生徒会におけるベストプラクティスとは!日本生徒会大賞2019、審査結果が発表 ―個人の部 大賞は今池さん(穎明館)に―

全国の生徒会活動を支援する(一社)生徒会活動支援協会は、2017年から「日本生徒会大賞」を実施。教育に関わる研究者や学校教職員などの有識者らで構成される審査委員会が、公募された全国の生徒会活動に携わる個人や団体等から選出。今年の大賞は、個人の部で、今池 陸晃さん(穎明館/東京・八王子)、学校の部で山崎学園 富士見(東京・練馬)が受賞。その他、海城(東京・新宿)や福島県立平工業、福岡県立朝倉、滋賀県立河瀬などが各賞を受賞。

生徒会役員や学校生徒会の集合体に対する研修事業などを展開する、一般社団法人生徒会活動支援協会(所在地:東京都中野区、理事長:荒井翔平・西野偉彦・高橋亮平)は、生徒会や生徒会役員に対する表彰制度「日本生徒会大賞2019」を実施し、審査結果を発表いたしました。

 

本賞は、全国各地の学校生徒会・生徒会団体・生徒会役員を対象をとし、生徒会の活動内容やシステムなどを評価することによって、生徒会活動が持つ本来の意義を再確認し活性化させることを目的としたものです。今回多数の審査対象から受賞が決定いたしました。

 

なお、大賞受賞者においては、7月に受賞者記念講演を松下政経塾(神奈川県茅ケ崎市)で開催する予定としております。

 

【受賞者】

大賞 ▼個人:今池 陸晃(穎明館)▼団体:日本生徒会代表者会議▼学校:学校法人山崎学園 富士見高等学校生徒会

優秀賞 ▼個人:菊池 隆聖(武蔵野大千代田)▼学校:海城高等学校生徒会執行部

奨励賞 ▼個人:宮島 凜(山崎学園 富士見)▼学校:福島県立平工業高等学校生徒会、福岡県立朝倉高等学校生徒会執行部、滋賀県立河瀬高等学校生徒会執行部

特別賞 ▼個人:新谷 涼太朗(京都府立南陽)▼学校:東京電機大学高等学校生徒会総務会

 

【審査報告】日本生徒会大賞2019

[個人の部]今池 陸晃

⽣徒会活動における「リーダー」として、学校内の活動のみならず、校外における枠組みにおいても、明確なビジョンに基づいて積極的に⾏動を積み重ねた点を⾼く評価した。積極的に活動や施策を展開したとしても、それらが⽣徒のニーズに応え得るもの、あるいは⽣徒の理解を得られるものでなくては、⽣徒会役員の「独りよがり」になってしまいかねない。また、⽣徒会執⾏部内の改⾰についても、「改⾰とされるもの」が実際に他の役員に波及し、良い⽅向への変化を⽣み出さない限りは、本質的に改⾰としての意味を成す事はない。受賞者本⼈が、積極的に各種施策を展開した事はもとより、それらのアウトカムに対して意識を向けていた事は、⼗分に評価に値するだろう。受賞者本⼈が展開した様々な施策が、今後に向けて持続的なものとなることに期待したい。

 

[団体の部]日本生徒会代表者会議

昨年度は初回ながら首都圏問わず日本各地から生徒会活動に志す学校や生徒会団体の代表者を集め、最終的に議論内容を反映して生徒会・学生団体におけるリーダーのあり方について「共同宣言」という形で残しており、今まで見られなかった形式を取っている点、そして全国規模で活動を展開していこうという活動意欲がある点を大きく評価した。

一方で団体としてどれだけ意思決定の拘束力を持つのか、採択された共同宣言が今後適切に機能するのか不明瞭であった。そして全国各地から参加者は集っていたが地域に偏りがあったこと、「日本」という全国規模の会議を謳っているがそれ相応の雰囲気が感じられなかったことは指摘したい。今後は「日本生徒会代表者会議」という団体名に適した持続可能な活動を盛り込み、公立校の参加数も拡充できるよう健闘してほしい。

今後の活躍に期待したい。

 

[学校の部]山崎学園富士見高等学校生徒会

学校内活動において工夫を凝らした生徒会活動に多く取り組んでおり、アイディアペーパーを活用し生徒から幅広く意見を募集、学校運営の向上に生かしている。さらに、それらを生徒全員で共有するための公開会議や座談会を実施し、一般生徒の当事者意識の向上ができている点を評価した。また解決策の立案・実行までで終わってしまう学校が多い中で、運用ルールの曖昧さ・参加率の低さといった反省から、より効果的な施策へ改善を図っ

ている点は特に高く評価される。

地域内外や受験生に対しても積極的な活動を行なっている点を含め総合的に判断し、大賞を授与するに至った。今後はこれらの経験を生かし、より高いレベルへの昇華を期待する。

 

【詳細情報】

日本生徒会大賞の実施状況:https://seitokai.jp/archives/tag/taisho

 

【一般社団法人生徒会活動支援協会について】

本社:〒164-0001  東京都中野区中野1-14-13

代表者:理事長 荒井翔平・西野偉彦・高橋亮平

設立:2009年

URL:http://seitokai.jp/

事業内容:学校生徒会の集合体や生徒会役員に対するアドバイザリー・研修事業、生徒会や特別活動に係る研究事業



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 一般社団法人 生徒会活動支援協会
代表者名 荒井 翔平
業種 その他サービス

コラム

    一般社団法人 生徒会活動支援協会の
    関連プレスリリース

    一般社団法人 生徒会活動支援協会の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域