プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,635社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

【リリース決定!】前代未聞の傘『晴耕雨読傘』 レトロ漢字×次世代傘 がクラウドファンディングCAMPFIREにて目標額達成しました!

株式会社長寿乃里

! 2019年5月16日 16時

【目標額達成!】レトロで力強い明治時代の文字を傘布に敷き詰めた「晴耕雨読傘」。全部で6355の漢字仮名文字を一本の傘に配置しました。メディアで話題の傘「ポキッと折れるんです®」は壊れにくく長持ち。長く使える傘に文字を載せて、文化としての文字を後世に残すことを目的としてクラウドファンディングCAMPFIREにてプロジェクトを実施しました。プロジェクト期間内に目標額に達し、本プロダクトをリリースすることが決定致しました。

■プロジェクト概要

【レトロ漢字×次世代傘】文字だらけの傘『晴耕雨読』-6355文字詰め込みました-

プロジェクトページ: https://camp-fire.jp/projects/view/140668

支援期間     : 2019年3月29日(金)~2019年5月17日(金)

リターンお届け予定: 2019年8月

 

■リターン内容

・晴耕雨読傘 1本 通常価格4,000円のところクラウドファンディング特価 

・特典 明治教科書明朝フォントDATA(仮名英数字のみバージョン)ダウンロード権

※すべて送料・箱代込みの金額です。

 

〇【超早割】通常価格4,000円のところ35%OFF(限定30)---3,300円

〇【早割】通常価格4,000円のところ30%OFF(限定30)---3,500円

〇【セット】通常価格4,000円/本のところ30%OFF(2本)---6,300円

〇【セット】通常価格4,000円/本のところ30%OFF(3本)---9,100円

〇【まとめ割】通常価格4,000円/本のところ40%OFF(40本)(限定10)---97,100円

〇晴耕雨読傘1本 通常価格4,000円のところ25%OFF---3,700円

 

■プロジェクトのきっかけ

”読みやすい”を追求して活字は進化してきましたが、活版印刷が本格的に導入される明治までは個性が強く魅力的な手書きの文字が現役で活躍していました。この時代の残り香のような文字が明治時代の教科書に印刷され古書として今も残っています。しかし古書に印刷された文字は時代とともに劣化し、ゆっくりと、そして確実に失われつつあります。この貴重な文字のアンティークを後世に残していくにはどうしたらよいか。

ここからスタートしたのがこのプロジェクトです。

 

■メディアで話題 ポキッと折れるんです®

2017年6月に販売を開始して、22ヵ月で25万本以上を売り上げている傘です。使い捨てのビニール傘のゴミが環境に与える悪影響を軽減するような傘として開発されました。その特徴は”折れても元に戻る”構造です。あえて折れるという逆転の発想で話題になり、各種メディアに取り上げられています。

 

「ポキッと折れるんです®」4大特長

①強風を受け流す!

強風時に親骨に設置されたヒンジが自ら倒れて反転し、 傘の破損を逃れて損傷しない構造(特許取得済) 。

②折れても繰り返し使える!

突風等の際に、傘の骨が内側から外側にポキッと折れることで力を外に逃し、傘が飛ばされるなどの事故を防ぎます。折れた傘を再度閉じて開くことにより、あっという間に傘が元通りに戻ります。

③風にあおられても安全!

破損した際に鋭利な先端がむき出しになり危険が伴うビニール傘とは異なり、露先(親骨の先端)が一体構造になっているため反転しても外れず安心・安全です。

④ゴミを減らし環境に優しい!

台風の後、街に溢れる大量のビニール傘。地域によっては傘を処分するときの分別が煩雑で大変です。 破損しなければゴミが出ず、多額の税金で処分する必要もありません。

 

■リターンは「Made in JAPAN モデル」

本プロジェクトは”日本のよいものを遺す”という共通目標から実現したコラボレーションです。

今回のクラウドファンディングのリターンには「ポキッと折れるんです®」を日本で製造し

Made in JAPANの製品として皆様にお届けいたします!

※通常の「ポキッと折れるんです®」は中国製です

 

■スペック

サイズ :65cm

仕様 ー本体サイズ(H×W×D): 900×108×20(mm)

   -重量: 410g

   -傘の長さ: 65cm

   -材質 生地: ポリエステル、ボタン: プラスチック、骨組: グラスファイバー

 

■実施スケジュール

クラウドファンディング実施 :~5/17(金)

工場生産&輸送       :7月末

配送            :8月上旬

 

■明治教科書明朝について

百年以上前の書物に触れその活字の美しさに魅了され、滅びてしまった活字を百年後の未来に残したいという強い思いからデータ化されたフォントです。明治期の教科書活字をもとに基本に忠実にレタリングし、現代流にデザインして蘇らせました。

 

■デザイナーについて

大谷秀映(オオタニヒデアキ)

明治教科書明朝作者。フォント文字を核としたデザイナー。阿佐ヶ谷のカフェ「ザグリ」のオーナーでもある。カフェ店舗では明治時代からの貴重な文字書物をコレクションしそれらの資料を元に古い文字を復刻開発している。店舗規模は小さいが全てセルフリノベーション。オリジナル珈琲アイデアグッズなども製作中で雑誌などでも紹介され、2019年2月には湘南蔦屋Tサイトでのイベント展示販売を実施。著書に「続・和文フリーフォント集、和文フリーフォント集」(翔泳社)、「ヘルベチカの本」(MdN)など。東京TDC賞2011入選、通産省(現経済産業省)マルチメディアグランプリ海外優秀賞、キャノンデジタルクリエーターズコンテスト・アドビ賞受賞

 

「漢字仮名全文字を傘の八角形に散りばめる壮大な作業はとにかく挑戦でしたが傘の面に漢字を規則正しく羅列して作りあげました。傘という誰でも持っている製品に文字を表示させるのは作り手冥利に尽きるものだと思いました。」

 

■株式会社長寿乃里について

2001年の創業以来、「Professional & Heartful /人に社会に『正直のタネまきを』」という理念のもと、通販事業を基盤に全国に11店舗の直営店「長寿の里」を展開(2019年3月現在)。化粧品事業、環境領域事業、ニューリゾート事業と様々な事業展開を行っています。 2002年5月に発売、2014年7月にリニューアルした完然無添加※1化粧品「然(しかり)よかせっけん」は累計 2,500万個を販売する大ヒット商品となり、化粧品事業は主力事業に位置づけられている他、環境領域事業では環境に配慮した傘「ポキッと折れるんです」を発売し25万本の販売数を記録。ニューリゾート事業では、飲食店や美容サロンで最高のひと時を過ごしていただくための空間をご提供しています。〈 会社〉https://www.chojyu.com

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社長寿乃里

代表者名

宮田聖士

業種

商社・流通業

プレスリリース情報

ジャンル

広告・デザイン

カテゴリ

製品

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る