世界6か国から出場選手17名が決定!  2019スラックラインワールドカップジャパン・フルコンボ

一般社団法人スラックライン推進機構(代表 林 映寿)は、スラックライン界の最高峰となる「2019スラックラインワールドカップジャパン・フルコンボ」を2019年9月15日(日)に長野県小布施町で開催します。同機構は大会に先立ち、世界6か国から17名の選手を選出し、5月12日(日)に公式発表しました。

出場選手の選出は、エントリー選手から送られてきた動画を基に審査が行われました。審査にはワールドカップ当日に使用される世界初のスラックラインジャッジシステムを用い、7名の審判により厳正に審査が行われました。

6大陸から3名ずつ18名選出を基本としつつ、レベルの統一を図るためにエリアの上位3名であっても全体の中央値+10%(667.15ポイント)に満たない場合は落選とし、代わりに全体のポイント上位者を選出しました。また、ポイント上位者であっても800点を越える者を条件としたため、大会出場権を獲得した選手は17名となりました。

出場権を獲得した選手は、大会に向け更に切磋琢磨しながら技を磨いています。大会では過去のワールドカップを遙かに超える高いレベルの演技が期待されます。

http://slwcjp.com/players/

2019スラックラインワールドカップジャパン・フルコンボ 出場選手

 

 出場選手内定を受けて、5月9日(木)、(一社)スラックライン推進機構代表 林映寿ら役員は、後援機関の一つである外務省を表敬訪問しました。

 

田所嘉徳衆議院議員、林 映寿、鈴木憲和外務大臣政務官、世界チャンピオン 木下晴稀、ジリリタ(株)髙島社長

 

外務大臣政務官の衆議院議員鈴木憲和氏、外務省経済局長らに、役員はスラックラインの魅力として、体幹トレーニングにおけるスラックラインと*スラックレールの実用性や幼児期から必要な体幹トレーニングとして最適なことなど1時間にわたりプレゼンテーションを行いました。また、2017年に行われた第1回ワールドカップの様子と今大会の機運の高まりについて報告しました。

世界チャンピオン木下晴稀と鈴木政務官

 

プレゼンテーション後、鈴木政務官は、スラックレールに乗り、難易度や楽しさを体験しました。

スラックレールの開発者 ジリリタ(株)髙島社長から直接指導を受ける鈴木政務官

 

現在、大会を支え盛り上げてもらうため、協賛スポンサー募集を受け付けています。

スポンサー申し込みは、2019スラックラインワールドカップジャパン・フルコンボ公式ホームページを参照下さい。

http://slwcjp.com/sponsor_form/

 

*スラックレールとは、ジリリタ(株)と(一社)スラックライン推進機構が共同開発をしたスラックラインを床の上で疑似体験できる商品

 



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 一般社団法人スラックライン推進機構
代表者名 林 映寿
業種 教育

コラム

    一般社団法人スラックライン推進機構の
    関連プレスリリース

    一般社団法人スラックライン推進機構の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域