳細は以下の通りです。


【GALLERIA 碁MASTER製品詳細】
1.設定の手間が不要で購入直後から使用可能、パソコン起動後すぐに囲碁AIが使用可能
Windowsの設定代行サービスが製品に含まれているため、お客様によるパソコン初期設定が不要。また、囲碁AI検討ソフトをプリインストール、動作にインターネット接続も不要で起動可能です。


2.多くのプロ棋士が活用する囲碁AI「Leela Zero」の検討ソフト『Lizzie』(日本語版)搭載
国内外多くの囲碁棋士に検討ツールとして支持されている囲碁AI「Leela Zero」の検討ソフト『Lizzie』をサードウェーブで独自に日本語化したバージョンをプリインストール。


3. AI囲碁の思考を高速処理し安定稼働を実現するための高性能ハードウェア
AIの思考を司る中枢に第9世代CPU Intel Corei7-9750H、NVIDIA GeForce RTX2070 MAX-Q、DDR4メモリ16GBを搭載。ゲーミングPC「GALLERIA」で培ったノウハウを結集し、AIの思考を処理する高負荷環境下でも、安定した稼働を実現。

 

■AI囲碁検討ソフト「Lizzie」画面
次に打つべき推奨手をAIが思考判断し、予測勝率(%)と共に色別に表示します。シミュレーションの多い順に青、緑、橙、桃、黄色でそれぞれ表示。AIの演算処理時間が経過するにつれ、画面上に表示される推奨手も増加していきます。

 

■GALLERIA 碁MASTER
https://www.dospara.co.jp/5info/cts_galleria_igo_master


【囲碁AI台頭の背景、GALLERIA 碁MASTER 開発経緯】
2015年、Google Deep Mindによって開発された囲碁AIプログラム「Alpha Go」(アルファ碁)がプロ棋士と対局・勝利した事で“AIは人間を超えた”と、科学誌「Nature」でも取り上げられ話題になりました。国内外の囲碁界では、相次いで開発され始めた様々なAIと対局し研究することで、人間が発想しえない新しい“手”を探求、AIがもたらす“手“の強みや弱みを検討するなど、対策や戦術を模索するようになりました。


囲碁界でAIを用いた検討に関心が高まる中、棋士は自宅のパソコンでAIを稼働して検討するために、課金クラウドコンピューティングサービスへ接続してGPU機能を利用するなど、運用方法を模索してきました。しかし、この方法ではランニングコストがかかることや、接続や設定方法が煩雑で知識やスキルが必要であるなど、容易でありませんでした。


サードウェーブはそうした状況に対応すべく、ゲーミングPC「GALLERIA」で培ったノウハウを活用し、AIプログラムの高速処理と稼働の安定性を実現。また、パソコン起動後手軽に囲碁AIアプリケーションを操作可能であることをコンセプトに、本製品を開発しました。開発にあたり、AIを用いた検討手法に精通している公益財団法人日本棋院(東京都千代田区、理事長:小林覚 以後、日本棋院)所属棋士に操作性や機能などを監修頂き、プロユースに対応し得る製品として完成させました。


【製品スペック】
製品名 GALLERIA 碁MASTER
OS・・・Windows 10 Home 64bit版
CPU・・・Intel® Core i7-9750H 
メモリ・・・16GB DDR4 SO-DIMM
マザーボード・・・HM370
ストレージ・・・512GB NVMe SSD
グラフィック・・・NVIDIA® GeForce RTX2070 MAX-Q GDDR6 8GB
液晶ディスプレイ・・・1920×1080 15.6インチ 144Hz
サイズ・・・360mm×245mm×23.5mm
重 量・・・約2.1kg
価 格・・・249,980円(税別)


【囲碁のAIについて】
囲碁のAIは、AI(人工知能)によるディープラーニング(深層学習)手法を用い、人間の洞察力や思考を超越した手を探索するプログラムです。囲碁とAIで象徴的なイベントがふたつあります。「AlphaGo」(アルファ碁)が2015年10月に初めてプロ棋士を破った時、そして2017年5月に世界のトップ棋士を下し、その後「対人間戦」の引退を発表した時。以降、世界各国でAlphaGoを目指した囲碁AIが相次いで開発され、日夜進化を遂げています。現在企業などが大規模に学習させたり、複数人がチームになって分業したりして開発し、ソースコードを積極的に公開しています。代表的な囲碁のAIとして、中国開発の「Fine Art」(絶芸)、「Phoenix Go」(金毛)、アメリカの「ELF Open Go」、韓国の「BADUKi」等の他、世界の有志によって共同開発される「Leela Zero」等が挙げられます。


【株式会社サードウェーブについて】
株式会社サードウェーブは、パソコン専門店『ドスパラ』店舗・通信販売を展開する一方、ゲーミングPC『GALLERIA』や、クリエイター向けPC『raytrek』、汎用PC、サーバー、ワークステーションに至るまで企画・製造・販売。2019年より、法人向けブランド『THIRDWAVE Pro』のもと、デスクトップPC、ノートPC、サーバー、ワークステーション、タブレット、小型PC等法人向け各種製品の営業活動をしています。法人顧客の要望に応え課題を解決するため、国内自社工場での製造により幅広いカスタマイズと、注文から最短2日で商品を発送する超短納期を実現するソリューションビジネスを展開するIT企業です。最先端の技術を安心と共にお届けすることで、より良い情報化社会の実現に貢献し、100年先も世の中に求められる企業であることを目指します。


----------------------------
※文中の社名および製品名等は、各社の商標または登録商標である場合があります。
※本リリースに記載の内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。

=====================================
本プレスリリースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
 

【販売に関するお問い合わせ先】 株式会社サードウェーブ 碁MASTER 専用窓口
TEL: 050-3364-6922 (平日 9:00~21:00) (土日祝 10:00~18:00)
 

【報道関係者様お問い合わせ先】
株式会社サードウェーブ 広報担当 dospara-koho@twave.co.jp
=====================================
Copyright(c) 2019 THIRDWAVE CORP. All Rights Reserved.



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社サードウェーブ
代表者名 尾崎 健介
業種 コンピュータ・通信機器

コラム

    株式会社サードウェーブの
    関連プレスリリース

    株式会社サードウェーブの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域