平均年齢28歳 ベンチャーの雇用改革 異色57歳が活躍 経験豊富な中高年層の人材雇用 若手社員の手本に一役 若手と中高年層の活用で相乗効果が得られる職場づくりを

収益不動産販売を手掛けるSUパートナーズ株式会社(所在地:渋谷区恵比寿、代表取締役:鈴木 雄大・ 林 佑亮)は、中高年社員も積極的に採用を行っています。そのひとりとして60歳目前で経理担当として入社した小坂井は、創業3年、平均年齢28歳と若手社員中心のベンチャーである当社において、一翼を担う存在で、周囲に良い刺激をもたらしています。

■自由な雰囲気で年齢差を意識せず周囲と連携

小坂井は大学卒業後、生命保険会社に就職しました。その後は関心があった不動産業界に入り、経理と営業を経験。その後も数社転職し、資格取得に挑戦するなど様々な職種でキャリアを重ねました。しかし、56歳の時に体調を崩し、前職で仕事を続けることが難しい状況となり転職を決意し回復後、就職活動をおこないました。

小坂井が当社への入社を志望したのは、これまで培った経理業務の知識を活かしたいと思ったことと、代表の人柄に魅力を感じ、56歳で当社に経理担当として入社しました。

 

[テキスト ボックス: 小坂井さんと若手社員の仕事風景] 小坂井は、入社当初は人間関係が上手くやれるか不安もありました。自分だけ年齢が高く、他の社員からすれば世代間のギャップがあるのではと感じていました。また、年配者として経験上知っていて当然のようなこともあり、アドバイスや意見を求められたらしっかり答えなくてはというプレッシャーを持っていました。

 

小坂井自身はあまり年齢を意識せず、できることはなるべく迅速に行い、周囲に相談や協力を求めることでコミュニケーションを図っています。仕事の目的を正しく理解し、それぞれの立場も配慮しながら自分の仕事だけでなく、全体の仕事がスムースかつ効率的に行えるよう努めています。

 

■経験豊富な年配者だからこその接客 仕事への取り組み姿勢も若手社員の手本に

20代中心の当社において、既存の若手社員は歳の離れた世代と接点を持つことが日頃少ないため、小坂井の細やかな気配りなど年配のお客様への対応の仕方を見習うことができ、良い影響を及ぼしています。また、小坂井の長い職務経験でしか培われない知見やノウハウの豊富さに強い刺激を受けています。

 

小坂井自身の経験を元に、若いうちは周囲との競争に勝ち、実績を出すことだけを考えてしまいがちになる気持ちを上手くコントロールし、周囲との連携を図り、仕事内容そのものに深く興味を持ち、仕事に役立つ資格の取得をするなど常に勉強し知識を身につける努力をすることの大事さを若手社員に伝えています。

小坂井は自身の継続意欲が会社の存続、発展に繋がっていくと考え、今後も経理面・財務面で支える意向です。

 

 

<若手社員の声>

・不動産業も経験しているため「一」説明したら、「十」理解してくれるので、仕事の効率性が上がった。

 

・営業経験や様々な経験を活かし、経理部以外の部署も積極的にサポートして下さり、とても助かっている。

 

・初めは、年齢が一回り、二回りも年配の社員が入社するということで、どういう方が入社してくるのか身構え

ていたところもあったが、気さくでベテランということもあり様々なことを教えてもらえるのでとてもありが

たい存在。

 

 

 

<小坂井のプロフィール>

氏名       :小坂井

年齢       :57歳

出身地  :新潟県

仕事内容:経理

勤務年数:2018年12月~

資格       :宅地建物取引士,管理業務主任者,貸金業務取扱主任者

 

大切にしていること:

長いキャリアの中で大事にしたのは新しいことや知らないことに早く“慣れること“に注力。また、自分の限界まで深く考えることで、会社に貢献できることは何かを常に自分で考えて業務に取り組んでいる。

「清濁併せ呑む」、「信頼せよ、されど確認せよ」、「相手の立場に立つ」、「常にフェアであること」などをビジネス上の信条としている。

 

 

 

■中高年齢労働者のだぶつきが社会的な課題 経験豊富な中高年層を活かせる雇用を

労働人口が減少する中で、年金支給開始年齢が引き上げになる可能性もあり、70歳まで働く社会が間近に迫ってきています。一方、昨今の変化の速い経営環境で、企業が社員を一生涯にわたって雇用し続けられるかどうかは、ますます不透明になってきており、人員整理などのリストラの実施とまではいかなくても、多くの企業では中高年齢労働者のだぶつきが問題視されています。

中高年層がそれまでの経験を活かして再度活躍できる場が必要とされる中で、転職は厳しい現実があります。年齢が高くなるにつれ、求人の年齢制限と収入の問題、組織での人間関係・活躍が大きな課題となっています。

 

当社ではこのような課題に正面から向き合い、若手中心の会社の中で今後も中高年層の人材を積極的に採用し、若手と中高年層の社員が上手くシナジーが生まれるような会社へと進化させていきたいと考えています。

 

【会社概要】

社 名          SUパートナーズ株式会社

代 表          鈴木 雄大,林 佑亮

本 社      東京都渋谷区恵比寿4-22-10ユニゾebisu422 3階

ホームページ    https://su-partners.co.jp/

TEL               03-6721-7940

設 立           2015年10月7日

資本金     10,000,000円

従業員数         19名

売上高      9億7200万円 (2018年)

事業内容        収益不動産の買取・販売・仲介事業

        不動産コンサルティング事業

        収益不動産のバリューアップ事業

          プロパティマネジメント事業

          ローンコンサルティング事業

          損害保険代理業

                    海外事業       



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 SUパートナーズ株式会社
代表者名 鈴木 雄大
業種 不動産

コラム

    SUパートナーズ株式会社の
    関連プレスリリース

    SUパートナーズ株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域