シーエスアーキテクト、リユース業向けPOSシステムの「タロスPOS」に免税レジ機能を搭載。訪日外国人客向けの免税処理を手軽に。リサイクル店の中古品免税販売を推進

日本は今空前のインバウンドブーム。活性化しつつあるインバウンド需要に対応すべく、小売業向け業務パッケージの【タロス】に免税レジ機能を追加します。これまで免税販売に興味があったものの免税手続きに関する業務負担の大きさに導入を断念していた店舗様はもちろん、外国人観光客に人気のある中古商材の販売を行うリユース業の小売店様・リサイクルショップ様にも便利にご利用いただけます。

 シーエスアーキテクト株式会社(本社:千葉県千葉市、代表取締役:渡邉拓見、以下 CSA)は、小売業向け業務パッケージ「タロス」に免税レジ機能を追加し、本日よりソリューションを販売いたします。

 

 

【背景】

 令和の時代を迎えた日本は今空前のインバウンドブーム。訪日外国人数は年々増加し、小売業の免税対応が広がりを見せています。日本政府観光局 (JNTO) の統計によると、去年(2018年)の訪日外客数は約3,192万人にも上ります。市場全体が順調に成長しており、インバウンド需要が活性化しつつあります。

 

 去る2018年7月に免税対象品目が拡大。日本国内で消費せずに国外へ持ち帰ることができるすべての物品(金・白金の地金を除く)が免税対象に。一定の要件のもと「一般物品」と「消耗品」の合算で下限額(5,000円以上)を満たせば免税販売できるようになりました。

 

 小売業ではかねてから免税販売を実施したい潜在需要が高まりつつあったものの、店舗負担の大きい免税書類の作成業務が課題となっていました。

 

【概要とメリット】

 外国人のお客様を安心して店舗へお迎えしたい…「おもてなし」を推進するタロスではこの度「タロスPOS」に便利な免税レジ機能を追加しました!

 

免税書類の作成がラクラク!

①パスポートをスキャン 免税書類の作成がラクラク!

免税手続きで一番時間のかかる、免税書類の作成作業。タロスの免税POSレジなら、お客様のパスポートのスキャンから書類の作成まで一連の免税処理を業務フロー化。手続き時間の短縮で、お客様をお待たせしません!

来年4月より施行予定の「免税販売手続電子化」においても、ネットに強いタロスなら対応可能(予定)です。

 

②正確な免税処理・免税対応 訪日観光客へ安心を

免税対象金額の正確な計算はもちろん、商品ごとの免税可否判定もレジ画面でしっかり確認できます!タロスの免税POSレジなら、オペレーションミスによる不毛な対応(キャンセル処理や外国語による接客応対)を未然に防ぎます。

 

③日・英・中・韓 4か国語に標準対応 他言語の拡張対応も可能

日本語(非居住者の日本人向け)・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語の4言語に標準対応。タロスの免税POSレジなら、お客様の利用言語に合わせてレシート発行が行えます。さらにタロスなら他の言語設定も追加可能ですので、将来的な運用も安心です。

 

④中古品も免税販売! リユース業の小売店もOK

リユース業においてもブランド・貴金属・ホビー・家電等の中古商材は外国人旅行者にも好評で、中古でも免税で販売したい潜在需要が高まりつつます。中古品の買取・販売業務に強いタロスなら、リサイクルショップなどリユース業の小売店様でも中古商材を免税販売できます。ぜひタロスにご相談ください。

 

●免税レジ機能とご一緒にどうぞ 充実のタロスの各種オプション機能

免税レジ機能と組み合わせたいタロスの各種オプション機能。決済端末(CAT)でクレジットカード決済に対応、お土産品の委託販売管理、カメラとの連動で接客向上、自動釣銭機で現金取扱を素早く正確に…合わせてご検討ください!

 

【タロスPOS 免税レジ機能 料金】

■初期費用

1台目:80,000円(ライセンスフィー・作業費込)

2台目以降:1台につき 5,000円(作業費込)


■システム利用料 

1台につき 月額980円


■機材費用(免税用スキャナーセット)

1セット 79,800円

 

※金額は全て消費税別の価格です。

※初期導入費用には、ライセンスフィー(1台目のみ)、作業費を含みます。

※免税レジ機能をご利用いただくには「タロスPOS」の導入が必要です。タロスPOSのご利用は別途料金が必要です。

​​​​​​​※事業者の免税対応方法については観光庁Webサイトでご確認ください。https://www.mlit.go.jp/kankocho/tax-free/

 

【サービス開始日時】

2019年 5月16日(木)

 

【「タロスプラットフォーム」公式サイトURL】

タロスの免税POSレジ https://www.talos-web.com/pos/taxfree/

【CSA(シーエスアーキテクト)について】

シーエスアーキテクト株式会社は、POSシステム「タロスPOS」を中心とした小売業向け業務パッケージ「タロスプラットフォーム」の開発・販売をしています。

【会社概要】

屋      号 : シーエスアーキテクト株式会社

代表取締役 : 渡邉 拓見

所 在 地 : 千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンビルCD棟5F

事 業 内 容 : 小売業向け業務システム「タロスプラットフォーム」の開発・販売

U R L : https://www.csarchitect.jp/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 シーエスアーキテクト株式会社
代表者名 渡邉 拓見
業種 ネットサービス

コラム

    シーエスアーキテクト株式会社の
    関連プレスリリース

    シーエスアーキテクト株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域