私達の作る商品の収益の一部で、児童養護施設退所者の自立支援します

児童養護施設に入所する子供の割は保護者による虐待です。その児童養護施設で18歳になるまでは生活が出来ますが高校卒業とともに退所しなくてはなりません。 放課後や週末にアルバイトをしてはたしてその後退所した後の生活費や学費は十分と言えるでしょうか。 私たち大人が手を貸したい。少しの金額でも助かる人が沢山います。そこで、今回クラウドファンディングで資金を募り私たちのレシピを商品化するプロジェクトを立ち上げました。

私達の作る商品の収益の一部で、児童養護施設退所者の自立支援します

何故、自立支援?

私たちは児童養護施設の自立支援施設で夕食を作るボランティアをしています。自立支援施設ではみんな一生懸命に仕事や学業に励んでいます。

 

いま、児童虐待の痛ましい事件をたくさん目にします。つい最近も保護者とその同居人が2歳の幼児を虐待し

死に至らしめる痛ましい事件が有りました。

 

児童養護施設に入所する子供の割は保護者による虐待です。その児童養護施設で18歳になるまでは生活が出来ますが高校卒業とともに退所しなくてはなりません。施設にいる子供たちは高校生になるとアルバイトを開始し

退所後の生活費や学費を貯金します。

 

しかし、放課後や週末にアルバイトをしてはたしてその後退所した後の生活費や学費は十分と言えるでしょうか。

彼らは晴れて進学をしても途中で学業をあきらめる人が8割ともいわれています。それも、ほとんどの理由が資金不足なのです。

 

私たち大人が手を貸したい。少しの金額でも助かる人が沢山います。そこで、今回クラウドファンディングで資金を募り私たちのレシピを商品化するプロジェクトを立ち上げました。商品の収益の一部を自立支援に役立てるのが今回の大きな目的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラウドファンディングのリターン

商品化したものをクラウドファンディングのリターンとしてファン作りをします。

1:2000円の支援100gの「優しいピクルス」をお送りします

 

2:5000円の支援「優しいピクルス」「革命的漬物」とイベント招待

 

3:3万円の支援

「優しいピクルス」「革命的漬物」「大人のジャム」「旬の果物コンポート」「衝撃Spicy oil」をお送りします。イベント招待。オリジナルプレートにお名前記入

 

【今後の展望】

商品化したもののファンが集える場所をつくり、広く支援の輪を広げてゆきたいと考えています。

 

「Campfire」クラウドファンディングサイト

https://camp-fire.jp/projects/view/137429

 

【株式会社C&P.INCについて】

1995年創業フードビジネススクール<Tu as raison>チュ・ア・レゾン

各種講座やセミナー、トークショーなど開催。著書多数出版

 

 

本社 〒140-0001東京都品川区北品川1-9-7top room shinagawa1015

代表取締役 渡辺登志子

設立:1995年2月4日

資本金:1000万円

Tel:03-6869-6273

E-mail:info@foodex.co.jp

URL:https://www.foodex.co.jp/index.php

事業内容:各種教育・講演・書籍出版・番組制作他



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社シーアンドピーインコーポレート
代表者名 渡辺登志子
業種 教育

コラム

    株式会社シーアンドピーインコーポレートの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域