リープトンエナジー 多結晶ハーフセル太陽電池の新製品を発売

 リープトンエナジー株式会社(代表取締役:周 鳴飛、本社:兵庫県神戸市)は、ハーフセルを採用し、 高効率・高出力を実現した多結晶モジュールの新製品を発売いたします。 受注開始は8月を予定しており、 ラインナップは多結晶120セルが、285W~300W、多結晶144セル が345W~360Wとなります。

リープトンエナジー株式会社(代表取締役:周 鳴飛、本社:兵庫県神戸市)は、

ハーフセルを採用し、高効率・高出力を実現した多結晶モジュールの新製品を

発売いたします。

受注開始は8月を予定しており、 ラインナップは多結晶120セルが、285W~300W、

多結晶144セルが345W~360Wとなります。

当製品は、セルを2分の1サイズにカットしたハーフカットセルを採用することで

内部の電流が半減、セルの抵抗も低下し、標準サイズのモジュールと比較して発電

ロスが1/4に抑えられ、発電量が3~4%高くなります。併せて、異常発熱によるホット

スポット発生を抑制し、積雪などの日照が少ない条件下に於いても発電ロスを抑えて

発電量を確保することが出来ます。

 

リープトンエナジーの太陽電池モジュールは、15年の製品保証と、25年の出力保証が

付帯。その他充実した保証制度が用意されており、ご購入後も長く安心してお使い

頂けます。

 

当社では、自社工場生産による高性能かつコストパフォーマンスに優れた太陽電池

モジュールや野立架台の製造をはじめ、太陽光発電システム搭載カーポート、パワー

コンディショナなどの販売、自社発電所の開発など太陽光発電をトータルでご提案

してまいります。

 

【詳細】

http://www.leaptonenergy.jp/wp/wp-content/uploads/2019/06/190702_LP_PressRelease.pdf

 

■リープトンエナジー株式会社について

 

会社名 : リープトンエナジー株式会社 (Leapton Energy Co.,Ltd)

設立年月 : 2012年7月

資本金 : 4億9,999万円

所在地 :

神戸本社 : 兵庫県神戸市中央区相生町1-2-1 東成ビルディング6F

東京支社 : 東京都港区新橋3-5-10新三ビル6F

事業内容 : 太陽光発電システムの開発・販売

                 太陽電池モジュールの製造・販売

太陽光発電システム取付部材(架台・基礎杭)の製造・販売

太陽光発電所の設置・管理・メンテナンス

ホームページ : http://www.leaptonenergy.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 リープトンエナジー株式会社
代表者名 周 鳴飛
業種 エネルギー・素材・繊維

コラム

    リープトンエナジー株式会社の
    関連プレスリリース

    リープトンエナジー株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域