ビッグデータを活用して、店舗の将来性を予測し、新規出店の最適化と既存店の評価を図ります。

店舗の将来性を、商圏内の世帯規模構成の変化から予測し、店舗出店の最適化を図ります。どこに店舗を出店すればよいか、どの店舗を維持し、どの店舗を閉店すれば、より効率的経営ができるかを、ビッグデータとデータ分析を活用してシミュレーションします。

店舗の将来性を、商圏内の世帯規模構成の変化から予測し、店舗出店の最適化を図ります。どこに店舗を出店すればよいか、どの店舗を維持し、どの店舗を閉店すれば、より効率的経営ができるかを、ビッグデータとデータ分析を活用してシミュレーションします。

 

地域の規模別世帯数、支出データ、各種の店舗データなどのビッグデータをデータ分析します。新規出店の場合は、支出が伸びる将来性のある立地点を探します。既存店評価の場合は、支出の将来予測に基づいた店舗の将来性ランキングが示されます。

 

◆具体事例:店舗商圏内の支出の将来予測

 

 

図 A店の商圏における規模別世帯数の予測

2020年と2025年は、傾向線で予測すると、1人世帯のみ増加し、2人世帯~5人以上世帯は減少する。

 

◆特定非営利活動法人 地理情報技術研究所の概要

・地理情報システム(GIS)とAIを用いて、ビッグデータを分析し、チェーンストアに対する新規出店、店舗の最適化の課題を解決してきました。事例として、飲食チェーンの売上好調店と売上不振店の分析、フィットネスクラブの新規出店戦略、ショッピングモールの売上シミュレーション、カーディーラーの閉店計画シミュレーションなど幅広く行ってきました。

 

◆特定非営利活動法人 地理情報技術研究所の理事長略歴

・高阪 宏行

日本大学名誉教授。地理情報システム学会ビジネス分科会代表。ビッグデータのGIS分析とデータ分析を通して、ジオマーケテイングを中心に研究を行う。主な書籍・論文として、『ジオビジネス:GISによる小売店の立地評価と集客予測』(2014年3月)、「GISを利用した商圏設定とジオマーケティング」(2019年6月)があり、店舗立地と商圏分析に関する多くの書籍・論文を発表している。これらの経歴を活かし、最新の科学技術に基づいた実店舗の立地戦略策定と商圏分析の普及に従事している。

 

 

【特定非営利活動法人 地理情報技術研究所について】

 

特定非営利活動法人 地理情報技術研究所

〒162-0056 東京都新宿区若松町8-8 ジオ新宿若松町603号

担当:高阪宏行

TEL&FAX: 090-1532-3001

E-mail: kohsaka@npo-giti.com

URL:http://npo-giti.com/

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 特定非営利活動法人 地理情報技術研究所
代表者名 高阪宏行
業種 その他サービス

コラム

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域