台湾におけるSDSへの対応と秘密保持申請の説明セミナー 9/9(月)[東京]

におけるSDSの規制と成分情報の秘密保持申請への対応を解説いたします。

台湾におけるSDSへの対応と秘密保持申請の説明セミナー 9/9(月)[東京]

台湾におけるSDSの規制と成分情報の秘密保持申請への対応を解説いたします。

 

ハニカム・テクノリサーチ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:陳梅官)は、9/9(月)以下の内容でセミナーを開催します。

台湾労働部は2018年11月9日、「危険有害性化学品表示および周知規則」の一部改正を公告しました。

特に大きな改正事項として、2020年1月よりSDSでは危険有害性を有し、かつCAS番号の非開示を要望する成分は当局への申請で通過したもののみに限られております。

具体的には、危害性化学品表示及び周知規則第十八条にこれまでの安全資料表(SDS/ MSDS)での成分名称、含有量又は製造者/輸入者/供給者の名称の開示に加え、 CAS番号も追加されました。他方、5つの法規制で規制されている物質は開示必須でしたが、「職場環境許容ばく露基準」が減らされ、開示必須の基準が低くなりました。

このような環境下において、弊社には日常的に当該規制に関する質問がございます。

そこで、今回のセミナーでは当該改定版の変更点と詳細、日本企業が台湾向けSDS及び秘密保持へ対応するためのポイントをわかりやすく説明いたします。

なお、今回のセミナーにつきましては、同業者の方の参加はお断り申し上げます。 

 

日時:2019年09月09日(月) 13:30-16:30 (開場 13:00)

 

要旨:

1.台湾GHS全面実施の概要とSDSに係わる法規制

2.「周知規則」の改訂概要解説

3.SDS秘密保持申請制度の解説

4.SDS秘密保持申請手順の解説

5.日本企業の対応

※内容は、状況に応じて調整、変更の可能性がありますので、ご了承ください。

 

講師:

中川理緒 / ハニカム・テクノリサーチ(株) コンサルティング事業部 部長

 

場所:

連合会館402会議室(東京都千代田区神田駿河台3-2-11)

1.JR中央・総武線 御茶ノ水駅下車(聖橋口)、徒歩5分

2.東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅下車(B3出口)、徒歩0分

3.東京メトロ丸ノ内線 淡路町駅下車(B3出口)、徒歩4分※(B3出口まで徒歩5分)

4.都営地下鉄新宿線 小川町駅下車(B3出口)、徒歩2分※(B3出口まで徒歩3分)

※B3a出口は、違う方向へ出ますのでご注意ください。

アクセス:https://rengokaikan.jp/access/index.html

 

受講料:

1名につき20000円(消費税別、資料代・お茶代込)

*ケミスパート会員に登録していただくと、お得な会員価格【無料会員は2000円引き(登録日より年間5回まで)、正会員は5000円引き(共通チケットの使用で年18回まで)】でセミナーにお申込みをしていただけます。

 

主催:ハニカム・テクノリサーチ株式会社

お申込:https://www.honeycomb-tr.com/Seminar/1323/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 ハニカム・テクノリサーチ株式会社
代表者名 陳梅官
業種 その他サービス

コラム

    ハニカム・テクノリサーチ株式会社の
    関連プレスリリース

    ハニカム・テクノリサーチ株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域